« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.12

World Cup/海外情報1

WCまであと3週間。
ヨーロッパ選手権は、ネットで試合を何度か見ることが出来たが、他の選手権は結果しかわからない。アメリカなど、WCに向けて相当メンバーが入れ変るようだ。わかる範囲での海外情報をアップしたい。

まずはそのアメリカ。

20061112_767_2
  昨年の世界選手権、ドイツに大逆転勝ちしたときのUSA

トムシコラリチャーズが、代表メンバーに復帰することになった。トムとシコラを含めて、今回の代表候補19人中9人が、Olympian(オリンピック経験者)。トムはアメリカのエースだし、シコラは経験豊富なリベロとして、守護神でもあり、精神的にも他の選手たちの支柱となる選手。オリンピックのとき、私が一番アメリカで印象に残ったのがシコラだった。普段リベロの選手にはあまり目が行かないが、彼女の気迫溢れるプレーは本当に印象的だった。またそのプレーを見れるのは嬉しいが、Jenny@朗平も心配している通り、アテネ以降3年のブランクがあり、その辺が気になるところ。
リチャーズは、アメリカチームには珍しく(と言っては失礼だけど)、可愛く華やかな選手。2年前、まだスタンフォードの学生だったときにWGPに初めて代表メンバーとして出場し、1試合ごとに良くなっていた印象がある。ここを見ると、父親も、かつてアメリカ代表チームのメンバーだった。

一番気がかりなのは、メトカフ。今期1度も代表メンバーとしてプレーをしていない。WGPのときも北中米選手権のときも、最初代表候補には選ばれていたが、12人には名前がなかった。
恐らく怪我だろうとは思うけど、どこにも情報が載っていない。アメリカバレーボール協会のHPも隈なく見たが、今回のWCのロースターのページに、今期まだ1度もプレーをしていないと書かれているのみ。

20061105_357
         中央・メトカフ。彼女はいずこに?

メトカフ不在で、今期はオポジットに、タイちゃんや若手レフトのウイルキンスが入ったりしていた。もしまたメトカフが出れないとすると、そこをどう補っていくのか。また、タイちゃん、バウンなど、故障あけの選手が多いのも、不安材料。(タイちゃんは腹筋を痛めていた)
でももしかしたら、トム爆発で、上位3チームに食い込む可能性も大いにあると思う。が、彼女は本当にWCに出場するのか?
トムは9月10日からチームに合流し、北中米選手権に出る予定で、ロースターにも入っていたが、結局出場しなかった。理由は、米バレーボール協会のHPによると、大会前の予備会議で全選手のパスポートを確認するが、その会議前にトムがカナダに到着しなかったから、というもの。しなかったのか、出来なかったのか、たまたまなのか?そもそも、いくら隣の国とは言え、彼女は別行動なのか?・・と、いろいろ疑問は残るが、シコラ加入でまたトムの気持ちも変るかもしれない。

1年ぶりに見るアメリカは、台風の目になるかもしれないし、大コケするかもしれない。とにかくふたを開けてみないと、わからない。
誰が12人に残るのか?ということも含めて、今から楽しみにしている。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2007.10.08

New Polska2

     Img_8386
         Maria Liktoras(マリア・リクトラス)

Img_8634

     Img_9692_2

ポーランドの嫌な流れを断ち切ったのは、いつもこの人、リクトラスだった。彼女はさすがベテラン!というプレーを随所で見せてくれた。
そして、もうひとりのセンター、ジェキェビッチも、初選出とは思えないほど見事なプレーを見せてくれた。彼女の明るさ、気迫も、チームにいい影響をもたらしたと思う。

     Img_9731

     Img_9840

Img_9671
  明らかなミスジャッジ?に猛抗議。でも、ひとり悟りのベルチク。

     Img_9678
         猛抗議の後、ジェキェビッチが決めた!

その他の選手たち。

Img_8496
           ピーターことシフェニェビッチ

     Img_9477

     Img_9443
        途中出場で、すごく嬉しそうだったロスネル

     Img_9526

     Img_9558
          おなじみ、スコブロニスカ

     20070819_267
     怪我から完全に復調しているようには見えなかった

Img_8619
  アンナ・ポドレッツ。つかまり出すと調子を落とすが、パワフル。

Img_9429
       身振り手振りで熱かった、ボニッタ氏

グリンカが帯同していた。彼女は毎試合後、チームメイトを労いに、コートに来た。出場していた誰よりも、みんなの注目を浴びていた。写真には写っていないが、足元はビーチサンダルだった。大阪の夏の暑さに、耐えられなかったのか?思い切りカジュアルな姿だった。

     Img_9874
     She was wearing casual dress like a Japanese Oyaji.

Img_8702
       But it's no matter, because she is Glinka!

先日、ポーランド・バレーボール協会が、ヨーロッパ選手権のメンバーを発表し、その中にはグリンカも含まれていた。
ポーランドは、2位以内に入れば、ワールドカップ出場権を得る。恐らくグリンカが、キープレーヤーになるのは間違いないだろう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »