« Czech! | トップページ | 2010世界バレー・ロシア優勝2 »

2010.11.17

2010世界バレー・ロシア優勝1

11月17日。ロシアーブラジル、決勝戦。

     372
               ガモワ

     345_2

     388

     330a
           若きエース、コシェレワ

     394

     395
     虎も吠えている。左、リベロのクリュチコワ

     396

     397
           セッター、スタルツェワ

     400
       ロシアチームの母・姉・精神的支柱、シャチコワ

     428
      ちょっと不安げなガモワ。でも母がいるから安心。

     429
             ブロック!!!

     434

     439

     440

446

448

456

     458

ファイナルセットへ。

465
          中央、センター・ペレペルキナ

     470

477

     508

     511
            13点目が決まった

     512

     513
         怖いくらい集中していたガモワ。

     523
          14点目、ガモワが決めた!

     524

     532
          ついにマッチポイント

長くなるので分けます。
続きは「2010世界バレー・ロシア優勝2」へ。

|

« Czech! | トップページ | 2010世界バレー・ロシア優勝2 »

コメント

ロシアの優勝! 圧巻でしたね!!
本当に強いロシアを見ることが出来て、最高でした。
特に今回のガモワは気力充実で、
勝利への執念と自信が漲っていました。
恵まれた体型から繰り出す、力強いアタックだけでなく、
テクニックも身につけて、
本当に上手い選手に成長したガモちゃんが
前回の大会で逃したMVPを今回はきっちりゲットして、
名実ともに世界No1プレーヤーだということを
証明してくれて本当に嬉しかったです☆
ロンドンオリンピックまで、まだまだ
ガモちゃんから目が離せないlovely

投稿: Tomtom | 2010.11.17 20:23

chaiさん、連日応援、お疲れさまでした。

この決勝のガモア、すごい集中力でしたね。確かに、この人は、エースを越えて
大エースになったsign03

以前のような、ブチ切れ(笑)自滅(笑)が、なくなりましたね。それには、若いコシェレワの登場と、困ったときのシャチコワの存在がなくてはならないものだと思います。
バレーって、本当にチーム・プレーだあ~って思い知らされました。

私は、この試合は、もちろん相手チーム、ブラジルの応援に全勢力をかけてましたが、ブラジルはやはり、セッターが安定してなかったですねdown
そう簡単には、北京五輪優勝時の大ベテラン、フォフォンのようにはいかないと・・・。

でも、ブラジルチームも次は、ロシアには負けてないですよ、きっと。
試合後の、あの全員一致の、マジ悔しそうな表情に、ひそかに期待してる自分ですhappy01

投稿: キャリー | 2010.11.17 21:30

>Tomtom
ガモちゃん、心技体と揃って、まさに今1番輝いてる!って感じでしたね。
以前の迫力のジャンプサーブも凄かったけど、今のフローターはさらに効果的でした。
勝利への執念、絶対に勝つんだという強い気持ち、背だけじゃなくそれも世界ナンバー1かも。
ロンドンオリンピックまであと2年。そのとき32歳になっているけど、今32歳のシャチコワがあれだけ動けるのだから、ガモちゃんもまだまだいけそうですね。

投稿: chai | 2010.11.18 01:35

>キャリーさん
ほんとにすんごい集中力でしたね。
あんなに集中しているガモワは初めて見たかも。
WGPのときのどこかのんびりした雰囲気とは全然別人でした。
そしてシャチコワ!コシェレワ!この3人がそろっているなんて反則です(笑) 課題だった、セッターまで育ってきて、ロシア強し!

ブラジルは、パウラとマリの離脱が痛かったですね。セッターも課題ですね。フォフォンの穴を埋めるのは難しいかもしれないけど、ブラジルのことだからロンドンではまた違ったセッターが育っているかもしれませんね。フォフォンが立っていたらびっくりだけど、それさえ可能な気がする(笑)
2年後が楽しみです!!

投稿: chai | 2010.11.18 01:45

初めまして☆ バレーは大好きで、今回の大会も1試合も見逃すことなく観戦しました。 お陰で胃が痛くなっちゃって・・・・。 バレーは好きですが詳しくは無いので、とても参考になります。 数年前のも見させていただいて、見覚えのある方や未だ現役の方とかいて なんか良いですね♪ これからも楽しみに拝見させていただきますね☆

投稿: UK | 2010.11.18 22:57

ロシア、今回いいチームでしたね。セットをリードされても自分たちが負ける気がしてないように見えました。

サイド3人衆は言わずもがな、普通に見ていられるドリブルしない若手セッター、怖顔センター(褒め言葉)、タトゥーのリベロ、そして「メルクロワじゃない人」としか認識してなかった新顔センター=ペルペル何とか(←うろ覚えの上に間違い)・・・見ていても楽しかった。
準決勝はサイドサイドで全く印象に残らなかったセンター陣ですが、決勝では、いいところでブロックを決めて、要所を締めていました。
小躍りするロシア人コシェレワ(決勝では不発)と、思いのほか活躍するペルペル何とか(しつこい!)に気を取られて、ガモワのMVP級の活躍を「普通」と認識していた、偏向ファンでした。すまん、ガモワ(笑)

投稿: きんた | 2010.11.18 23:11

こんばんわ!
お久しぶりです
ロシア優勝でしたね~
ロシアといえばやっぱガモア選手が
注目されちゃいますけど
やっぱシャチコワ選手ですよね!
彼女の渋いプレーと
精神的支柱はかかせないっす
追伸
相互リンクさせてもらってから
chaiさんのとこ経由でうちのサイトに来る人
結構いますよ!
感謝感謝!

投稿: 後方凡走 | 2010.11.23 21:41

>UKさん
はじめまして!
1試合も見逃すことなくって日本戦のことですか?
それとも全部の試合をネットやテレビや生観戦で網羅されたんでしょうか!?
日本、32年ぶりのメダル、凄かったですね!
サオリン以外、突出した選手はいないようなのに、チームとしてすごくまとまっていて、まさに全員バレーでしたね。
日本チームの写真も、そのうち出したいと思っています。

投稿: chai | 2010.11.24 18:03

>きんちゃん
ぺるぺるなんとかちゃん、生で見たときはあまり印象が残ってないんです。
決勝戦、席がコートに近すぎて、180cm台の選手ですら2m付近の選手たちの陰に隠れて見えにくかったからかしら。
ゴンチャロワはファイナルではほとんど出番がなかったのかな。
小躍りするロシア人コシェレワ、最高ですね。他にも、いつも眉毛が困った表情だけどめちゃめちゃ気が強そうだった、セッターのスタルツェワとか、強いだけでなくキャラ的にも目が離せない新生ロシア。楽しみですねーー。

投稿: chai | 2010.11.24 18:25

>後方凡走さん
シャチコワがいなかったら、今回の優勝はなかったでしょうね。
ひとりで本当にこれでもか、といいうくらい拾いまくってましたね。あの背で、しかも30超えて、あれだけ拾えるって、一体どんな体なんでしょうね(笑)
リンク、少しでもお役に立てて光栄です。
ここもしばらくずーーっと放置していたのですが、今回の世界バレーでまた火がつきました。
これからは少しマジメに更新していこうと思います。

投稿: chai | 2010.11.24 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/50056410

この記事へのトラックバック一覧です: 2010世界バレー・ロシア優勝1:

« Czech! | トップページ | 2010世界バレー・ロシア優勝2 »