« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007.06.24

2007WGP/各国情報1

本当に、久々の更新。
WGPまであと1ヶ月余り・・というわけで、まずはフランシー!

050718_045a_2
      一昨年WGP(仙台)でのフランシー

5/23~6/2まで行われた、中国国際4ヶ国トーナメント(中国、オランダ、キューバ、ドミニカ)に、フランシーが1年2ヶ月ぶりに出場!短時間で、スパイクの機会はなかったようだけど、キューバ戦とドミニカ戦に出場。コートへの復帰は早くてもWGPあたりかと思っていたので、本当にびっくり、そして嬉しい出来事だった。
こちらのサイトの「Nieuws」のところに、フランシーのインタビュー記事が載っている。そこには、(今回の出場で)病気になる以前の状態に戻れる感触を得た、ということと、夏にはもっといい仕事をしたい、という話が載っていた。
夏・・・まさにWGP!その公式HPを見ると、オランダのチームロースターのところに、フランシーの名前がある。8月10~12日の有明で、フランシーの本格的な復帰姿を、きっと見られると信じている。

050718_053_1
     豪快なスパイクをきめ、仲間と雄たけびを!

WGPの他チームのロースターを見ていたら、イタリアのジョーリの代表復帰が目を引いた。彼女はアテネ直前に代表から漏れ、それ以来、3年ぶりの復活だ。
アテネの直後に、イタリアのスポーツ誌のサイトで、ジョーリのインタビュー記事を見たことがある。そこには、「私はこの1年、ずっと代表メンバーとしてプレーをしてきたのに、アテネの直前に外された。それは本当に辛く悲しい出来事だった。でも私はまだあきらめてはいない。4年後に必ず再び代表メンバーに選ばれ、北京のコートに立ちたい。それはとても困難なことだろうけど。」とあった。その頃、引退も囁かれていただけに、ガンバレー!と応援したくなった。
が、その数ヵ月後に、ジョーリ妊娠の記事を目にし、ああ、やっぱりもうあきらめたのかな?と思った。でも出産後、再びコートに立ってから好調な様子で(今期、アタック決定率54%)、チームも優勝したので、もしかしたら・・?と期待していた。
今年のWGP、イタリアが日本に来ないのは残念だけど、これからのジョーリに注目したい。

     Img_1006
    母になっても「泣く子も黙る・・・」ド迫力は健在か?

そういえば、世界選手権でのイタリアチーム、まだアップしていなかった。イタリアの試合は、名古屋と大阪、合わせて3試合見たのに、殆ど印象がない。
世界選手権でのイタリアは、大会直前にボニッタ前監督をめぐってのボイコットや、解任騒ぎがあって、バレーどころではない状態だったのかもしれない。特に、騒動の中心にいたベテラン選手たちが、いつもの明るく陽気でエネルギッシュな彼女たちではなかった。カメラを向けても情熱が感じられず、写真も殆ど撮らなかった。
全体にくすんだ印象のイタリアチームの中で、アピールしていたのがチェントーニやフィオリン、グイッジなど控え選手たちだった。

20061116_236
       「ウフッ、アタシの出番ね」 左・チェントーニ。

     20061116_319

20061116_239
    アウトの判定に、「入ったー!」と猛烈にアピール

Img_1702
        ロシア戦。シャチコワを止めた!

Img_1703
        左・フィオリン。 右・グイッジ。

WGPイタリアは、ライトがトグット、チェントーニ共にいない。ふたりともリーグで活躍したので、9月のヨーロッパ選手権まで休ませるつもりなのか。ヨーロッパ選手権で2位以内に入ればワールドカップ出場は確実なので、ヨーロッパ各国とも、そちらの方に力を入れていると思う。
ボニッタ監督が新監督に就任したポーランドも、WGPのメンバーは知らない選手が多い。そのポーランドは、また次回、アップしたい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »