2009.09.20

Novara

20090823_553
       アシスタントコーチ、中田久美さん (WGPにて)

20061116_909
      セッター、キリロワ。 左は夫で元ロシア監督・カプララ

     20080709_211
          アメリカ代表、Tom Logan

20080709_228_2

     20090821_464
          オランダ代表、Manon Flier

     20090821_348

     20090823_025
          ドイツ代表、Margareta Kozuch

20090823_118a

     20080521_414a
          ポーランド代表、Anna Podolec

     20080521_580a
          左、ポドちゃん。(右、グリンカ)

20080713c_188
          イタリア代表、Jenny Barazza

20080712_317

いやもう豪華過ぎだろう、というこのNovara(イタリア・セリアA)のメンバー。
一番びっくりなのは、44歳のキリロワがいまだ現役でトスをあげるということと、その昔ライバルと目された、同い年の中田久美さんがアシスタントコーチとして参加すること。それも最初はジュニアのコーチか?と言われていたのに、今久美さんのブログを今見たら、U-14とA-1(トップリーグ)担当とのこと。素晴らしい!!

そして、オランダ、ドイツ、ポーランド、それぞれの国の若きエース3人と、イタリア代表ベテランのバラッツァとパッジ、アメリカのトム・・・と、これでもか!というラインナップ。ノバラは2年連続でリーグ準優勝なので、今年こそは何がなんでも優勝を!というところだろう。それにしても、お金持ちなんだなあ、このチーム。

選手の中で、注目はトムか。このメンバーの中で、うまくやっていけるのかなあ、という意味で。
アメリカの雑誌「Volleyball Magazine」の7月号に、「Freedom Child」と題して、トムへのインタビュー記事がある。そこに、久光でのことが書かれてあった。曰く、
”・・・日本ではほとんど一人で過ごした。それは練習で疲れていたこともあるけど、文化の違いが主な理由だった。私にとって、言葉の違いだけでなく、日本のやり方に合わせることは、とても大変だった。私はアメリカ人だから、納得しなかったり疑問に思ったことは、話し合え、と教わった。でも日本は「very old culture」で、(言われたことに)疑問の余地なく従う。”

要は、日本のやり方に全く合わなかったということだろう。
たしかに、決勝ラウンドの頃、トムはひとりでぷんぷん怒っていた。チームの中で、明らかに浮いているように見えた。リーグの最初の頃は、チームに溶け込もうと一生懸命努力しているのがわかったけど、その頃にはもうそうした努力は投げ出しているように見えた。
決勝戦で、始まってすぐのタイムアウトのときに、橋本選手に何かまくし立てていて(隣でスタッフが通訳していた)、橋本選手は泣きそうになって、ただただうなずくだけだった。そのときの写真がこれ。

20090411_552
 写っていないが、左で、自分のことを指差して話しているのがトム。

全日本で竹下選手の跡を継ぐとばかり思っていた橋本選手が、久光をやめて、一体どうしちゃったんだろう、と思っていたら、スウェーデンリーグに行くそうだ。スウェーデンは、ビーチは人気だが、インドアは聞いたことがない。
以前車体にいたスウェーデン人のアンジェリカは、インドアが自国で盛んでないので、大学からアメリカの強豪・ハワイ大に進学し、卒業後はずっと海外リーグを転々としていた。
だから、そんなに強いリーグではないと思うけど、異国でひとりでチャレンジすることに、意義があると思う。
以前久光にいたトーマス選手(アメリカ)が、「日本のチームにいたときは、セッターの鶴田(原)選手が英語が堪能で、コミュニケーションが充分にとれて良かった」とインタビューで答えていた。やっぱりこれからのセッターは、英語は必須なんじゃないかと思う。
去年かおととし、WGPに来て、海外チームの試合をスタンドの隅で見ていた橋本選手を見たことがある。席はあたり一面空いていたが、ずーっと席から立ち上がって、食い入るように見ていた。ラフな格好で、男の子みたいだった。全日本に入りたいんだろうなあ、と思ったが、今は試練のときか。頑張ってほしい。

話を戻して、トム。

Img_8613

一抹の不安はあるが、トムは"Jenny"郎平や吉田監督とはうまくいっていたようなので、久美さんともうまくいくかもしれない。何考えてるんだかわからない日本人じゃなく、「てめぇら・・・!」の久美さんだから。日本人でも、こんなにはっきり言う人がいるんだ!!とトムも感激するかもしれない。
あらゆる意味で、久美さんには大きな期待をしたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008.07.27

2008WGP / USA, CUBA, BRAZIL

USA

     20080712_136a
              Tom Logan

20080712_244
      鼻血を出したり、脇腹を強打しながらも、奮闘トム
        
20080712_256

20080712_278
             Stacy Sykora

20080712_315

20080712_368

試合後、かなり長い時間、レシーブについて後輩(ナマニ)に指導していたシコラ。こんな先輩が日本にも欲しい。

     20080712_309
             Glass Kimberly

     20080709_057_2
      縄跳び?? Nnamani Ogonna(ナマニ・オガナ)

     20080709_201

     20080712_246
              Scott Danielle

     20080712_273
     新鋭・20歳のフォルケ(Foluke Akinradewo)

CUBA

     20080712_064
              Ramirez Daimi

     20080712_006
              Carcaces Kenia

     20080709a_207
              Calderon Rosir

     20080709a_195

     Img_8880
              Ruiz Yumilka

     Img_8898
              Barros Zoila

Img_8923


BRAZIL

20080713c_070
         MVPのマリ(Marianne Steinbrecher)

20080713c_072
      スパイク、レシーブ、サーブと全てに大活躍

20080709_002
      初日・7/9、以前よりずっと表情豊かになったマリ

     20080712_060

     20080712_084
           7/12 勝利の瞬間

     Img_9140
           レシーブも格段に上手くなった。

Img_9205

その他のブラジル選手たち。

     20080709_156
              Sheilla Castro

     20080712_047

20080709_102
               Paula Pequeno

     20080712_081

Img_9162
               Fabiana Claudino

とりあえず3ヶ国だけ、何枚かピックアップしました。
日本、中国、イタリアは、次回アップします。

| | コメント (17)

2007.11.12

World Cup / USA1 - Stacy Sykora

     Img_4041_2
       
     Img_4042a
         キューバ戦、流れを変えたシコラ

Img_4050
            3年ぶりにコートに復活

快進撃を続けているアメリカ。
浜松、仙台と3試合見て来て、トム、タイちゃん、バウンなどアタッカー陣の印象的なプレーは沢山あった。が、個人的には、各試合途中からレシーバーとして出場したシコラが、最も印象深かった。3年のブランクがあったとは到底思えないような体つき(細いが超筋肉質、体脂肪は限りなく0に近そう)、卓越した運動能力、反射神経。それに加えて、エビちゃん(櫻井選手)をさらに数段パワーアップしたような、熱い熱いキャラクター。
シコラの存在感は大きく、大一番になったキューバ戦もブラジル戦も、彼女の登場が試合の流れを変えたと思った。キューバ戦では、コートに入るとすぐに、各選手の前に立ち、気合を注入していた。

ブラジル戦、アメリカはサーブレシーブが乱れ、1、2セットを簡単に落とした。第3セット、初めはリードしていたが、次第に点差が縮まった。早くシコラを出せばいいのに・・・と思っていたら、ようやく登場。(今回シコラはリベロ登録ではなく、レシーバーとして出場)

     20071107_600
         出てすぐに、すごいディグを見せてくれた

     20071107_612

     20071107_460
             流れは再びアメリカに

仙台ブラジル戦は、当初観に行く予定はなかったが、浜松で見ていて、「これは、アメリカがブラジルを破るかもしれない」と思い、急遽観に行った。アメリカはスロースターターで、いつも最初なかなか集中力が上がらないが、シコラがいる限り、大丈夫、きっとこのままでは終わらない、と思えてくる。

シコラの働きは、コートの中だけではなかった。

     20071107_659
    出番を終えると、すぐにみんなの水分補充。実によく働く!

     20071107_402
          控えゾーンでも、叫ぶ!叫ぶ!

シコラはレフトの新人・グラスと交替で出場していたが、後半サーブレシーブで狙われていたグラスに、タイムアウトのときにレシーブの指導をしていた。こうじゃない、こうするんだ、と身振り手振りで指導していたが、その後グラスのレシーブが本当に安定したのには、驚いた。

彼女の敏捷な動きを見ていたら、バスケでもきっと凄い選手になったんじゃないか、背は176だから、ポイントガードにぴったりだなあ、と思った。そしたら本当に、学生時代、バスケもやっていたらしい。彼女の子供の頃からの夢は「オリンピックに出ること」。そのための選択肢としてバスケと陸上とバレーがあり、悩んでどれも大学でやっていたが、結局バレーで2回オリンピックに出場。恐らく今大会でアメリカは出場権を獲得するだろうから、3度夢が叶うことになる。

     20071107a_024
        ファイナルセット、スパイクを放つシコラ

     20071107a_025a
       ・・・ではなく、飛び上がってガッツポーズ

20071107_704
     誰かがポイントを入れるたび、誰よりも喜びを表現

20071107_700

     20071107a_174_2
           試合後、朋友トムと

シコラのプレーを生で見たのは今回が初めてだが、こんな人材がいるところが、さすがアメリカ、と思った。ヒョウコンのプレーを生で初めて見たときと同じような驚きがあった。
シコラのプレーを含めて、アメリカの快進撃がどこまで行くのか、残り3試合、非常に楽しみだ。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007.10.12

World Cup/海外情報1

WCまであと3週間。
ヨーロッパ選手権は、ネットで試合を何度か見ることが出来たが、他の選手権は結果しかわからない。アメリカなど、WCに向けて相当メンバーが入れ変るようだ。わかる範囲での海外情報をアップしたい。

まずはそのアメリカ。

20061112_767_2
  昨年の世界選手権、ドイツに大逆転勝ちしたときのUSA

トムシコラリチャーズが、代表メンバーに復帰することになった。トムとシコラを含めて、今回の代表候補19人中9人が、Olympian(オリンピック経験者)。トムはアメリカのエースだし、シコラは経験豊富なリベロとして、守護神でもあり、精神的にも他の選手たちの支柱となる選手。オリンピックのとき、私が一番アメリカで印象に残ったのがシコラだった。普段リベロの選手にはあまり目が行かないが、彼女の気迫溢れるプレーは本当に印象的だった。またそのプレーを見れるのは嬉しいが、Jenny@朗平も心配している通り、アテネ以降3年のブランクがあり、その辺が気になるところ。
リチャーズは、アメリカチームには珍しく(と言っては失礼だけど)、可愛く華やかな選手。2年前、まだスタンフォードの学生だったときにWGPに初めて代表メンバーとして出場し、1試合ごとに良くなっていた印象がある。ここを見ると、父親も、かつてアメリカ代表チームのメンバーだった。

一番気がかりなのは、メトカフ。今期1度も代表メンバーとしてプレーをしていない。WGPのときも北中米選手権のときも、最初代表候補には選ばれていたが、12人には名前がなかった。
恐らく怪我だろうとは思うけど、どこにも情報が載っていない。アメリカバレーボール協会のHPも隈なく見たが、今回のWCのロースターのページに、今期まだ1度もプレーをしていないと書かれているのみ。

20061105_357
         中央・メトカフ。彼女はいずこに?

メトカフ不在で、今期はオポジットに、タイちゃんや若手レフトのウイルキンスが入ったりしていた。もしまたメトカフが出れないとすると、そこをどう補っていくのか。また、タイちゃん、バウンなど、故障あけの選手が多いのも、不安材料。(タイちゃんは腹筋を痛めていた)
でももしかしたら、トム爆発で、上位3チームに食い込む可能性も大いにあると思う。が、彼女は本当にWCに出場するのか?
トムは9月10日からチームに合流し、北中米選手権に出る予定で、ロースターにも入っていたが、結局出場しなかった。理由は、米バレーボール協会のHPによると、大会前の予備会議で全選手のパスポートを確認するが、その会議前にトムがカナダに到着しなかったから、というもの。しなかったのか、出来なかったのか、たまたまなのか?そもそも、いくら隣の国とは言え、彼女は別行動なのか?・・と、いろいろ疑問は残るが、シコラ加入でまたトムの気持ちも変るかもしれない。

1年ぶりに見るアメリカは、台風の目になるかもしれないし、大コケするかもしれない。とにかくふたを開けてみないと、わからない。
誰が12人に残るのか?ということも含めて、今から楽しみにしている。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007.03.26

復活バックマン!(3/25 山形)

20070325_025
             渾身の一撃

     20070325_195_2
            決まったーーー!

     20070325_402
           笑顔溢れるバックマン

Wiz(バックマン)が帰って来た!
骨折で登録抹消になったバウティスタに代わって加入したWiz。そのWizまでもが練習中に右手小指を骨折し、この1ヶ月間、コートに立つことが出来なかった。前日(24日)からコートに復帰し、しかも大活躍だったと聞き、彼女のプレーを見るのをとても楽しみにしていた。
が、ぐるぐるにテーピングされた彼女の手を見て、急に心配になった。大丈夫なんだろうか?

     20070325_093
           まだ痛々しい右手        

     20070325_184
      そんな心配も、試合が始まると吹っ飛んだ

     20070325_190
       打数は少ないながらも確実に決めた

     20070325_202
         そして、得意のブロック!!

     20070325_203

     20070325_205
         後ろでリーさんも大喜び

彼女はスパイクやブロックの後、何度か右手を見ていた。
考えたら、骨折して1ヶ月。痛みがないはずはない。でも、ケガの影響は全く感じさせなかった。彼女はプロフェッショナルとして、出来る限りのことをしようとしているのだろう。

パイは、1、2セットを簡単に取った後、第3セットをシーガルズに取られ、流れが相手に傾きかけた。4セット目、それまで途中出場だったWizが、初めてスタメンで出た。
この日、Wizが出るたびブロックに厚みが増し、チームに活気が出ていた。4セット目は彼女をスタメンで出し、流れを引き戻そうとしたのだろう。そして彼女はその期待によく応えた。

     20070325_396

     20070325_369

会場には、来日中のWizのご両親が来ていた。
ちょっぴり心配そうに見守るパパと、Wizそっくりで、ニコニコしながら見ていたママ。優しそうなご両親の姿や、試合後客席に飛んでいったWizの姿を見ていたら、彼女がどんなに愛されて育ってきたか、よくわかった。
そんな愛情いっぱいに育ったWiz自身も、とても愛情深い人に見える。

     20070325_059
     きっと子供が大好きなのだろう。こぼれる笑顔

     20070325_448
 子供を見つめる目が本当に優しい・・・って子供じゃない、ガッツ!

     20070325_405_1
             慈愛に満ちた目

彼女の明るく優しい性格は、チームメイトにも、沢山のバレーファンにも、愛されるだろう。
出来れば来期も日本でプレーを続けてほしいけど、先ずは今期。この試合で決勝ラウンド進出を決めたパイにとって、Wizの復活は大きい。プレーとその明るい性格で、優勝への大きな原動力となってほしいと思う。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2007.01.07

バックマン

051115a_001_1
     中央、バックマン。(Elisabeth Bachman)

パイオニアの新外国人選手が骨折で登録抹消になり、代りに誰が来るのかと思ったら、アメリカのバックマンだった。
バックマンは、一昨年のグラチャンのとき、「バックマンもびっくり」のキャプションで、こちらに少し写真を載せた。

051115_401a_1
      左、バックマンもびっくり。(熱いぞ、ジェニー)

グラチャンのときの印象は、プレーでは、ブロックの印象が強く、スパイクの印象はあまりない。
ただアメリカ代表チームは、サイドにはメトカフ、タイちゃん、センターにはスコットと、すごい打ち手が揃っていたので、目立たなかったのかもしれない。その辺りは未知数だ。

051120a_102_1
            手前、バックマン。

プレー以外でのバックマンの印象は、「人が良さそう~!」だった。アメリカの選手は素朴な感じの人が多いが、特にバックマンは素朴で、優しそ~な感じの人だった。
助っ人外人選手だから、とにかく結果さえ出せばいいのかもしれない。でも、縁あって日本に来るのだし、フランシーのようにみんなに愛される選手になればいいなあと思う。

051116_098
                素朴です。

バックマンのプロフを紹介すると、現在28歳、193cm、86kg。
愛称はWiz。
出身はミネソタ。ミネソタは、カナダの南、「アメリカの冷蔵庫」と呼ばれるほど寒い地方(真冬は-20度!)。天童の寒さもなんのその?
高校時代からバレーで活躍し、ユース代表にも選ばれた。スポーツ万能で、高校時代は同時に陸上競技(ハイジャンプ、円盤投げ)とクロスカントリースキーの選手でもあり、ハイジャンプでは3度、州代表に。
おまけに、高校の成績はオールA!
大学はUCLAに進み、そこでもバレーで大活躍。数々の栄誉に輝く。人望厚くどこでもキャプテン、卒業前からナショナルチームに入り、優秀な成績で卒業・・・と、経歴見てたら頭がくらくら。
でもそんな「凄い人」に、パッと見、見えないところが、ほんとに凄い人なのかも。

      051116_103a
           実はあたし、凄いんです。

そんな順風満帆できていたバックマンだけど、先日の世界選手権では、大会直前(10月後半)に、12人のメンバーから外れた。
さぞ、悔しかっただろう。
その悔しさを、日本でぶつけてほしい。
そして、パイオニアの救世主になってほしい、と思う。

| | コメント (10)

2006.12.23

USA2

20061112_498

Img_6492
       アメリカと言えば、やっぱりブロック

      20061105_523
           迫力のスコット姐さん!

      20061105_504
             いやんっ。 きまった~

      20061105_526
     こちらは飛び上がって喜ぶ、ウィルキンス(193cm)

Img_6436
            左、バウン

Img_6419

Img_6420
 メトカフが、注目してほしいと言っていた、若手のジョインズ

20061112_757_1
               タイちゃん

そして、ダイナミックなスパイク。

      Img_6555a_1

Img_9289_1

20061105_561_1
 相変わらずサーブで狙われていたが、以前より上手くなった印象

       20061105_409
       こちらもよく狙われていた、ウィルキンス

Img_6368_1
              バウン

Img_9322_1
             クロフォード

20061112_761_1
               ねーさん

20061112_762_1

20061112_632
        ベテランセッター、オーモーサントス

高さとパワーがあって、ダイナミックで、優れた選手がいて、監督が郎平で、でもなんだか大味で、勝ち切れないUSA。ここにトムが加われば、変るのか?
トムは、最近のインタビューでは、代表復活の可能性を否定はしていない。ただここを見ると、彼女は天才肌で、頭が良く、とがったナイフのような人なので、説得して代表に連れて来て、尚且つチームの中で生かすのは、Jennyの腕次第・・という気がする。
Naaさんの署名活動も、だいぶ集まっているし、来年WCではトムの姿を見られることを期待している。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.12.21

USA1/Nancy Metcalf

Img_6503_1
           不思議とよく曲がる腕

Img_6512_1
            きまったーーー

Img_6603_1
          こんなにあどけない笑顔なのに・・

Img_6588_1
           この腕のたくましさ!

結局、9位に終わったアメリカ。1度も地上波で試合が放映されなかった。
私は大会前からメトカフに大注目していた。高さとパワーだけでなく、巧さとクレバーさ、陽気で明るい人柄。

初めてメトカフを見たのは、テレビでだったけど、昨年のWGPだった。
プレーに注目すると同時に、メトカフ自身にも興味を持った。彼女を見ていると、10年ほど前に訪れた、アーミッシュのコミュニティ(ペンシルバニア)を思い出した。文明の利器を使わず質素な暮らしをしている、キリスト教の一派。朝は馬車の音で目が覚めた。そこで出会った女性たちと良く似た雰囲気だった。
あるいは、「大草原の小さな家」。古き良きアメリカ。実際メトカフは、「大草原・・」の舞台、中西部の出身だ。

その後、グラチャンで生のプレーを見た。
テレビで見るより遥かにパワフル、そして滞空力抜群で、空中で止まっているように見えた。空中で相手の動きを全部見切っているんじゃないかと思うくらい、いいコースに、強弱つけて、打ち込んでくる。
ちょっと懐かしいような雰囲気はテレビで見た通りだったけど、表彰式を見ていたら、明るく陽気な人だなあと思った。

051120a_248
          グラチャンでのメトカフ

グラチャン後に検索してみたら、インタビュー記事がいくつか見つかった。
それを見ると、頭の回転が速く、早口でよくしゃべる人で、好きなドラマはCSIに24、作家はメアリ・H・クラーク、スポーツととにかく食べることが大好きで、1番はピッツァ!ピッツァ!そして家族を大事にする・・・と、なんだか典型的なアメリカンガール、という印象だった。

今回の世界選手権は、膝の調子が悪かったのか、それなりに活躍はしていたけど、今ひとつだった。ジャンプもグラチャンのときより低く感じた。
でもどの試合でも、笑顔満開!グラチャンでは直前にメンバーが集められたせいか、少しバラバラな気がしたが、今回はずっとまとまった雰囲気で、メトカフもリラックスしているように見えた。

