2011.06.05

コシェレワ Tatiana Kosheleva

     270
         コシェレワ (Tatiana Kosheleva)

     271
     左で指差している人は?(ヒント:6歳で身長155cm)

     263
     スパイク決めて豪快に飛び上がるコシェレワ

     264

     266

     279
         この足の長さは一体??

312

     325

     330

     672
         表彰式では持ち前の明るさが炸裂

686
        コシェレワはベストスパイカー

     696
       左、ベストブロッカーのドイツのフュールスト

     704

350
   アメリカ戦後にシコラと。仲が良いようで、表彰式後もハグ

915
             ロシアの優勝の授賞式にて

927
           優勝カップを手に大笑いしていた

966

     996

半年ぶりの更新。すいません!!!
3・11の地震があって、心配してくださった方、ありがとうございました。
うちのあたりは震度5弱だったので、近くで停電が起きたり仕事がしばらくお休みになったり多少の影響はあったものの、無事でした。
今回更新したエントリーは、地震前にほぼ完成した形で下書きに入っていたものです。
なんとなく手つかずでそのままにしていたけど、プレミア10-11シーズンも終わったし、夏にはWGP、秋にはワールドカップがあるので、また少しずつアップしていきます。

ところでコシェレワが仲良くしている(なついている?)アメリカのシコラ。
4月に所属するブラジルチームのバスの事故で、頭を強打し意識不明で病院に運ばれた。そのときの映像を、たまたま向こうのニュースサイトで見て、本当に心配した。でも数日経って意識が戻ってからは、驚異の回復を見せた。24日間でブラジルの病院を退院し、今はアメリカに戻っている。

     Img_1438
    昨年の世界選手権。アキンラデウォにアドバイスするシコラ

まだいつプレーに復帰出来るかは明らかにされていないが、アメリカ代表チームにとってシコラはなくてはならない存在。守りの要でもあるし、明るい性格で、若手にどんどんアドバイスしたり精神的支柱でもある。
世界選手権中に、控えゾーンでノリノリで踊っていたときがあって、思わず写真を撮った。その写真をあとで見てびっくり。

Img_1425
             スネーク!!!(首に注目)

信じられないような運動能力とタフさを持ったシコラなので、ワールドカップには何ごともなかったかのように出てくると思う。
その前にある8月のWGPはわからないが、コシェレワの方は第3週の東京ラウンドに来るだろう。
間違いなくロシアの次世代エース、と言うより「世界のコシェレワ」になるだろうし、ロシア選手の「ちょっと近寄りがたい」イメージを変えてくれた。明るく陽気でスター性があり、全く物怖じしない。
2年前のWGPで初めて日本に来たとき20歳だったが、若手ということを忘れるくらいチームになじんでいた。
その時の写真もアップ。

20090820_600
              試合前、祈るコシェレワ

     20090820_835

     20090820_834

     20090820_923
     「よーよーよー」 左、セッター・シェシェニナ。だいぶ年上

     20090820_955
          
今後のコシェレワの活躍を楽しみにしたい。

| | コメント (9)

2010.11.18

2010世界バレー・ロシア優勝2

     526
      ファイナルセット、14点目を決めた!

     536

     538
           ラストのスパイク

543
          ロシア優勝!!!

546

549

550

554

556

565

569

     571

     576a

     587

     589
             右、メルクロワ

     594

     595

     599
             ソコロワ

     606
             セッター、スタルツェワ

     607

     611
              コシェレワ

     629

     634

     641

648

649

650

     653

656

     659

本当に強い強いロシアだった。
ブラジルとはシーソーゲームだったけど、ファイナルに入ったとき、これまでに見たことないほど超集中しているガモワの姿に、これはきっとロシアが勝つ、と思った。

