2007.12.19

World Cup/Brazil1

20071104_315
       11/4 キューバ戦、勝利の瞬間。ジャケリネ。

20071104_317_3

     20071104_154
              11/7 アメリカ戦

     20071107_272

Img_6213

20071107_362

ワールドカップでは、好不調の波の大きかったジャケリネ。
キューバ戦では大活躍だったが、アメリカ戦では途中から失速。イタリア戦では早々とサッサと交代になった。
ドーピング騒ぎで暫く実践から離れていたのも痛かったが、久しぶりに彼女の豪快なプレーを見れたのは嬉しかった。

そしてもう一人のレフト、パウラ。
出産から1年ちょっと。イタリアのジョーリと同じく完全復活を印象づけた。

Img_6206
            11/14 イタリア戦。

     Img_6228

Img_6235

     20071107_283_2
               11/7 アメリカ戦。

     20071107_284

ジャケリネより安定感があるが、ケニア戦だったかブロックで止められたときには怒りの表情になって、むきになって打ってまた止められ・・という場面があった。こんな一面もあるのか、とちょっとびっくりした。でもセットが変わったら、すっかり落ち着きを取り戻していた。

WCから一ヶ月経った今でも忘れられないのが、日本戦、リベロのファビアナの足でのレシーブ。

     20071107_357
             アメリカ戦でのファビ

追いつくだけでも大変なのに、それを足で正確に返したファビ。でも彼女は、日本戦での選手紹介のとき、いつもキックで観客席の上の方までボールを運んでいる。ブラジルとオランダの選手のうち、何人かが毎回キックで客席にボールを入れているが、今まで見た中で一番上手かったのが、オランダのブロムとこのファビ。ふたりとも小柄だが、並じゃない運動能力を持っていそうだ。

Img_7048

上は、サーブが大きいと咄嗟に判断し、床に沈んだときの写真。(本当にサーブはアウトになった)
そして下の写真は、浜松最終日、キューバ戦勝利の後に、客席を埋め尽くしたブラジルサポーターたちにアピールしているファビ。

20071104_355

この日、5500人の観客のうち、恐らく5千人以上がブラジル人だったと思う。会場内、どこに行ってもポルトガル語しか聞こえてこなかった。
浜松は4月に政令都市になったが、その1割が外国人、そしてその多くがブラジル人だと聞いた。たしかに街中にも外国人が溢れていたが、浜松アリーナは完全にブラジルだった。キューバの選手が審判に抗議したときなど、会場が揺れるほどの大ブーイングで、ちょっと気の毒だった。

20071104_151
          大ブーイングに声もかき消され。

2に続く。

ちなみに、更新が滞っていてすいません!
12月は忙しいのと、先週インフルエンザに罹ったため、今期プレミア初観戦になるはずだった深谷にも行けませんでした。
お正月の天皇杯・皇后杯には行くので、来年早々にはレポをアップします。それまでは、WCの写真をアップする予定です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.12.30

Brazil3/Renata & Mari

先日、Brazil1のページで出した画像。

Img_6714a

この画像を見て、「青い髪の男性の右横にいるのは、レナタではないか?」と友人に聞かれた。
「いや、似てるけど一般のお客さんよ」と答えたが、あまり何度も似てる似てると言われたので、元画像を見直してみた。そしたらやっぱりレナタンだった!
上の元画像ではわかりにくかったので、こちらの画像。

Img_1745
          なぜそこに!?溶け込むレナタン

写真を撮りながら、このシーンはしばらく見ていたけど、気づかなかった。
シェイラはサインや写真撮影に応じていたのですぐにわかったけど、レナタンに似た人(てか本物)はまわりのファンと同化して、一緒に騒いだり楽しそうにしていたので、「似た人」としか思わなかった。
う~ん、ファンサービスナンバー1はシェイラだと思っていたけど、レナタンかも。いや本人にそんな意識はないだろうけど。

試合の方は、控えでちょこちょこと出ることが多かった。フルで出ていたのは、私が見た中ではカメルーン戦のみ。これはブラジルBチーム対カメルーンだったが、ブラジルの圧勝で、3セット目は25-8。
Bチームと言っても、レナタにマリにパウラに・・・日本が対戦しても、勝つのは少し難しいのでは。

