« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.28

2008OQT/POLAND1

20080524_255
          Poland won the ticket to Beijing!

20080524_262

20080524_275

     20080524_280

     20080524_283

20080524_288

20080524_298

20080524_311
          Skowronska & Dziekiewicz

セルビアに勝ち、40年ぶりのオリンピック出場を決めたポーランド。
この日(5/24)は、スコブロニスカが大活躍で、Kasia祭りだった。セルビアが2軍を出してきたからか、Glinkaは、最初ちらっと出たくらいで引っ込んでしまった。でも、北京行きが決まって、ひとりボロボロ泣いていたのが、グリンカだった。今大会、今まで見たことないほど気持ちがのっていたし、プレーも良かった。2003WC以来、初めて本気のグリンカを見た、と思った。
日本戦では、あと少しで負けてしまうというときに、チームのみんなに大きな声で檄を飛ばしていた。あのグリンカが!とびっくりした。普段なら、一番先にあきらめてしまうのに。

20080517a_074
      5/17 日本戦・第4セット 16-12 TTOの場面で。

前々からオリンピックには絶対行きたいと言っていたし、北京が終わったら子供をつくりたいらしいし、これが恐らく彼女にとって最後のチャンス。北京にかける意気込みがひしひしと伝わってきた。
日本戦では今ひとつ乗り切れなかったけど、それ以降は本当に大エース復活という印象で、今大会のベストスパイカーもグリンカだった。

20080517_379

スコブロニスカは、大会直前に首を痛めたということで、大会前半はあまり出番もなかったけど、後半は治ったのか、大活躍だった。特にこのセルビア戦は、一球一球に気持ちも体重ものって、鬼気迫る?感じだった。

     20080524_025

     20080524_036

     20080524_030

     20080524_076a

     20080524_169
               タグ

     20080524_144

     20080524_200
         この後しばしむせていた、Kasia

前にテレビで、愛称はカシアと言っていたが、カーシャだと思う。
スタッフの人たちもカーシャと呼んでいたし、ファンの人が「カシア」と呼んだら、コーチの人が「カシア?」と首を傾げて、ちょっと考えてから、「オゥ、カーシャね!」(ねは言ってないが)と言っていた。
ちなみに、グリンカはゴーシャ(Gosia)で、リクトラスはマーシャ(Masza)。グリンカは、WCのとき、「ゴーシャ!」と叫んだら、ぐふぐふ笑って(試合中・・)喜んでくれた。ポーランドの選手には、愛称で応援するのがいいと思う。(って終わってから書くなよーって話で、すいません、忘れてた~)

グリンカやスコブロニスカだけでなく、リクトラス、バランスカ、ベドナレクなど、注目する選手は沢山いた。ベドナレクがWCのときより遥かに良くなっていて、びっくりした。
私のまわりでは、「5番ちゃん、(もっと)ガンバレ!」というのも、ちょっとしたブームになっていた。(5番ちゃんとは、癒し系プレーヤー・チャシュキェビッチ。)
また他の選手たちも、アップしていきたい。

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2008.05.20

2008OQT/ Kazakhstan

20080517_091
   いつ切れるかハラハラドキドキ、主砲パブロワ

     20080518_424_2

20080517_249
 流れを変えるブロードが武器、ルイコワ改めジュコワ

20080517_142
 だてに顔が怖いわけじゃない、ムードメーカー、マトエベワ

20080517_130
      出るとサーブで集中砲火を浴びたピュロワ

今晩、日本ーカザフスタン戦があるので、とりあえずカザフスタンをアップ。(本当はポーランドやセルビアなども出したかったけど、時間がないのでまた後日アップします。)
土日2日間カザフの試合を見たけど、本当にひどい。今まで見た中で、1番モチベーションが感じられない。世界選手権で、アメリカやオランダとフルセットの死闘を演じ、朗平に「今後要注意」と言わしめた、同じチームとは思えない。何が違うのか、と思ったけど、それほどメンバーも変っていない。ライトのクバシェビッチがいないくらいか。
ポーランド戦、ベンチ前で見ていたら、監督がかなり怒っていた。それを見ていて、あ、監督が代わったのか、と思った。世界選手権のときは、見るからに好々爺という感じの監督だった。選手たちも楽しそうに、伸び伸びとプレーをしていた。調べたら、2006年世界選手権、2007年WGP、2008年今回と、全部監督が違う。これはやっぱり尋常なことではないと思う。協会ががたがたしているのか。選手は皆良い素質を持っているのに、本当にもったいない。

この2日間と同じなら、カザフは日本の相手ではないと思う。ポーランド戦のカザフは、サーブで崩され、何も攻撃が出来なかった。ディグで良いプレーがあっても、ブロックでワンタッチをとっても、つなぎが悪くてお見合いしたり、ぶつかったり。パブちゃんお約束の「切れ」の場面も何度かあった。同じ切れならスパイクの方で、たくさん見せて欲しい。
カザフに勝機があるとすれば、やっぱりパブちゃん頼り。とにかくキャッチが返って、パブロワのスパイクが炸裂して、全員のモチベーションがあがれば、勝機はあるかも。そして、パブちゃんとは対照的、冷静沈着、流れを変えられるジュコワにも期待。

20080517_210
     細いけど、恐らく精神力は一番タフ

彼女は昨年WGPで、登録名は「Rykova(ルイコワ)」なのに、シャツネームは「Zhukova」になっていた。前年の世界選手権のときから結婚指輪はしていたし、どうしてだろうと思って、WGPでサインを貰ったときに聞いてみた。そしたら、「ダブルネームよ」ということだった。正式には、ナタリア・ルイコワ・ジュコワ。ジュコワが夫の姓とか。
ついでに、「Zhukova」はどう発音するのか?と聞いたら、「ジュコワ」・・・この「ジュ」がフランス語の「ジュテーム」の「ジュ」のようで、難しい。
口をすぼめて「シュ」と息を吐く感じで「ジュ」と言うと、いいらしい。
って、そんなこと知ってどうする!て話だが。

全日本の写真も少しだけアップ。

     20080517_528
       今日もサーブで崩すか、木村サオリン

20080517a_169
     「今日の試合は・・・」 「明日もがんばります」

20080517_593

20080517_508

20080517_586
  なぜかポーランド選手にピントが合ってしまう私のカメラ

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008.05.10

World Cup / Poland

11/2 浜松

     Img_3626
         ずっと好調だった、スコブロニスカ

Img_3679
           いつも熱い、スコブロニスカ

     Img_3684
    そしてなぜかいつもタグがはみ出ている、スコブロニスカ

     Img_3734
         ちょっと体が重そうだったグリンカ

     Img_3784
            よいしょっと

Img_3637
         まあ話は聞いておこう

Img_3644

     Img_3587
      まさか戻ってくるとは思わなかった、シリバ

     Img_3662
        気の弱さはベルチク譲りか、サドレク

Img_3687
       またすごい美人(新人)が登場したなと思ったが

     Img_3792
        まだちょっと線の細い、センター・ベドナレク

11/3 浜松

     Img_4254a_2
            中央、リクトラス

Img_4246
      やっぱりブロックが魅力のポーランド

Img_4294

     Img_4331_2

     Img_4304

     Img_4322

Img_4431
 ポーランドからテレビ局が来ていた。よ~しゃべる、スコブロニスカ

11/4 浜松

     20071104_471_2
          キャプテン、ロスネル

20071104_396

     20071104_418
           ポドレッツ

     20071104_459_2

11/15 小牧

     Img_7493

     Img_7494

Img_7526
    悪い流れを何度も断ち切っていたリクトラス

Img_7544

11/16

試合後、表彰式のため、小牧からレインボーホールに移動して来た、ポーランドチーム。

20071116_648
      試合中とは全く雰囲気の違ったサビツカ

20071116a_021
        ちびっ子に大人気、ジェキェビッチ

20071116a_023
       〆はやっぱりこの人、グリンカ。底抜けに陽気

ポーランドチームで1番応援していたベルチクと、2番目に応援していたミレク。どちらも出ていなかったので、テンションは下がり気味だったけど、応援していたポーランドチーム。スコブロニスカがずっと好調だったのと、グリンカが代表に久々復帰したせいか、体が重そうで切れがなかった・・のに、本人はちっとも気にしていない風だったのが、印象的だった。

ベルチク、ミレク、バンベル、ピチャ、フラトチャク。「ニエムチェクの子供たち」は随分と姿を消した。
監督が変ればメンバーも一新されるので、仕方ないか。
OQTは、新たにバランスカが加わったということで、楽しみ。
器用でバランスの取れたバランスカ(シャレではないっす)のプレーを早く見たい。美人で国内でも人気が高いらしいが、相当自己主張も強い選手のようで、さらに楽しみ。一筋縄じゃいかないポーランド選手たちを、ボニッタ監督がどう掌握して動かしていくのか。手腕に期待。(+一抹の不安)

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2008.05.09

World Cup / Cuba

2007/11/07 仙台

     20071107_009
             カリーヨ

20071107_013
              ルイザ

20071107_004
         出番が少なかった、カルデロン

20071107_086

     20071107_068
              シリエ

20071107_027
          この日大活躍だったラミレス

20071107_080

20071107_097
              MIP受賞

2007/11/14 名古屋

Img_6699
          この日はルイザが大活躍

Img_6721

Img_6715
               カリーヨ

Img_6753
             若手、サンチェス

     Img_6755

     Img_6897
              MIPのルイザ

Img_6906

2007/11/15 名古屋

     Img_7214
              再びラミレス

Img_7218

     Img_7224
                サントス

Img_7354
               カルデロン

3ヶ月ぶりの更新。
画像のアップの仕方も、最初、思い出せなかったほど。
こんなに放置していたのに、今でも沢山の方に来ていただいて、感謝の気持ちと申し訳なさでいっぱいです。

今年に入ってプレミアの方は2回見ただけで、後はなぜか、入れ替え戦を見た。
しばらく本当に忙しくて、バレーを見る時間もなかったけど、やっと落ち着いたので、OQTから復活。OQTは5日間、観戦予定。その後、WGPもチケットを購入済み。
プレミアや入れ替え戦の写真もアップしたいけど、もうすぐOQTなので、とりあえず海外チームの写真をアップしていきたい。

OQTには出ないのに、なぜキューバ?・・・撮った枚数が少なくて、アップしやすいかな、と思ったから。でも意外と撮っていた。
試合の内容も忘れてしまったので、写真だけ、アップしていきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »