« 2010世界バレー・ロシア優勝2 | トップページ | コシェレワ Tatiana Kosheleva »

2010.12.05

Valentina Arrighetti

     362
   イタリア・センター、バレンティーナ・アリゲッティ

     363

     364

     311

336

     411

     377

     394

     400

481

521
             アメリカに勝利!

524

542

543

547

552

553a

     571

     574_2

575

563

上の写真は、11月7日、名古屋の第2次ラウンドで撮ったもの。
第1次ラウンドから調子が良くなかったイタリア。アメリカに勝てるとは思わなかった。選手たちも厳しい戦いになると予想していたのか、勝利後は大喜び。
中でもアリゲッティがポロポロ泣いていたのでびっくりした。でもこの涙で、アリゲッティの株が私の中で急上昇した。

20091111_361 20091111_364 20091111_447
               爪噛み・三部作

これはアリゲッティを初めて見た、去年のグラチャンのときのもの。このときは控えで殆ど出番がなかったが、いつ見ても爪を噛んでいた。
今回はスタメンだったので、まさかコートの中では噛まないかと思ったら、やっぱり噛んでいた。
そして、歩く姿はまるで男性・・・(笑) 肩をいからせ、がにまたで歩く。コートの中で短い距離を移動するだけでも、そういう歩き方だった。
名古屋初日のドイツ戦では、初めのうちドイツが非常に乗っていて、思うようにプレーが出来なかったせいか、アリゲッティの爪噛みも頻繁だった。そのうち、途中で交代してベンチに下がったとき、ガーーン!とすごい音が響き渡った。何かと思ったら、いらいらしたアリゲッティがベンチを蹴った音だった。すぐに主審に注意を受け、「すまんすまん」と言うように手を上げて謝る姿も、まるで男性だった。

と書くと悪いことばかりのようだけど、そんなことはない。アリゲッティが非常に一生懸命プレーをしているのはわかったし、ミドルブロッカーとしてもとてもいい選手。まずはブロックがいい。ブロードもいいし、クイックも時折決める。アリゲッティがバレー選手で最も尊敬するというジョーリ様の域にはまだまだ及ばないとしても、これからが楽しみな選手。

     Img_1650
    カメラを向けたら目が合った。 「きれいに撮ってよ」

412
 鮮やかすぎて凄すぎて、「ジョーリ様」「ジョーリ神」と呼びたいジョーリ様

アリゲッティ、いい選手なんだけど、しょっちゅう爪は噛むし、ベンチは蹴るし、歩き方は男だし・・・いったいどういう選手なんだろう?という興味を持って、上記のアメリカ戦を見ていた。見ていると、自分自身もチームも調子がいい時は、爪を噛まない。癖ですぐに口元に手を持っていくけど、噛むまではいかない。

392

アリゲッティのニックネームはPiske。(ピシケ?ピスケ?)
公式サイトによると、まだ少女の頃から頑固でひとつのことに熱中する性質で、「Piske」というあだ名がついたということなんだけど、意味がわからない。Piskeはイタリアで有名な誰か(主人公とか?)の名前なんだろうか。
もしわかる方がいらっしゃったら教えてください。

男らしいと思っていたアリゲッティが、試合後にわーわー泣いていたのにはびっくりした。
でも純情なんだなと思った。引き上げるとき、ジョーリに「がんばったね」というように声をかけられ肩を抱かれて、とても嬉しそうにしていた。(写真を取り損ねて、残念)
泣いたり怒ったり笑ったり爪を噛んだり、忙しいアリゲッティだけど、今後も注目していきたい。

     583
   

|

« 2010世界バレー・ロシア優勝2 | トップページ | コシェレワ Tatiana Kosheleva »

コメント

爪噛み・三部作(笑)イライラしたり不安で落ち着かなかったりすると、ついやっちゃうんでしょうか。アリゲッティって、今までそんなに注目して見た事はなかったけど、今後は爪噛みとおっさん仕草に注目してみようと思います(そこかよ!笑)
そして、カメラ目線なジョーリ様!!ははぁ~!と頭下げたい気分になるほど貫禄ありますね(笑)
おっさんNo.2なコシェレワ特集も期待してま~す^^

