« World Cup/表彰式 | トップページ | 天皇杯・皇后杯/久光ーNEC »

2007.12.19

World Cup/Brazil1

20071104_315
       11/4 キューバ戦、勝利の瞬間。ジャケリネ。

20071104_317_3

     20071104_154
              11/7 アメリカ戦

     20071107_272

Img_6213

20071107_362

ワールドカップでは、好不調の波の大きかったジャケリネ。
キューバ戦では大活躍だったが、アメリカ戦では途中から失速。イタリア戦では早々とサッサと交代になった。
ドーピング騒ぎで暫く実践から離れていたのも痛かったが、久しぶりに彼女の豪快なプレーを見れたのは嬉しかった。

そしてもう一人のレフト、パウラ。
出産から1年ちょっと。イタリアのジョーリと同じく完全復活を印象づけた。

Img_6206
            11/14 イタリア戦。

     Img_6228

Img_6235

     20071107_283_2
               11/7 アメリカ戦。

     20071107_284

ジャケリネより安定感があるが、ケニア戦だったかブロックで止められたときには怒りの表情になって、むきになって打ってまた止められ・・という場面があった。こんな一面もあるのか、とちょっとびっくりした。でもセットが変わったら、すっかり落ち着きを取り戻していた。

WCから一ヶ月経った今でも忘れられないのが、日本戦、リベロのファビアナの足でのレシーブ。

     20071107_357
             アメリカ戦でのファビ

追いつくだけでも大変なのに、それを足で正確に返したファビ。でも彼女は、日本戦での選手紹介のとき、いつもキックで観客席の上の方までボールを運んでいる。ブラジルとオランダの選手のうち、何人かが毎回キックで客席にボールを入れているが、今まで見た中で一番上手かったのが、オランダのブロムとこのファビ。ふたりとも小柄だが、並じゃない運動能力を持っていそうだ。

Img_7048

上は、サーブが大きいと咄嗟に判断し、床に沈んだときの写真。(本当にサーブはアウトになった)
そして下の写真は、浜松最終日、キューバ戦勝利の後に、客席を埋め尽くしたブラジルサポーターたちにアピールしているファビ。

20071104_355

この日、5500人の観客のうち、恐らく5千人以上がブラジル人だったと思う。会場内、どこに行ってもポルトガル語しか聞こえてこなかった。
浜松は4月に政令都市になったが、その1割が外国人、そしてその多くがブラジル人だと聞いた。たしかに街中にも外国人が溢れていたが、浜松アリーナは完全にブラジルだった。キューバの選手が審判に抗議したときなど、会場が揺れるほどの大ブーイングで、ちょっと気の毒だった。

20071104_151
          大ブーイングに声もかき消され。

2に続く。

ちなみに、更新が滞っていてすいません!
12月は忙しいのと、先週インフルエンザに罹ったため、今期プレミア初観戦になるはずだった深谷にも行けませんでした。
お正月の天皇杯・皇后杯には行くので、来年早々にはレポをアップします。それまでは、WCの写真をアップする予定です。

|

« World Cup/表彰式 | トップページ | 天皇杯・皇后杯/久光ーNEC »

コメント

こんばんは。

ブラジルってやっぱりカッコいいです!
私もファビのキックレシーブには驚きました!
それがコートに返るんだから凄いと重います。

パウラやジャケリネのアタックも迫力満点で大好きです。

やっぱりブラジルは凄いなぁ~…

投稿: ひろ | 2007.12.19 22:04

お久しぶりです。インフルエンザは、完治されましたでしょうか?

chaiさんの画像を見て、楽しかったWCの日が甦ってきました。ブラジルチームは、本当に役者が揃っていて、いつも楽しませてくれますね。

初めて生ジャケリネを見て以来、ずーっとはまってますが、今はチーム全員が大好きです。
あの独特の気合いと明るさ、いつ見ても楽しいです。
今回は、ジャケリネに関しては、アップダウンが激しかったけど、その分パウラの安定したプレー、サッサのいつ替わってもOKのプレー、そして、いつも頑張るシェイラ、シャイだけど決める時には決めるファビアナ、やさしい気づかいのバレウスカ、運動神経抜群で、「来いよー!!!」の気合いのファビ、天才的なフォフォンのトス・・・語り始めたらキリがないです♪
また、ビール片手に語りましょう。

投稿: キャリー | 2007.12.20 21:30

chaiさんインフルエンザもう大丈夫ですか?
まだまだ寒くなるでしょうし、お体に気をつけてくださいね。

ジャケリネのプレーは地上波放送のあった日本戦でしか見ていませんが、日本戦を見ただけでも、「何だかジャケリネ安定してないなー」という印象を受けました。あそこまで調子悪そうなジャケリネを見たのは初めてのような気がします。
大会を通して彼女は好不調の波が激しかったんですね。
やはりドーピング騒動で試合から離れていたのが響いたんでしょうね…

パウラはグランプリ見てても思いましたが、出産されたのが嘘のようなプレーぶりでしたね。
前衛からのスパイクの迫力も、バックアタックの迫力も、出産前となんら変わっていなくてビックリしました(笑)

今まで何人かの選手が、足でボールを扱うのを見ましたが、ファビの日本戦での足レシーブは一番上手かったように思います。
足で上げるだけでなく、あの位置まで追いかけていってあげられた機動力がまた凄いですよね。

ブラジルはよく「トータルバランスが良い」みたいな話を聞きますが、こうやって見るとブラジルの選手たちって、やはりそれぞれが高い実力を備えているんだなー、と思います。

投稿: 椎太 | 2007.12.22 09:46

>ひろさん
ファビのキックレシーブ!
感動しましたね~~!
きっとサッカーをしてても代表になったかもしれませんね。
パウラもジャケリネも、決めた後の反応が、喜びいっぱい、表情豊かで見てても気持ちがいいですね。
遅くなったけど、ブラジルの他の選手も明日かあさってにはアップします。

>キャリーさん
インフルエンザは、タミフルのおかげで熱は下がっても、なかなかすっきり治りませんでした。ソ連A型、脅威ですよ~~。

ブラジルの各選手の特徴、まさにキャリーさんが書いてくれた通りですね。次の更新のコメントに借用しちゃおうかな(笑)
ファビアナもすごく頑張っていたから、写真をいっぱい撮りたかったのに、速すぎてなかなか撮れませんでした。そして、フォフォンがいてくれてこそのブラジルですね。
お正月、行かれますよね?私は久々の観戦なので、すごく楽しみです。試合後のビールももちろん楽しみにしてます!

>椎太さん
ありがとうございます。同じA型でも、ソ連は香港よりさらに強烈なので、椎太さんもぜひ気をつけて下さいね!

ジャケリネ、アップダウンが大きかったですね。
いつだったか、あまり調子が悪いので、怪我してるのかなあ?と思ってたら、翌日はばっちり!ということもありました。
安定感ではパウラの方が上ですね。ほんとに出産したの?って思いますね。日本選手だとあんな風にはなかなかいかない気がします。
ファビもキックレシーブ、最高でしたね!一体どれだけ運動神経がいいんでしょうね。
ブラジルは、ひとりひとりの能力が高いから、見ている私たちを楽しませてくれるんですね。これに精神面での安定感が加われば、鬼に金棒ですね。

投稿: chai | 2007.12.24 01:15

Hi ;) I'll write mail to you ;P you've got great foto ;P

see you ;]

投稿: kera | 2007.12.25 05:44

Bardzo mi miło,kera!
Dziękuję za pocztę.
Do zobaczenia.

投稿: chai | 2007.12.26 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/17420185

この記事へのトラックバック一覧です: World Cup/Brazil1:

« World Cup/表彰式 | トップページ | 天皇杯・皇后杯/久光ーNEC »