20061105_132
           11/5 カメルーン戦でのレナタ

20061105_177
          この日、マリと並んで最多の15得点

20061105_172
             豪華な控えメンバー

途中出場のときは、プレー自体はあまり印象に残らなかったが、存在感はたっぷり。

      20061112_176_1
              文句あっかぁ~?        ないっす

今回はいまひとつかなあと思ったが、決勝では3セット目のみだったがスパイク好調、得点を重ねていた。

20061116_679

      20061116_702
        スパイクきまって、喜ぶレナタン

      20061116_710
       キャプテン・フォフォンによしよしされる

こんな表情豊かなレナタンが、無表情マリと仲がいいのか、よく一緒にいるのが面白い。見ると、たいていマリがレナタンにいじられているが。
マリも今回は、痛めた腹筋が治りきっていないのか、調子があまり良くなかった。

20061112_410
  11/12 ロシア戦後のマリ。「あー、今日もダメだった・・・」

20061112_411
        「どったの、大丈夫?明日があるよ」     

20061112_412
        「んなこと言っても・・・」「平気、平気」

という会話を交わしていた。(妄想)
マリは、この後監督にも、ポンポンと肩をたたかれていた。

マリはどうやら、テンパリキャラ、落ち込みキャラのようだ。
11/3のオランダ戦、絶不調だったマリ。ミスをする度にどんどん顔つきが険しくなり、テンパッっていき、ミスがミスを呼び・・・という状態だった。タイムアウトではジャケリネにポンポンとお尻をたたかれ、セット間ではレナタンにお尻をたたかれ、みんなに喝を入れられていた。

20061116_736
          
沈着冷静なのかと思ってたら、実はベルチクキャラだったか?マリ。
本人はいたって真面目なんだろうけど、見ているとなんだか可笑しくなってくるマリ。
とびきり陽気で明るいブラジルチームの中に、ひとり紛れ込んだ、異邦人のようだ。

Img_1495
  11/15 セルビア戦勝利!が、喜びの輪に入りそびれるマリ

Img_1496
            ガンバレ!マリ

Img_1498
            そうだ、しがみつけ        

Img_1510a
            ん~、やっぱノレないわ

しかしそんなマリも、準決勝、決勝では、何度か両手を上にあげ、ガッツポーズをしていた。ガッツポーズと言っても、他の選手と比べると、なんとも中途半端な挙げ方で、しかも一瞬のうちに下げてしまう。でもこれはきっと、マリ精一杯の感情表現なんだろうと思った。

20061116_629
     11/16 決勝。シェイラがガッツポーズ!

20061116_797
          ジャケリネも叫ぶ!

20061116_778
          そして、マリ、大喜び!!(多分)

プレーが本調子でなくても、愛想がなくても、笑わなくても、なんだか気になり、目がいくマリ。
これからも、マリウォッチャーの旅を続けていきたい。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.12.29

Brazil2/Jaqueline Carvalho

20061112_294_1
       11/12 ロシア戦。ジャケリネのバックアタック

20061112_295_1
           キマッターーーーー!

20061112_296_1
          飛び跳ねて喜ぶジャケリネ

20061112_299_1

優等生のシェイラと比べると、もうちょっとやんちゃと言うのか、エキサイティングなジャケリネ。
シャットされることも多いけど、いつでも真っ向勝負の姿勢が気持ち良い。

20061112_304
           ブロックは、メルクロワ

20061112_305
             止められたーー

Img_9649
             11/11 ドイツ戦

Img_9650
            きまると、この表情!

真っ向勝負と書いたけど、技術も素晴らしい。神戸でのオランダ戦のとき、エンド側から見ていたら、高いブロックの上から打ち抜いたジャケリネのスパイクが、コートのコーナー、まさに90度の部分にすっぽりおさまるように、2度も入った。思わず、神業!とうなった。
そして、この世界選手権では、ディグもすごかった。彼女のあきらめずに伸ばした腕で、何度チームの窮地を救っただろう。
試合後は、1番にテレビカメラの前でおどける彼女なのに、コートの中では別人だった。

20061112_407
           11/12 ロシア戦後のジャケリネ

Img_1522
           11/15 SCG戦後

今期から初めてイタリア、セリアAに進出ということで、さらに飛躍が期待される。

      20061112_137_1

(マリとレナタンも出したかったが、長くなったので3にアップ)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.12.26

Brazil1/Sheilla Castro

Img_6510_1
    11/4 アメリカ戦 シェイラ(Sheilla Castro)

