2006.08.06

なっちゃん

      051209_097b_1

なっちゃんを、初めて取り上げたときのトップ写真がこれだった。
ケガや病気を乗り越え、1年ぶりにコートに復帰した、深谷でのなっちゃん。
大変ないくつもの時間を乗り越えた、自信と喜びに溢れ、輝いていたなっちゃん。
この日の笑顔は、今も目に、胸に、焼き付いている。

深谷以前のことは、こちらを見ていただきたい。
初めてなっちゃんを知り、プレーに注目した、全日本ファン感。
V開幕を楽しみにしていたのに姿がなく、どうしたのかと心配していたら、車椅子姿にびっくりした、11V決勝。
コツコツと裏方をこなす姿に、絶対またコートに帰ってきてほしいと願った12V。

深谷の後、どうしてもなっちゃんに声をかけたくなった。
これからもガンバって、と伝えたくなった。
翌週とどろきで、初めての出待ちをした。
この日は朝から緊張していて、試合内容も全く覚えていない。
目の前にいたなっちゃんは、観客席から見るよりはるかに綺麗で、そして初めて言葉を交わしたなっちゃんは、可愛かった。
これ以降、なっちゃんを追ってどこまでも見に行くようになった。

20051225_361_1 20051225_367_1

20051225_615
       (以上、昨年12/25 初めて遠征した山形)

20060211_732

20060211_651

20060212_007
           (2/11~12 所沢)

20060305_786

20060305_815
         (3/5 東体~決勝3日目)

20060423_397 20060423_433

20060423_403
           (4/23 東体~日韓戦)

なっちゃんの引退は、本当にショックだった。
まだまだ沢山のプレーが見られると思っていた。
アテネ後の全日本ファン感で初めてプレーを見たとき、「来る来る!」と思った。
Vでブレイク前の選手に感じる何かを感じた。
ブロックにブロード、そして、闘志。
それがもう見れないとわかったとき、私は泣いた。

どれくらいの時間がかかったかわからない。
やっとなんとかなっちゃんの引退を受け止められるようになった頃、サッカーの中田選手が引退を発表した。
HPで、ヒデのメッセージを読んだ。

「傷つけないようにと胸の奥に押し込めてきたサッカーへの思い。
・・・周りのいろんな状況からそれを守る為 、ある時はまるで感情が無いかのように無機的に、またある時には敢えて無愛想に振舞った。
しかし最後の最後、俺の心に存在した壁は崩れすべてが一気に溢れ出した。 」

この一節を読んだとき、私はまたなっちゃんを思い出し、泣いた。
なっちゃんは、多分話したことのない人から見ると、ちょっとこわもてだろう。
そして、あの両耳に山ほど開いたピアスの穴。バレーボーラーには見えないスタイリッシュな雰囲気。
「べつに~バレー一筋ってわけでもないし~」「まあそこそこガンバルから~」という声が聞こえてきそうな雰囲気。
でも本当は、なっちゃんには、誰にも負けないくらい熱いバレーへの思い、ひたむきさ、努力、そして純粋さがあった。
私は、そこに惹かれ、そんななっちゃんが大好きだった。

20051225_257

20051225_588
          (12/25 山形)

20060205_125 20060122_170
  (2/5 町田)            (1/22 神戸)

20060122_396
         (1/22 神戸)

20060304_641_1

20060304_744
         (3/4 東体~決勝2日目)

20060305_486

20060305_543

20060305_544
         (3/5 東体~決勝3日目)

ピアスのことを書いたが、私はなっちゃんのおしゃれで華やかな雰囲気も、すごく好き。
私は、アスリートにビジュアルはちょ~重要、と常々思っている。ビジュアルって、別に顔かたちのことではない。
お金を払って見ているんだから、プレーだけでなく、おしゃれや雰囲気でも楽しませてほしいと思っている。
その辺、海外選手は徹底している。特にセリアAのあるイタリア選手やヨーロッパの選手は、プレー以外でも自分を「見せる」ことに非常に気を遣っている。プロでない日本選手には必要ない、という意見もあるかもしれないが、私は選手にそれを求めているので、その点でもなっちゃんは理想のアスリートだった。

20051225_258
         (12/25 山形)

20060423_167_1
         (4/23 東体~日韓戦)

なっちゃんが、またどこかでコートに立ってくれたら・・・という気持ちはある。
もう1度プレーを見たいという気持ちは、正直言って、捨てきれない。
でも今は、なっちゃんが選んだ道なら、この先どういう道であっても、応援したいと思っている。
応援するってどういうことなのか、なっちゃんのファンになって初めて知った。
今までは、たとえばサッカーの試合で点差がついたロスタイム、祈っているファンを見ると、「無駄なのに・・」とさえ思っていた。今ならその心境が、すごくよくわかる。
「応援する」って、「信じる」と同意語だと、なっちゃんのファンになって初めて知った。
この先なっちゃんがどういう道を選んでも、なっちゃんがなっちゃんらしく、華やかに、ブイブイ言わせながら進んで行ってくれることを、そして大きな花を咲かせてくれることを、応援し、信じている。
なっちゃん、ガンバレ!!

20060211_187

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006.04.12

マイアルバム

「マイアルバム」ページを作った。
左サイド、「リンク(海外)」の下に、アップした。

「漢」「美」「乙女」
・・・・・・cool、beauty、lovelyってことで。
リーグ中に何百枚と撮ってきた中からのセレクトなので、特にファンじゃなくても写真として楽しめるのでは、と思う。
どれも気に入っているけど、1番好きなのは「乙女」かな。
それも、1番最後の爆笑しているなっちゃん(笑)

着々と、トップページがなっちゃん仕様に変ってきて、嬉しい。
本当は、リーグが終わったらすぐに変えたかったけど、パイオニアが優勝したので、暫くは優勝バージョンにしていた。
まだまだと思っていた黒鷲も、あと少し!組み合わせを見ていると、パイオニアの優勝の可能性は大きそうだ。
黒鷲は、V1や学生など、普段見られないチームの試合が見られるのも楽しみだ。

その前に、日韓戦。
先月、チーム練習が再開した頃、「練習見学に行きたいんですけど」と事務局に電話してみた。そしたら、「今年は日韓戦があるので・・」と断られてしまった。
けちーーっ。
そんなこんなで待ち遠しかったこの1ヶ月余。
来週、やっとこさだ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006.04.05

トップ画像~なっちゃん

優勝から1ヶ月が経ったので、トップを変えた。
優勝バージョンから、なっちゃん、海外応援バージョンに。
好きな選手と好きなチームだけでまとめたら、なんだかとっても気分爽快!(笑)
で、全日本は? ・・・いやもちろん応援してます。(小声)

なっちゃんって誰、って聞かれることもあるので、1枚は背中画像にした。
私もパイオニア以外のチームのファンサイトを見ると、「○×ちゃんが・・・」「*△ちゃんが・・・」 って誰やねん!? とさっぱりわからない。
名前とニックネームが一致していればまだしも、そうでないものは難解だ。

なっちゃん=パイオニアの奥村奈津子選手。
去年の12月の深谷で、1年ぶりにコートに復帰してから、私がはまって、応援している選手。
その復帰したときの様子と、それ以前のことは、こちらにアップした。
それまでも注目していたのはたしかだけど、ここまでどっぷりはまるとは思っていなかった。
私は、ファンと選手というのも、ひとつの縁で繋がっているんじゃないかと思う。まあ、ファンの立場からの一方的な縁かもしれないけど。

051209_009a
    深谷の試合開始直前。かなり緊張気味かな。(12/10)

昨シーズン、トモさんが開幕前に手術をして、まだコートに立てないとわかっているのに、トモさんファンの人たちがどこまでも応援に行っているのを見て、不思議に思っていた。なんでプレーを見れないのに行くんだろう、と。
今ならよくわかる。トモさんの様子が気になる、一目会いたい、というのは勿論あるんだろうけど、トモさんはコートの中にいようと、外にいようと、常に戦っている。その姿をファンの人は見に行ってたんだろう。
私も、試合に出ていても出ていなくても、なっちゃんの気合の入った熱い姿を見るのがすごく好き。アップゾーンでただぼうっとしている選手なら、ファンにはならなかった。

20060304_641
 いつも大きな声を出しているなっちゃん。(3/4 決勝)

そりゃあ本音を言えば、コートに立つ姿を見たい。
それまでVリーグでは、大阪以外遠征に行ったことがなかった私が、深谷以来あちこち行っていたのも、「復帰後初得点を見たい」という思いがあったから。その瞬間を、目の前で見たい、写真に撮りたい、と思っていた。
それは叶わなかったけど、なっちゃんの元気な姿を見ることが、私にとっての1番の活力源になっていた。
それに、よく考えたら、病気を克服して復帰しただけでもすごい。その後すぐに控えのローテーションに入っていたこともすごい。あせる必要は全くないので、じっくり力を蓄えて、少しずつでも試合に出てきてほしい。

20060211_034

20060211_080_1
 会場に入って、ユニフォーム姿だと、やっぱり嬉しい。(2/11 所沢)

出待ちも、これまでは1回しかしたことがなかった。
リーさん久光最後の試合(恐らくこれが最後だろうと思い、実際そうなった)のとき、会場から出てきたリーさんに声をかけたのが、唯一の出待ち体験。
試合を見て、写真を撮るだけでも疲れるので、別にそこまでしなくても、と思っていた。
それが今は・・・(笑)
何を話したとか具体的なことは、個人的なことなので、一切ここに書くつもりはない。
ただ、私が接してのなっちゃんの印象は、すごく可愛い人。とても素直で、すれたところのない真っ直ぐな人。そして、ユーモアがある。
知れば知るほど応援したくなるので、出待ちのときも、何かしてあげられることはないかなあ、といつも思うけど、してあげられることなど何もないので、ま、お菓子でもあげとこ・・となるのが、残念だ。

20060205_182
このなっちゃんは、かなり可愛くて、「おばちゃんがお菓子あげるからね。」と言いたくなる。(2/5 町田)

