« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.08.17

2008WGP / CHINA

     20080712a_074
         周蘇紅(Suhong Zhou)

     20080712a_170

Img_8736

     Img_8598

     Img_8600

     Img_8713

     Img_8727
           後ろは朋友・劉亜男

     Img_8797

     Img_8813

     Img_8816
           う~~ん、悔しい!!

Img_8840
      猛烈抗議。「おねーちゃん、ガンバって!」(ヌイヌイ)

周蘇紅が、今までとは別人のようだった。
どちらかと言うとクール・ビューティ、あまり表情に出さないイメージだったが、キミはブラジル人か!?というほど、喜びをいっぱいに表現し、咆え、叫び、時には思い切り悔しがり、若手に声をかけ、チーム全体を引っ張っていた。
昨年、新婚早々に、夫であり中国男子代表選手のメンバーでもあったタン・ビョウ(Tang Miao)が練習中に壁に激突、頚椎骨折の大事故に遭った。夫は選手生命が絶たれたのは勿論、一生寝たきりかもしれないという過酷な状況の中で、WGP中だった彼女は、中国に一旦帰国したものの、再びチームに戻り、手術で離脱していたヒョウ・コンに代わって、チームのキャプテンを務めた。その精神力にはびっくりしたが、1年経って、ひょっとしたら、あまりの過酷さにつぶれてしまっているかもしれない・・・と思っていたシュウ・ソコウ。ところが、以前より遥かに強く、逞しく、明るく、表情豊かになっていた。
夫の「僕たちふたりのオリンピック」という言葉を胸に刻んで、夫の分も戦っているのだろう。加油!周蘇紅

そんなドラマチックな周蘇紅とは対照的に、まだなんの屈託もない少女のよう、でもコートの中では迫力のスパイクで観客席を沸かせるのが、王一梅。(Wang Yimei)

     Img_8823
               ドスドスッ

Img_8661
           でもとっても乙女な王一梅

     Img_8573
   190cm、○kg(?)の身体から繰り出すスパイクは重く、迫力   

     Img_8596
          走る姿も女の子らしい

20080712a_156
        先輩たちに声をかけられる王一梅

     20080712a_137a

     20080712a_162

     20080712a_194
     サイドラインぎりぎりにスパイクが決まり、胸をなでおろす

     20080712a_197

20080712a_217

最終日、第3試合が早く終わって、体育館近くの並木道を歩いていたら、偶然、王一梅に会った。セツ・メイと手とつないで歩いていた。中国は、仲良しの女の子同士、よく手をつなぐそうだ。セツ・メイの方が3cmほど背が高いのに、彼女は痩せているせいか、オウ・イメイの方が大きく感じた。
英語は全く通じないようで、きょとんとしていたが、握手をしてもらった。大きくて柔らかい手だった。

今晩、日本と対戦する中国。さすがに日本を応援したいが、周蘇紅にはやっぱり頑張ってもらいたいと思う。

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年12月 »