Img_6387
          11/3 カメルーン戦

      20061105_589
          11/5 プエルトリコ戦

20061105_684

1次予選の神戸で、会場から出てきたメトカフに声をかけた。とてもフレンドリーで優しい人だった。そして、一緒に写真を撮ってもらった。
撮り終わった後、「あーー、バナナ持ったまま、撮っちゃった!」とメトカフが言ったので、大笑い。(彼女はバナナをむしゃむしゃ食べながら、会場から出て来た)
食べかけのバナナを目の前にかざし、自分でも大笑いしていた。そのときの表情が、人の良さ炸裂で、あの笑顔を見たら誰もがファンになるのでは、と思った。

メトカフは、Jennyこと郎平監督の指示をみんなに伝える司令塔の役割もしている。Jennyは非常に細かい指示を出しているが、細かすぎるのか、こんなことも。

Img_9277
            「あー、ハイハイ」

Img_9279
          「ええ~、そんな」(こまかっ)

Img_9280
             「ふ~~っ」

Img_9281
         Jenny「だからー、レシーブは・・・」

ちなみに彼女は、レシーブもとても巧い。
プレーも人柄も、これからも目が離せないメトカフだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.11.10

世界バレー画像(神戸、名古屋)

     20061105_364_1
        アメリカ、メトカフ(Nancy Metcalf)

20061105_352_1
  可愛すぎ!この顔で、パワフルかつ技ありのスパイクびしばし。

     Img_7069a
        オランダ、フリール(Manon Flier)

Img_7105_1
     急成長!!将来大エースになりそうなフリール。       

Img_6683
 誰にも止められない?ブラジル、シェイラ。(Sheilla Castro)

20061108_115
  セルビア・モンテネグロ、ニコリッチ。(Jelena Nikolic)

20061108_031
    名古屋でもやっぱりガムを噛んでいた、ニコちゃん。

20061108_284
何者?という雰囲気、キャプテン・ツィタコビッチ(Vesna Citakovic)

20061108_665
       トルコ、ナタリア(Natalia Hanikoglu)

      20061108_756
         トルコ、ネスリハン(Neslihan Darnel)

20061108_883_1

とりあえず、神戸、名古屋で印象に残った選手を少しだけアップ。
今日日本が対戦するセルビア・モンテネグロは、突出したエースがいるというより、平均以上の選手がバランスよく揃ったチームだった。そこが、強さの秘訣か。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.12

母は強し?

世界選手権まであと少し。
というわけで、先日、トップ画像を半年振りに変えた。

画像真ん中は、当然日本選手を・・・日本選手を・・・と思ったけど、ついうっかり、メトカフとパウラにした。(うっかり?)
メトカフは、個人的に海外選手の中で最も好きで、最も注目している選手。

051120a_248_1

昨年のグラチャンでしか生で見たことがないけど、プレーも人柄もなかなか奥が深そうな選手で、興味津々。
今回はじっくり見てみたいと思う。

パウラは昨年WGPのMVPで、その後妊娠のためコートを離れ、1年ぶりの復帰ということで、こちらも注目。

20050718_286

こちらの記事によると、このパウラ、7月に出産、そのわずか24日後にはトレーニング開始、そして出産後1ヶ月でプレー再開のため自チームに戻ったという。
って一体どういう身体をしているんだろう!??
24歳という若さを差し引いても、凄すぎる。
そもそも妊娠がわかった時点で、世界選手権での復活を目標にしていたというパウラ。今は家を離れ、娘恋しさはあるけど、娘の存在がパワーの源になっていると語るパウラ。
母は強し。と言うより、パウラが特別強靭な肉体と強靭な精神を持っているのか。

でもまだ世界選手権出場が確定したわけではない。代表には13人が選ばれていて、特にレフトはパウラを含め5人候補がいる。(他にジャケリネ、サッサ、マリ、バレスカ)
この中から確実にひとりが落とされる。15日からドイツとの親善試合が始まるので、ここ一両日中には決まるだろう。
なんとか「強い母・パウラ」には残ってほしい。そしてどこまで復調してくるのか、楽しみだ。

あとひとり、監督も相当悩んでいるようだけど、恐らく5人の中で最年長で今年のWGPでも調子の悪かったバレスカが、落ちるのではないか。
でもマリもWGP決勝ラウンドで腹筋を痛めていて、まだ治りきっていないようだし、落ちる可能性はある。
マリはなぜ笑わないのか?という謎を解明したい、マリ笑顔ウォッチャーの私としては、かなり心配。まあ解明してどうするって話だが。

20060820_344
               笑いません。

第1次ラウンドは、東京1日と、このアメリカ、ブラジル、オランダの出場する神戸を観戦予定。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