ここをなっちゃんの応援サイトにするの?と聞かれることもあるけど、それはない。
たとえ応援しているチームや選手じゃなくても、いいプレーがあったらどんどん紹介していきたいし、そういう自由度は欲しい。
でも、私自身は、なっちゃん一押し!!
恵まれた体格と、熱い心で、ぜひこれからブレイクしていってほしい。
なっちゃん、ガンバレ!!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.12.14

12/10 パイオニアvsシーガルズ(深谷)1~奥村奈津子選手

         051209_097a
           復活!奥村奈津子選手。

大阪開幕戦以来のV観戦。
印象に残ったシーンは沢山あるけど、1番びっくりして嬉しかったのは、奥村選手の復活だ。

051209_037
 第1セットが始まって間もなく、多治見選手と交代で登場。

051209_038  051209_043  051209_053

先月の集いで元気な姿を見て、きっと2レグのどこかで出てくるだろうと思っていた。
復活するところをぜひこの目で見たいとずっと思っていたので、奥村選手の登場に、興奮した。

051209_060a 051209_058a

051209_061  051209_062  051209_063

今期初得点はならなかったけど、コートを自在に駆け回り、懸命にプレーしていた。
なによりコートの中で、笑顔がはじけていた。コートに立てる喜びが、ひしひしと伝わってきた。こんなによく笑う、可愛い人だったのか、と思った。
奥村選手のことは、昨年の9月以来、度々ここでも取り上げ、試合の度に写真を撮ってきた。見ていて、もしかしたらもうやめちゃうのでは・・と思ったこともあった。
でも長いブランクを乗り越え、復活した奥村選手。この1年余りの彼女の姿を思い出すと、感慨深い。

昨年9月、アテネ後の全日本ファン感の紅白戦(全日本vs東日本選抜チーム)で、初めて奥村選手を見た。ごく短い試合だったけど、ブロック、ブロードととても光るものがあって、あの人は誰?と思った。

IMG_1526  IMG_1545
昨年9/19 全日本ファン感。背中を見て、奥村選手の名前を知った。

これは、11月からのVでの活躍が楽しみだなあと思った。でも、開幕戦で、奥村選手の姿を見つけることは出来なかった。
その後、12月の試合で見かけたけど、ユニフォームは着ていなかった。腰かどこかが悪いらしいと聞いて、心配になった。

今年3月・決勝ラウンド。
試合後、パイオニアの選手たちがわーっと歓声をあげて、エンド側の客席に集まった。なんだろうと思って見たら、車椅子の選手をとり囲んでいた。それが奥村選手とわかったときは、とてもショックだった。

050305_202  050305_218a  050306_029
  3/5 奥村選手のもとに集まった選手たち       翌3/6

最近(深谷後)のニュース記事で、病気で今年1月に入院・手術をしていたことを知った。
このときは、何も事情はわからなかったけど、車椅子ということはやはりどこか体の具合が悪いんだろうか、手術でもしたんだろうかと、ますます心配になった。

5月・黒鷲旗。
奥村選手はもう車椅子ではなくなっていた。笑顔も何度も見れたし、だいぶ元気そうになっていた。でも試合前の練習中など、所在なげな感じだった。

050503_509  050503_512  050503_725
 5/3 黒鷲旗。試合前の練習中。

8月・サマーリーグ。
ひょっとしたら奥村選手のプレーが見られるかも、と期待して行ったサマーだったけど、ユニフォームも着ていなかった。まだゆっくりとしか動けないようで、走ったりは出来ない様子だった。
2日間、庄司選手、榛澤選手はじめ若手選手の活躍で、パイオニアは優勝した。本来なら、この輪の中に・・と言うより、中心にいるべき選手なのにと思った。

050807_124  050807_128
  8/6 サマーリーグ。

9月・第12回Vリーグ開幕戦。
開幕2日目、早めに体育館に入ったら、レシーブ練習をしている奥村選手の姿があった。サマーの様子では、まだまだ復帰の日は遠いのかなと思っていたので、嬉しくなった。顔も少しふっくらしたようだった。

050925_036  050925_019
  9/25 第12回Vリーグ開幕戦。

10月・ファンの集い。
他の選手と同じように、スパイク、サーブ、レシーブの練習をしていた。
紅白戦の最後にピンチサーバーで登場したし、いろいろなイベントにも普通に参加していた。これはいよいよか?と期待が高まった。

051029_408  051029_414  051029_593
 10/29 ファンの集い。

そして再び、コートに復活した奥村選手。
ただ1度、プレーを見ただけの私が、またぜひ彼女のプレーを見たいと思い、この日を心待ちにしていた。
奥村選手本人は勿論、ご家族をはじめ身近な方たちは、どんなにかこの日を待ち望んでいただろう。

051209_668  051209_675
 12/10 深谷。試合終了後の奥村選手。

これからも、選手として平坦な道ではないかもしれない。
試合勘を取り戻すのは簡単ではないだろうし、今後のポジション争いも熾烈だろう。
でもこの1年間、大変な時期を乗り越えてきた奥村選手なら、どんな困難も克服していくだろう。
ぜひ、これから、大きな花を咲かせていってほしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)