前回の世界選手権決勝後に、当時の監督だったカプララが言った。
「ソコロワ(シャチコワ)はチームの母であり姉であり、彼女がチームの全てだ。彼女がMVPを取らなくて、一体誰が取ると言うのだろう?」
今回も、ソコロワなくして優勝はなかったと思う。ガモワが心身ともに成長して大エースになって、今回のMVPには誰もが納得だと思うけど、攻守ともにチームを支えたソコロワの存在は大きかった。
もう1年以上前に、某SNSでソコロワが世界選手権に出場したいと書いていたのでずっと注目していたが、昨年は代表に選ばれなかったのでやきもきした。再び代表で大活躍する姿が見れて良かった。

そして若干21歳のコシュレワ!彼女はガモワかそれ以上の世界の大エースになるだろう。ガモちゃんと口と口でキスしていたのでびっくりしたが、ロシアでは親愛の情をこめて女同士(まれに男同士でも、)口と口でキスすることがあるらしい。でもガモちゃんが他の選手とそうしているのは見なかったので、ガモワ自身もコシェレワを自分の後継者と思っているのだろう。
選手のタイプ的にはソコロワの方に近いかもしれない。攻守のバランスが取れていて、パワーも器用さも兼ね備えている。そして誰からも好かれるようなスター性を持っている。スパイクやブロックを決めた後に飛び上がって喜びを爆発させる姿には、「キミはブラジル人か!」と思わず突っ込みを入れたくなった。

というわけで、次回はコシェレワを取り上げたい。
彼女は今大会中、「プレー姿は素敵なのにどこかおっさん入っている選手」のナンバー2だった。ナンバー1は、イタリアのアリゲッティ。
このふたりを取り上げたいと思う。

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2010.11.17

2010世界バレー・ロシア優勝1

11月17日。ロシアーブラジル、決勝戦。

     372
               ガモワ

     345_2

     388

     330a
           若きエース、コシェレワ

     394

     395
     虎も吠えている。左、リベロのクリュチコワ

     396

     397
           セッター、スタルツェワ

     400
       ロシアチームの母・姉・精神的支柱、シャチコワ

     428
      ちょっと不安げなガモワ。でも母がいるから安心。

     429
             ブロック!!!

     434

     439

     440

446

448

456

     458

ファイナルセットへ。

465
          中央、センター・ペレペルキナ

     470

477

     508

     511
            13点目が決まった

     512

     513
         怖いくらい集中していたガモワ。

     523
          14点目、ガモワが決めた!

     524

     532
          ついにマッチポイント

長くなるので分けます。
続きは「2010世界バレー・ロシア優勝2」へ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.12.08

Russia2/Gamova & Shashkova

Img_9239_1
          11/11 アメリカに快勝

11/12 2次・ブラジル戦。

      20061112_036b
           ガモワ(Ekaterina Gamova)

20061112_228
          この日、シャチコワは欠場。

第4セット、ブラジルとの一触即発の雰囲気の中・・・

20061112_335_1

20061112_360
             この表情。

11/15 イタリア戦。

      Img_1789
           シャチコワ(Lioubov Shashkova)

Img_1619a

      Img_1582

Img_1729

Img_1732a

Img_1733a

Img_1841a

11/16 決勝・ブラジル戦。

      20061116_716_2

      20061116_741a_2

20061116_803

20061116_827

20061116_610

20061116_798

20061116_848a

20061116_870

      20061116a_454

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.12.03

Russia1/Elena Godina

Img_1852
    11/15 ファイナルラウンド、イタリア戦勝利の後

エレーナ・ゴーディナ。今大会で最も心に残った選手。
レンズ越しに見ていると、驚くほど表情が豊か。笑うと印象が一変する。
迫力のスパイク、サーブ、そしていかにも大きくて、最初はいかついイメージだったのに、見ていると、なぜか「少女」に見える瞬間が何度もあった。

ロシアの試合は、2次ラウンドから、4回見た。

      Img_9242_1
         11/11 アメリカ戦。

Img_9243_1

Img_9246

      Img_9365
      ミスが続いて、珍しく落ち込むガモワに・・・

Img_9367
           声をかけ、気遣うゴーディナ

翌12日、ブラジル戦。

      20061112_045_2
       この日はサーブで徹底して狙われ

      20061112_048_4
    前半は調子が良かったが、次第にミスが続いた。

20061112_075 20061112_076
     入ったでしょー!            ちぇー

20061112_231
             第3セット、タイムアウト

20061112_426
             試合終了後

シャチコワが前日足をひねったとはいえ、温存の気配濃厚だったロシア。決勝を想定してか、本気モードではなかったロシア。ガモワなど、試合中も試合直後も笑っていた。
だからゴーディナの涙には、びっくりした。
泣いている長身の彼女の姿は、とても目立った。回りの観客は皆気がついていたと思う。涙を止めようとしても、なかなか止められないようだった。

決勝ラウンド初日、11/15 イタリア戦。

      Img_1807_2

Img_1756
         この日は好調、サービスエースも5本!

Img_1760

Img_1774

そして、11/16 決勝ブラジル戦。

      20061116_668_1

20061116_584_1

20061116_646

20061116_813

20061116_853_1
                優勝!!

20061116_899
             視線の先には、監督

20061116a_016

20061116a_223
             表彰式。メダル授与

20061116a_330

20061116a_336

      20061116a_377
          ベストサーバー賞、受賞

20061116a_421
      竹下選手を気遣い、何度も声をかけていた

      20061116a_433a


生で見るのは初めてだったけど、最初から心惹かれるものがあった。
プレーの完成度で言えばシャチコワの方が上だろうし、どんなに乱れたトスでも、どんな体勢からでも打ち切っていたのは、ガモワ。私はMVPは、このふたりのどちらかだろうと思っていた。
それでも私の中でのMVPは、ゴーディナ。プレーを通して垣間見えた彼女の真摯さ、誠実さ、優しさ、気配り、そして、強さと繊細さ。
世界選手権は、世界のトッププレーヤーたちのスーパープレーを見るのが勿論楽しみだったけど、それ以上に、そのぎりぎりの状態の中で垣間見える人間性に、何より心打たれた。

ロシアとブラジル。力の差は殆どなかった両チームだけど、ロシアの勝因は、ゴーディナのようなベテラン選手を何人も擁していたところにあったのではないかと思う。
北京では30歳になっているゴーディナ。
でもきっとまた、北京でその姿が見れると信じ、楽しみにしている。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2006.11.21

表彰式

表彰式の写真を見ていると、あー、本当に終わってしまったんだなあ、と実感する。
印象に残ったシーンをいくつかアップ。

20061116a_177
            ロシア入場。

20061116a_198
 地味だけど、縁の下の力持ち。キャプテン・サフローノワ。

20061116a_245
 決勝戦、攻守に渡ってスーパープレー連発だったジャケリネ

20061116a_248
     ブラジル、メダル授与の後、シェイラが・・・

20061116a_255

20061116a_277
        3位のセルビア・モンテネグロ。

20061116a_290
これは「セルビア」の国旗。イタリアに勝った時もこちらを掲げていた

20061116a_327
      肩を組んで、ロシア国歌を歌う選手たち。

20061116a_341
  ベストスパイカーのキューバ・カルデロン(Rosir Calderon Diaz)

20061116a_344
     泣いている姿が子供のようで、可愛かった。

     20061116a_362
  ベストブロッカーのドイツ、ヒュールスト(Christiane Fürst)。
  熱い!明るい!選手。

     20061116a_396
         ベストセッターの竹下選手。

20061116a_411
         そしてMVPも・・・竹下選手。

20061116a_412

20061116a_413
          見つめる選手たち。

20061116a_415

20061116a_418
 こちらは無関係にはしゃぐ!はしゃぐ!カルデロンとヒュールスト。

表彰式閉幕のとき、爆音と共に紙吹雪が舞った。

20061116a_431a_1

20061116a_433_1
ベストお子様賞をあげたいくらい、無邪気に喜んでいたふたり。

20061116a_435_1
「大丈夫?」というように、ずっと竹下選手を気遣っていたゴーディナ

決勝戦は、どちらが勝ってもおかしくない、まさに死闘だった。
決勝を見た後、私はオランダの応援に、すぐに府立体育館に行った。試合が終わって、また中央体育館に戻った。幸い日本戦の後半は見れた。でも決勝の熱戦とは程遠い試合内容だった。
そして表彰式。とても楽しめたけど、MVPの発表には驚いた。一瞬、会場がしんと静まり返っていた。
過剰な演出など要らない、世界のトッププレーヤーたちのコートでのパフォーマンスこそ、最高の演出なのに。
ひとりでも多くの人が、日本戦以外の試合にも興味を持ってくれたらいいのにと思う。
そんなわけで、しばらくは、いろいろな国のチームの写真とレポをアップしていきたい。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006.11.18

その瞬間

20061116_831_1
         ガモワ(Ekaterina Gamova)

20061116_836_1

20061116_843_1
        中央、シャチコワ(Lioubov Shashkova)

20061116_846_1

20061116_853

20061116_854

20061116_861_1

20061116_866

20061116_869

20061116_873

20061116_875

20061116_878

20061116_884

20061116_888_1

20061116_893

20061116_902

20061116a_005

20061116a_011_1

20061116a_013_1

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006.11.14

scene 1 (11/11、12 in Osaka)

20061112_314
  ネットの向こうには、ロシアの選手が。止めるフォフォン。

20061112_317
         シェイラも必死に止めていた。

20061112_318
  怒りがおさまらないファビアナ。ネットの向こうにガモワ。

20061112_324
  怒るギマラエス監督。この後ブラジルにイエローカードが。

つかみ合いの喧嘩でも起きるかと思った。
12日、ブラジルーロシア戦の第4セット。
ファビアナの鮮やかな速攻が決まった!と思ったら、ロシアのポイントに。タッチネットがあったようだけど、納得できないブラジル。そのとき、ガモワが何か言ったようだった。
激昂するファビアナ。ネットの向こうでは、ガモワが笑っていた。
ブラジルにはイエローが出されたけど、ガモワも主審に呼ばれて注意を受けていた。
この後、結局ブラジルがロシアに勝ったが、試合後も、ガモワはなぜか余裕の笑顔だった。

20061112_397

20061112_399

一触即発の雰囲気に、本当にびっくりした。
でも、この場面よりもっとびっくりしたのが、中国のヒョウ・コンの表情だった。

Img_9799
 4強入りが消えた、次の試合でのヒョウ・コン。国歌斉唱時。

Img_9826
        最初のタイムアウトでのヒョウ・コン。

Img_9830
    予選ラウンド札幌では、肌も荒れていなかった

Img_9921
   試合終了後。試合はプエルトリコにストレート勝ちだった。

トス回しも得意のブロックもツーも、全てに精彩を欠いていた。
でもそれより何より、顔つきが全くの別人になっていた。
普段のヒョウ・コン
大会前、こんなヒョウコンを、中国を、誰が想像しただろう。

明日あさっての決勝ラウンド。
一体どんなドラマが待っているのだろう。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005.09.03

監督いろいろ

世界選手権ヨーロッパ予選・プレーオフ最終日。
この試合に負けたら出場権を失うという大事な一戦で、ポーランドはミス続きで、ブルガリアに2セットを先取された。ことにセッターのベルチクがひどいミスを犯し、そのとき監督がベルチクに言った言葉。

if you do it one more time, I will kill you, I will tear away your head together with your lungs.

「もう1度あんなミスをしたら、ぶっ殺すでぇ!肺と一緒に、頭引っこ抜いたる!」。
(chai関西出身につき、関西弁で感情移入してみた。)

その後、ベルチクは2度と同じミスをすることなく、チームも落ち着きを取り戻し、3セット取り返し、見事逆転勝利。

050624_669
             I'll kill you・・・?