投稿: まーこ | 2010.12.06 01:41

アリゲッティ、

chaiさんが
時々話してた様子が、画像でしっかり
確認できましたsign03
こんなに、表情豊かな選手だったんですね。
爪を噛むのは、なにか幼いころからの
クセってか、トラウマがあるんですかね~(笑)
でも、今後が楽しみな選手ですね。

イタリアのセンターといえば、どうやっても、そりゃ”ジョーリ”様に決まってますが、次世代を担うプレーヤーが出てこないと、
チーム・イタリアがチトやばいですよね。
自分は、ジョーリの、chaiさんが撮っておられる、こういう表情が大好きですhappy01
最高に、かっこよく決めても
「なに?これ普通だけど・・・?」みたいな。

あとは、セッターですかね~sign04イタリアは・・・。
ロビアンコの替わりは
現れるんでしょうか・・・?
ま、きっと余計なお世話だと思いますが(笑)

投稿: キャリー | 2010.12.06 21:24

アリちゃんいいですよねぇ(笑)
あのベンチをバーンと蹴っ飛ばして
主審にピッピッーーっと笛を吹かれていたのには
大笑いしました。
泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだりと
表情豊かで愛すべき悪ガキって感じで
見てて飽きない選手ですね。
これからの活躍に大いに期待しています。
それにしても、ジョーリ様の迫力は
流石ですねぇ~世界NO1のセンターと言っても
間違いないでしょうね☆
そんなちょっと近寄りがたい感じのジョーリ様が
泣きじゃくるアリちゃんの頭を
ヨシヨシって感じで優しく撫でていたのが
凄く印象的に残っています。
次代のホープと認めているのかな?
だったら尚更、アリちゃん頑張っ!!

投稿: tomtom | 2010.12.06 22:20

chaiさん、こんばんは!
初めてコメントさせていただきます。
以前にメールさせていただいた時は、Furstファンでしたが、今はpiskeにはまってしまいましたcoldsweats01

私もpiskeの少年みたいなところと、一生懸命なプレーが大好きなんです。
今回、初めて話しかけたらとっても優しいく対応してくれて、余計好きになってしまいましたsign03

piskeの意味を私も探し続けているんですが、いまだに分からないんですよね~。。。

アメリカ戦は観戦できなかったので、chaiさんがアップしてくれなければ、こんなドラマがあったことを知らなかったので感謝です!

色々なプレッシャーもあって涙してしまったんでしょうか。そういう熱いとこも魅力ですhappy02

爪からばい菌入って風邪ひかないことを祈ります!

投稿: ゆっぴょん | 2010.12.07 00:59

東京での順位決定戦は日本戦を見るよりアリゲッティを見る事を選んだ、アリゲッティ特集を日本で3番目くらいに楽しみにしていた私なのに(テキトーな統計)すっかり出遅れてしまいました・・・。
Bergamo時代の荒木のチームメイトって事でChampions Leagueやなんかの動画配信がある時に注目して見るようになって、すぐにその奇妙な動きに目が釘付けになり、今回の世界選手権で生で見てみたい選手の筆頭に挙げていたので、動きは機械っぽいのにハートは熱いアリゲッティの三昧デビュー、感慨もひとしおです!
Vicenza時代にチームメイトだった高橋(み)さん情報によると読みは「ピスケ」らしいですよ。伊→英訳でPiskeに対応するものが見あたらなかったけど、自分の中では「ぴ助」=「ジャイアン的なもの」と勝手に解釈してました。(当て字も勝手に)
イタリアが一次ラウンドでチェコに負けた試合のFIVBの写真をみると、この時は悔し涙をぬぐってたようで、まったく、愛すべき泣き虫おっさんピスケ。バラッツァ不在のプレッシャーを一身に背負っていたんでしょうね。

たれ目 なで肩 ねこ背 がに股 おっさんピスケが 爪を噛む

これからも、プレイとともに大注目です。天上の人ジョーリのように、息の長い選手になってくれるといいなあ。

投稿: きんた | 2010.12.07 01:49

いいですよねー、アリゲッティ。自分はサインもらうことができましたhappy02

バラッツァの急な欠場でスタメンになったけど、実力十分ですね!ジョーリとバラッツァの二人がいるとなかなか出番ないですしねcoldsweats01

今回はいいアピールになったんではないでしょうか。是非、ジョーリやバラッツァみたいな強力な選手になってこれからのイタリアを支えてほしいですねー。

そして、ジョーリ。相変わらずのド迫力(笑)
カッコ良すぎですheart01頑張ってロンドンまでやってほしいもんです。

投稿: rara | 2010.12.08 19:39

>まーこさん
イタリアは、今回代々木に来なかったので、アリゲッティの勇姿・・・というか不思議なキャラを、全国の皆様に見てもらえなかったのが残念です。アリゲッティ、きっとまーこさんにも気に入っていただけるかと(笑)
アリゲッティに比べれば、コシェレワも乙女に見えるくらい、おっさ・・男らしかったです。
コシェレワ、もう写真は全て用意できているので、あとちょっと(明日?)お待ち下さいconfident

投稿: chai | 2010.12.11 22:35

>キャリーさん
八の字まゆのアリゲッティ、本当に表情豊かでしょう?
怒ったり泣いたり笑ったり爪噛んだり(笑)
久々にイタリアに現れた、個性的で熱ーーい選手ですね!
涼しーい顔してばしばし決めてくるジョーリとは正反対のキャラかなあ。でも中身はきっと熱いところが共通してるかも。
イタリアは、セッター、ロビアンコの次の人たちが育ってないですね。と言うか、フェレッティはいずこへ??
チェントーニとかチェッラとかフィオリンとか、あ、これは・・・と思った選手たちがみんな代表から消えてしまうのが不思議です。
若手養成、今すぐ手を打たないと、まずいですよね。ってどこかのオレンジ色のチームと同じですねbearing

投稿: chai | 2010.12.11 22:53

>tomtomさん
あーー、ジョーリ様がアリゲッティの頭をよしよししてたんだ!その場面は見逃しました。
絶対ジョーリも可愛がっていると思います。1番の舎弟?かも(笑)
愛すべき悪ガキ、てぴったり!
最初は「なんだろう、この人・・・」って思ったけど、見れば見るほど憎めない愛すべきアリちゃんですね。
ジョーリのような世界屈指のミドルブロッカーがそばにいるって幸せですね。ぜひジョーリ様を超える選手に育ってほしいです!

投稿: chai | 2010.12.11 23:01

>ゆっぴょんさん
こんばんは!
「piskeの少年みたいなところ」・・・少年!
そうですよね、おっさんじゃなくて、少年!(笑)
本当に、内面に少年のようなpureなものを持っていると思います。
話しかけたら優しかったんですね。すごく人良さそうですもんね。ファンを大事にしそう。
爪ってあまり噛むとばい菌が入っていろいろ怖いんですよね。なるべく噛まずにすむような試合をたくさんしてほしいですね。
今回の大会は、たしかにプレッシャー大きかったでしょうね。
Piskeの意味がもしわかったら、またこちらにアップしますね。

投稿: chai | 2010.12.11 23:11

>きんちゃん
きんちゃん、おかしーー!筆が走りまくってますねhappy02
きんちゃんが日本戦より東体を選んだのは、Piske目当てだったのね。Piske=ぴ助って、んなわけないんだけど、妙に納得してしまいました。
きんちゃんとPiske、気が合いそうですよ。少年どうし、いいマブダチになりそう。
たれ目 なで肩 ねこ背 がに股 おっさんピスケが 爪を噛む
こんな垂れ幕を作って応援したら、きっと大喜び・・しませんね(笑)
でもなんだかんだ言って、みんなPiskeが大好きですね。将来、ジョーリ様のような選手になってくれることを願ってやみません!

投稿: chai | 2010.12.11 23:23

>raraさん
おーー、サインもらえましたか。東体でしょうか?
バラッツァのいないイタリアチーム。その代役として、プレッシャーはさぞ大きかったでしょうね。でもこれだけファンの注目を浴びて、頑張りましたよね。
まだ若いと思っていたアリゲッティも26歳。早く実力で、代表スタメンを勝ち取ってほしいですね。
ジョーリはアテネ直前で代表候補から落ちたことで変わりましたよね。普通にいい選手から、今や世界のジョーリですよね。
絶対ロンドンにも出ると思います。がんばって!

投稿: chai | 2010.12.11 23:31

こんばんは。

イタリアのスポーツサイトの記事にこんな文章がありました〜。
La Piske (diminutivo di pischella,traduzione ragazza)
→ピスケはピスケッラ(女の子?彼女?)の略称
って意味ですかね??(自信ないです)

個人的には、きんたさんがおっしゃったように『ジャイアン』もしくは『ジャイコ』的な意味だったほうが納得できたのですが!!
(声もちょっとしゃがれていたし…良い意味で…笑)

投稿: ゆっぴょん | 2010.12.15 01:45

天皇杯皇后杯の最中ですが、ゆっぴょんさんからの新情報に感化されて補足たれ込み(笑)

2008年12月の「Pallavolo Supervolley」って雑誌からのインタビュー?の最後で Piskeってニックネーム関連の話をしてました(因みにその記事の8割方は何いってんだかよくわかりませんが)
曰く、Piske=pischellaの短縮形=ragazzina(少女)で、13歳の時、ジェノバでセリエCのチームに入ったときに一番のチビッコだったとこから来てるみたいです。

広がるオタネットワークと無駄知識。楽しくて仕方ありません・・・。しかし、自分の中ではいつまでも Piske=ジャイアンのままですが!

投稿: きんた | 2010.12.19 01:19

>ゆっぴょんさん
ああ・・・すいません、もうカメレスもいいところですね。
新情報いただいて、そーなんだーー、とすっかりレスした気でいました。
piskeってkidの意味があるみたいですね。
ガキって感じかな?(笑)
それだと、きんちゃんの「ジャイアン説」も当たってますね。
いつまでもやんちゃなガキ大将みたいなPiskeでいてほしいですね。

投稿: chai | 2011.01.11 00:41

>きんちゃん
piskeにそんな由来が!
でも26歳の女性になってもPiskeって呼ばれて、自分でも気に入ってるみたいだから、きんちゃんのジャイアン説は当たってるよね。
良い意味でも悪い?意味でも、愛すべきジャイアン・アリゲッティなんでしょうね。
あの大泣き見てたら納得。
爪噛みもベンチ蹴飛ばしもpiskeならでは。
今年もWGPとWCで見れるかな?

投稿: chai | 2011.01.11 00:51

もしかして被災されたのではないかと心配です。
大丈夫ですか?

投稿: 徳治朗 | 2011.04.12 01:30

>徳治朗さん
ああ、すいません。心配していただいて。
私は神奈川なので、大丈夫です。

アメリカのシコラが、所属するブラジルチームのバスの事故で重傷というニュースを聞いて、心配しています。
一命は取り留めたようですが、病院側からの発表もまだないので、詳細がわかったら取り上げるかもしれません。

投稿: chai | 2011.04.16 13:03

無事で何よりです。良かった(*^-')b
シコラ姐さん心配ですね

投稿: 徳治朗 | 2011.04.16 23:51

>徳次朗さん
ありがとうございます。
やっと、やっと・・・更新しました^^;
シコラ姐さんも元気になって安心しました。
少しだけ、ねーさん画像もアップしました。

投稿: chai | 2011.06.06 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/50220942

この記事へのトラックバック一覧です: Valentina Arrighetti :

« 2010世界バレー・ロシア優勝2 | トップページ | コシェレワ Tatiana Kosheleva »