Img_6682_1

      20061112_166
            11/12 ロシア戦

      20061112_168

Img_1478_1
          11/15 セルビアモンテネグロ戦

Img_1480_1

そして決勝。

20061116_550_1

20061116_552

20061116_557

20061116_573

シェイラ・カストロ。
ジャケリネやマリと同じ、83年生まれの23歳。
でももっと上なのかと思っていた。攻守共にバランスの取れたプレー。熱いけれど決して冷静さを失わない、落ち着いたプレー態度。2次ラウンド・ロシア戦で、一触即発、いきり立つ仲間たちを必死になだめていたのが、36歳・キャプテンのフォフォンと、この人だった。
ファンサービスも素晴らしい。ブラジルの選手はどの選手もフレンドリーだけど、特にシェイラはファン思いだなあと思う。
神戸で3日、試合が終わってエンド観客席で次の試合を見ていたブラジルチームのところに、ファンがいっぱい集まった。どの選手も気軽にサインをしていたが、あまり人が増えたせいか、係の人が飛んで来て、もうダメ、と禁じて、ファンを追い払った。それでもあきらめきれずに残っていたファンに、手を伸ばしてずっとサインをしていたのがシェイラだった。
そして、翌4日。試合の後、今度は自らエンド観客席のファンのところに入って行った。

Img_6714

子供を抱っこしたり、言葉を交わしたり、写真撮影やサインに応じていた。自ら入って行ったので、係の人も制止できない。
応援に来ていた沢山の日系の人や、地元の中学生はじめ、ファンの人たちにとって最高の思い出になったのではないか。

決勝ロシア戦・ファイナルセット、13-12からシェイラの打ったスパイクは、エンドラインを割った。ぎりぎりを狙ったのだろうけど、これは痛かった。その後ジャケリネもシャットされ、万事休す。
ブラジルのエースとして、絶対に勝ちたかっただろう。表彰式の最初から沈んだ顔をしていたけど、メダル授与の後、こらえきれなくなって泣いていた。

20061116a_261

しかし隣には、こんな明るい人も。

20061116a_256a_2

ブラジルは本当に若いチーム。これから何度も優勝の機会があるだろう。
そしてその頃には、シェイラはプレーの要というだけでなく、皆から慕われ尊敬されるような、精神的支柱になっているのではないかと思う。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006.11.21

表彰式

表彰式の写真を見ていると、あー、本当に終わってしまったんだなあ、と実感する。
印象に残ったシーンをいくつかアップ。

20061116a_177
            ロシア入場。

20061116a_198
 地味だけど、縁の下の力持ち。キャプテン・サフローノワ。

20061116a_245
 決勝戦、攻守に渡ってスーパープレー連発だったジャケリネ

20061116a_248
     ブラジル、メダル授与の後、シェイラが・・・

20061116a_255

20061116a_277
        3位のセルビア・モンテネグロ。

20061116a_290
これは「セルビア」の国旗。イタリアに勝った時もこちらを掲げていた

20061116a_327
      肩を組んで、ロシア国歌を歌う選手たち。

20061116a_341
  ベストスパイカーのキューバ・カルデロン(Rosir Calderon Diaz)

20061116a_344
     泣いている姿が子供のようで、可愛かった。

     20061116a_362
  ベストブロッカーのドイツ、ヒュールスト(Christiane Fürst)。
  熱い!明るい!選手。

     20061116a_396
         ベストセッターの竹下選手。

20061116a_411
         そしてMVPも・・・竹下選手。

20061116a_412

20061116a_413
          見つめる選手たち。

20061116a_415

20061116a_418
 こちらは無関係にはしゃぐ!はしゃぐ!カルデロンとヒュールスト。

表彰式閉幕のとき、爆音と共に紙吹雪が舞った。

20061116a_431a_1

20061116a_433_1
ベストお子様賞をあげたいくらい、無邪気に喜んでいたふたり。

20061116a_435_1
「大丈夫?」というように、ずっと竹下選手を気遣っていたゴーディナ

決勝戦は、どちらが勝ってもおかしくない、まさに死闘だった。
決勝を見た後、私はオランダの応援に、すぐに府立体育館に行った。試合が終わって、また中央体育館に戻った。幸い日本戦の後半は見れた。でも決勝の熱戦とは程遠い試合内容だった。
そして表彰式。とても楽しめたけど、MVPの発表には驚いた。一瞬、会場がしんと静まり返っていた。
過剰な演出など要らない、世界のトッププレーヤーたちのコートでのパフォーマンスこそ、最高の演出なのに。
ひとりでも多くの人が、日本戦以外の試合にも興味を持ってくれたらいいのにと思う。
そんなわけで、しばらくは、いろいろな国のチームの写真とレポをアップしていきたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006.11.14

scene 1 (11/11、12 in Osaka)

