2008.08.17

2008WGP / CHINA

     20080712a_074
         周蘇紅(Suhong Zhou)

     20080712a_170

Img_8736

     Img_8598

     Img_8600

     Img_8713

     Img_8727
           後ろは朋友・劉亜男

     Img_8797

     Img_8813

     Img_8816
           う~~ん、悔しい!!

Img_8840
      猛烈抗議。「おねーちゃん、ガンバって!」(ヌイヌイ)

周蘇紅が、今までとは別人のようだった。
どちらかと言うとクール・ビューティ、あまり表情に出さないイメージだったが、キミはブラジル人か!?というほど、喜びをいっぱいに表現し、咆え、叫び、時には思い切り悔しがり、若手に声をかけ、チーム全体を引っ張っていた。
昨年、新婚早々に、夫であり中国男子代表選手のメンバーでもあったタン・ビョウ(Tang Miao)が練習中に壁に激突、頚椎骨折の大事故に遭った。夫は選手生命が絶たれたのは勿論、一生寝たきりかもしれないという過酷な状況の中で、WGP中だった彼女は、中国に一旦帰国したものの、再びチームに戻り、手術で離脱していたヒョウ・コンに代わって、チームのキャプテンを務めた。その精神力にはびっくりしたが、1年経って、ひょっとしたら、あまりの過酷さにつぶれてしまっているかもしれない・・・と思っていたシュウ・ソコウ。ところが、以前より遥かに強く、逞しく、明るく、表情豊かになっていた。
夫の「僕たちふたりのオリンピック」という言葉を胸に刻んで、夫の分も戦っているのだろう。加油!周蘇紅

そんなドラマチックな周蘇紅とは対照的に、まだなんの屈託もない少女のよう、でもコートの中では迫力のスパイクで観客席を沸かせるのが、王一梅。(Wang Yimei)

     Img_8823
               ドスドスッ

Img_8661
           でもとっても乙女な王一梅

     Img_8573
   190cm、○kg(?)の身体から繰り出すスパイクは重く、迫力   

     Img_8596
          走る姿も女の子らしい

20080712a_156
        先輩たちに声をかけられる王一梅

     20080712a_137a

     20080712a_162

     20080712a_194
     サイドラインぎりぎりにスパイクが決まり、胸をなでおろす

     20080712a_197

20080712a_217

最終日、第3試合が早く終わって、体育館近くの並木道を歩いていたら、偶然、王一梅に会った。セツ・メイと手とつないで歩いていた。中国は、仲良しの女の子同士、よく手をつなぐそうだ。セツ・メイの方が3cmほど背が高いのに、彼女は痩せているせいか、オウ・イメイの方が大きく感じた。
英語は全く通じないようで、きょとんとしていたが、握手をしてもらった。大きくて柔らかい手だった。

今晩、日本と対戦する中国。さすがに日本を応援したいが、周蘇紅にはやっぱり頑張ってもらいたいと思う。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008.07.27

2008WGP / USA, CUBA, BRAZIL

USA

     20080712_136a
              Tom Logan

20080712_244
      鼻血を出したり、脇腹を強打しながらも、奮闘トム
        
20080712_256

20080712_278
             Stacy Sykora

20080712_315

20080712_368

試合後、かなり長い時間、レシーブについて後輩(ナマニ)に指導していたシコラ。こんな先輩が日本にも欲しい。

     20080712_309
             Glass Kimberly

     20080709_057_2
      縄跳び?? Nnamani Ogonna(ナマニ・オガナ)

     20080709_201

     20080712_246
              Scott Danielle

     20080712_273
     新鋭・20歳のフォルケ(Foluke Akinradewo)

CUBA

     20080712_064
              Ramirez Daimi

     20080712_006
              Carcaces Kenia

     20080709a_207
              Calderon Rosir

     20080709a_195

     Img_8880
              Ruiz Yumilka

     Img_8898
              Barros Zoila

Img_8923


BRAZIL

20080713c_070
         MVPのマリ(Marianne Steinbrecher)

20080713c_072
      スパイク、レシーブ、サーブと全てに大活躍

20080709_002
      初日・7/9、以前よりずっと表情豊かになったマリ

     20080712_060

     20080712_084
           7/12 勝利の瞬間

     Img_9140
           レシーブも格段に上手くなった。

Img_9205

その他のブラジル選手たち。

     20080709_156
              Sheilla Castro

     20080712_047

20080709_102
               Paula Pequeno

     20080712_081

Img_9162
               Fabiana Claudino

とりあえず3ヶ国だけ、何枚かピックアップしました。
日本、中国、イタリアは、次回アップします。

| | コメント (17)

2008.07.12

Zhao Ruirui

     20080709_394
            復活ヌイヌイ!!

     20080709_409
             渾身の・・・

     20080709_410
             あれ

     20080709_412
             いて~

20080709_447
           高さのあるブロック!

     20080709_455

     20080709_539_2
            何頭身!?

     20080709_532
           えなりくんとも仲良し!

     20080709_574

     20080709_590
            止めた~!

     20080709_593

4年ぶり、ヌイヌイが帰って来た!
右足のすねを痛め、アテネに出場したものの、最初の試合で同じところを骨折。担架で運ばれる姿は衝撃的だった。
その後手術をしたものの、あまり経過が良くなく、ヌイヌイのプレー姿を見ることはなかった。

昨年の2月、同じように膝を痛めていたヒョウ・コンと共に渡米。アメリカ監督・朗平の尽力により、ふたりはアメリカの名医による手術、リハビリを受け、復活。その間、たしかふたりは朗平監督の家でお世話になっていた。
これがヒョウ・コンのブログだが、1、2ページ目にリハビリ中のふたりの写真が何枚も載っている。

この4年間、大きな大会でヌイヌイを見ることはなかったけど、いつも候補にはあがっていた。あくまでヌイヌイにこだわる陳監督に中国マスコミの批判も集まっていたが、彼女の復活を信じ、あきらめずにいてくれた監督、そしてヌイヌイ自身に、ありがとうと言いたい。またこうして、彼女の明るい笑顔とダイナミックなプレーを見ることが、出来たから。
(以上、記憶を頼りに書いているので、もし誤りがあったら、教えてください。)

しかし今回の大会、中国は徹底して手の内隠しに見えた。まだ水曜日しか観戦していないが、コンビは極力使わず、ヨウコウ、ヨウコウ、オープンばかり多用していた。
ヒョウコンはじめ、選手たちはずっと笑顔。もう後がない、というときでも余裕の笑顔だった。

     20080709_417
              ヨウ・コウ

     20080709_420
             シュウ・ソコウ

     20080709_555
        スリム?になったが、不調だったオウ・イメイ

     20080709_529
        余裕しゃくしゃく、えなり君ことヒョウ・コン

オウ・イメイは本当に不調だったようだけど、他の選手は余力をたっぷり残しているようだった。
あまり本気モードには見えない中国チームだけど、今夜はどんな試合を見せてくれるのだろう。

| | コメント (15)