このニエムチェク監督、こんな風に言うようには見えないんだけどなあ。
大ベテランだし、タイムアウト中も、選手にまかせてあまりうるさいことは言ってないように見える。
でもベルチクも、こんな風に言われても仕方ないかと思う場面が、WGP代々木でも2度3度あった。無人のコートにトスを上げて、ボールがむなしく落ちてくる・・とか。
テンパリ体質なのか、集中力が途切れるのか、とにかくムラがある。
監督もひとりひとりの個性を熟知しているだろうし、まあベルチクにはこれが最適だったんだろう。

050626_349
 韓国戦では調子が良かったベルチク。期待に満ちた目

しかし、このニエムチェク監督の言葉に比べれば、「夢持って滋賀に帰ったらええやん。」なんて、かなり優しい言葉かもしれない。

IMG_1273a
  「夢持って・・・」  ノッてる柳本監督 in 仙台。

ニエムチェク監督でこれなら、ロシアの(元)カルポリ監督など、一体どんなことを言っていたのだろう??

IMG_1120
          怒り出す寸前か?

聞いてみたいような聞いてみたくないような。
いやむしろ、中国の陳監督があの笑顔で、「ぶっ殺すぞ」とか言ってたら、もっと怖いか。

IMG_1974
            I'll kill you・・・・?

仙台で、高校生くらいの女の子ふたりが「あの中国の監督さん、優しそうだねえ」「うんうん」と話していた。それを聞いて、えっ!と驚いた。
私は、「一見優しそうだけど、世界一のチームを率いている監督だもん、ただ優しいヒトとかイイヒトとかのわけないよなあ。絶対何かウラがあるはず。」と思っていた。その高校生達のようには、もうとっくに純粋でも純情でもなくなった私には、そんな風に人をストレートに見れなくなっていた。そんな自分を、私は恥じた。
恥じたけど、「んでもどっかでボロ出すかも」と思い、3日間じっくり観察した。恐らくヒョウコンを見るのと同じくらいの熱心さで、監督を見ていたと思う。
結果、いつでもどこでも変わらぬ陳監督だった。声を荒げたり、感情をむき出しにしたり、嫌な態度をとったりすることは、1度もなかった。
そうか、やっぱり世界1ともなれば、普通の人とは違うんだ。人間的にも出来ているし、常に自分をコントロール出来る人なんだなあ、と思った。

IMG_0978a
       いつでもどこでもスマイリー陳。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004.12.07

海外リーグ

久々に海外情報。
と言っても、どこの国もリーグ中なので、リーグ情報しか入ってこない。

ところでガモワはどこに行ったんだろう?
ロシアのスーパーリーグも先月から始まっているけど、どこにもガモワの姿はない。
ここに、ウラロチカの現メンバーと、かつてのメンバーの今期の所属先が載っている。でもガモワのところだけは、?になっている。
何か情報がわかればここに載るだろうと思って、時々チェックしているけど、ずっと?のままだ。

rs/0799
   ガモワはいずこへ?

他のサイトでチェックをしても、ガモワに関しては情報がない。googleで検索しても、アテネ以降のめぼしい情報は何もない。9月、ヨーロッパ選手権に出場していたのを確認したくらい。
怪我や故障なら、情報のひとつも入りそうなものなのに。
一体どこで何をしているんだろう?

イタリアのセリアAは、ピッチやシャチコワ、グリュンのいるベルガモが負けなしの8連勝。次いで、ペルージャとノバラが1敗で追っている。
ベルガモは、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ(欧州各国リーグで1位、2位チームのトーナメント)でも負け知らずのトップ(Pool A)。昨年ゴーディナを擁して優勝したTenerife Marichalは、苦戦中。

セリアAで個人成績を見ると、最多得点ではブルガリアのゼトワがトップ。上位の方は外国選手ばかりで、イタリアの選手はリニエーリとトグットくらい。

it/0804
 気合充分、リニエーリ。

アタック決定率は、ルーマニアのNucu Julianaがトップ。って誰だろう?
24歳、昨季からノバラの選手らしい。
決定率は、リニエーリ、トグットの他、ピッチやアメリカのトムなど、お馴染みの名前が並んでいる。

卓球の愛ちゃんが、中国スーパーリーグに参戦という話。
強豪北京だけでなく、他のチームからもオファーが来たというニュースを見た。
いろんなスポーツ選手が海外に参戦しているけど、バレーはなかなか実現しないなあ。

| | コメント (2)