20061112_314
  ネットの向こうには、ロシアの選手が。止めるフォフォン。

20061112_317
         シェイラも必死に止めていた。

20061112_318
  怒りがおさまらないファビアナ。ネットの向こうにガモワ。

20061112_324
  怒るギマラエス監督。この後ブラジルにイエローカードが。

つかみ合いの喧嘩でも起きるかと思った。
12日、ブラジルーロシア戦の第4セット。
ファビアナの鮮やかな速攻が決まった!と思ったら、ロシアのポイントに。タッチネットがあったようだけど、納得できないブラジル。そのとき、ガモワが何か言ったようだった。
激昂するファビアナ。ネットの向こうでは、ガモワが笑っていた。
ブラジルにはイエローが出されたけど、ガモワも主審に呼ばれて注意を受けていた。
この後、結局ブラジルがロシアに勝ったが、試合後も、ガモワはなぜか余裕の笑顔だった。

20061112_397

20061112_399

一触即発の雰囲気に、本当にびっくりした。
でも、この場面よりもっとびっくりしたのが、中国のヒョウ・コンの表情だった。

Img_9799
 4強入りが消えた、次の試合でのヒョウ・コン。国歌斉唱時。

Img_9826
        最初のタイムアウトでのヒョウ・コン。

Img_9830
    予選ラウンド札幌では、肌も荒れていなかった

Img_9921
   試合終了後。試合はプエルトリコにストレート勝ちだった。

トス回しも得意のブロックもツーも、全てに精彩を欠いていた。
でもそれより何より、顔つきが全くの別人になっていた。
普段のヒョウ・コン
大会前、こんなヒョウコンを、中国を、誰が想像しただろう。

明日あさっての決勝ラウンド。
一体どんなドラマが待っているのだろう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.11.10

世界バレー画像(神戸、名古屋)

     20061105_364_1
        アメリカ、メトカフ(Nancy Metcalf)

20061105_352_1
  可愛すぎ!この顔で、パワフルかつ技ありのスパイクびしばし。

     Img_7069a
        オランダ、フリール(Manon Flier)

Img_7105_1
     急成長!!将来大エースになりそうなフリール。       

Img_6683
 誰にも止められない?ブラジル、シェイラ。(Sheilla Castro)

20061108_115
  セルビア・モンテネグロ、ニコリッチ。(Jelena Nikolic)

20061108_031
    名古屋でもやっぱりガムを噛んでいた、ニコちゃん。

20061108_284
何者?という雰囲気、キャプテン・ツィタコビッチ(Vesna Citakovic)

20061108_665
       トルコ、ナタリア(Natalia Hanikoglu)

      20061108_756
         トルコ、ネスリハン(Neslihan Darnel)

20061108_883_1

とりあえず、神戸、名古屋で印象に残った選手を少しだけアップ。
今日日本が対戦するセルビア・モンテネグロは、突出したエースがいるというより、平均以上の選手がバランスよく揃ったチームだった。そこが、強さの秘訣か。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.10.12

母は強し?

世界選手権まであと少し。
というわけで、先日、トップ画像を半年振りに変えた。

画像真ん中は、当然日本選手を・・・日本選手を・・・と思ったけど、ついうっかり、メトカフとパウラにした。(うっかり?)
メトカフは、個人的に海外選手の中で最も好きで、最も注目している選手。

051120a_248_1

昨年のグラチャンでしか生で見たことがないけど、プレーも人柄もなかなか奥が深そうな選手で、興味津々。
今回はじっくり見てみたいと思う。

パウラは昨年WGPのMVPで、その後妊娠のためコートを離れ、1年ぶりの復帰ということで、こちらも注目。

20050718_286

こちらの記事によると、このパウラ、7月に出産、そのわずか24日後にはトレーニング開始、そして出産後1ヶ月でプレー再開のため自チームに戻ったという。
って一体どういう身体をしているんだろう!??
24歳という若さを差し引いても、凄すぎる。
そもそも妊娠がわかった時点で、世界選手権での復活を目標にしていたというパウラ。今は家を離れ、娘恋しさはあるけど、娘の存在がパワーの源になっていると語るパウラ。
母は強し。と言うより、パウラが特別強靭な肉体と強靭な精神を持っているのか。

でもまだ世界選手権出場が確定したわけではない。代表には13人が選ばれていて、特にレフトはパウラを含め5人候補がいる。(他にジャケリネ、サッサ、マリ、バレスカ)
この中から確実にひとりが落とされる。15日からドイツとの親善試合が始まるので、ここ一両日中には決まるだろう。
なんとか「強い母・パウラ」には残ってほしい。そしてどこまで復調してくるのか、楽しみだ。

あとひとり、監督も相当悩んでいるようだけど、恐らく5人の中で最年長で今年のWGPでも調子の悪かったバレスカが、落ちるのではないか。
でもマリもWGP決勝ラウンドで腹筋を痛めていて、まだ治りきっていないようだし、落ちる可能性はある。
マリはなぜ笑わないのか?という謎を解明したい、マリ笑顔ウォッチャーの私としては、かなり心配。まあ解明してどうするって話だが。

20060820_344
               笑いません。

第1次ラウンドは、東京1日と、このアメリカ、ブラジル、オランダの出場する神戸を観戦予定。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.10.03

メンテナンス終了&photo

********メンテナンス終了しました。********

本日10月3日(火)01:00~15:00、ブログのメンテナンスが行われます。メンテナンス中は、閲覧は通常通り出来ますが、コメントやトラックバックの投稿は出来ません。

と、度々のメンテのお知らせ。
これだけでは味気ないので、8月東京WGPのときの画像の中から、何枚か面白そうなものをアップ。

20060820_301_3

や、これは。面白いと言うより、怖いか。
ブラジルのレナタん。スパイクきめた後の雄たけび画像。
でもこの写真を見たときから、レナタんよりも、前にいるマリが、一体どんな表情をしているのか、気になって仕方がない。
同じように雄たけびをあげているのか、怯えているのか、それとも薄く笑っているのか。いや、マリに限って、笑わないか。
無表情だったら、それもまた怖い。

レナタは、同じライトにシェイラがいるので、スタメンはなかなか難しいかもしれない。でもこのパワーと筋肉、そして明るいキャラが際立っている。少しでも多くコートに立てるように頑張ってほしい。

20060820_651_1
     右上、やんごとなき方のように手を振るレナタん。

下は、日本ーブラジル戦の後、両チームで握手を交わしているときの写真。

20060820_529_1

バレウスカが、高橋選手のときだけ、両手でガシッとつかんで、何か声を上げながら上下に2~3回大きく振っていた。高橋選手もとても嬉しそうな顔をしていた。
バレウスカもセリアAにいるから知り合いなのかもしれないが、こういう場面を見ると、日本の高橋から世界の高橋へと、羽ばたき始めたんだなあと思う。

イタリア行きの先駆者と言えば、この方。

20060820_281_1

これは、この日マリが好調で、どんどんアタックをきめていたときのもの。
なんとなく気になってトモさんを見たら、唇をかんでいた。あー、一緒に戦っているんだなあと思った。

トモさんのような強い求心力を持った人がいないのが気になる今の全日本だけど、世界選手権でまた新たにブレイクする選手が出てくるかもしれない。それを楽しみにしたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.08.26

WGP~ブラジル戦

20060820_477

20060820_389_1
    スパイクきめても笑顔なく。サーブミスで調子を崩したか

20060820_467_1

20060820_285_1
          初めは有効だったブロード

20060820_244_2
         韓国戦で不調、今日こそは・・・

20060820_335a_2
     高い打点からのオープン、ドーン!・・が見たい

20060820_424_1
        思い切りのいいスパイク、ワンジョー

20060820_417_1

20060820_509_1
        このままじゃ終われない?菅山選手

20060820_414_1
         鉄腕もこの日はあまり目立たず

20060820_277a_1
           試練だ!サオリン

20060820_514_1

正直言って、勝てると思ってなかったけど、1セットは取れると思っていた。出来れば、熱いホームの雰囲気の中、フルセットにまで持ち込んでほしかった。

昨日のポーランド戦は、セッター・シリバが引退して、予想通り、ぐだぐだのベルチクとスコルパのセッター陣で(一体何回交代したんだろう?)、ポーランドの自滅だった。
でもこれでまた勢いがついて、連勝してくれることを期待している。

| | コメント (13) | トラックバック (1)