« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.28

黒鷲3~若手選手

20070503_210
         パイオニア、滝沢ななえ選手

20070503_457

20070503_459

公式戦、初めてのベンチ入り。リーグではいつも裏方の仕事をテキパキこなしていたが、ユニフォームを着た滝沢選手は、今まで見た中で1番いい表情をしていた。
彼女は本当に可愛いらしいが、練習見学などに行った人に聞くと、「可愛いだけの選手ではない」とのこと。本当に一生懸命練習をしているし、根性があるし、どちらかと言うと男前な感じらしい。試合に出るようになれば、女の子からも人気が出るんじゃないか、とのこと。菅山選手のような感じか。
今季はガッツが大活躍したが、来季はぜひななえちゃんも加わり、切磋琢磨して、成長していってほしい。

     Img_2807
        春高でおなじみ、JT・西山慶樹選手

      Img_2798

     Img_2784

     Img_2876
     年上だけど、西山選手と同期の坂下麻衣子選手

Img_2868_1
         青学戦、後半は若手選手たちが活躍

Img_2869_1
    引率者のようだった宝来選手。 「ハ~、疲れた」

JTは、位田選手はじめ、楽しみな若手選手が多い。
先日江藤選手が引退を発表して、熊前選手に続いて、世代交代かなあと思った。

Img_2881
         右、若手選手を見守る江藤選手

若手選手の成長は勿論楽しみだけど、全日本では、多治見選手や先野選手の「さすがベテラン!」というプレーを沢山見たいと思う。

     Img_2471
            NEC、泉夏子選手

     Img_2476a

逞しい身体に重い迫力のスパイク、でもサウスポーで器用なところもあり・・・と、出てくるたびに注目してしまう泉選手。来季リーグでもっと出場機会が増えてくれば、さらに飛躍してくれると期待している。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.05.19

黒鷲旗2~Riikka Lehtonen

     20070503_576a_1

     20070503_579

20070503_592_1

     20070503_357a

     20070503_359a

     20070503_104_1

     20070503_106_1

そんなわけで、リーカ。
黒鷲では、NECはパイオニアに負けて決勝ラウンドに進めなかった。が、リーカの活躍が心に残った。どこのチームもリーカつぶしで、サーブではリーカ、リーカ、リーカ・・・徹底したリーカ狙いだった。それでもつぶれることなく、奮闘。サマーシーズンはビーチをしているだけあって、トスも巧いし、パワーだけでなく、器用な選手だ。得意のクロスのスパイク以外にも、中央から切り込んでのスパイクやバックアタックも良かった。もう少し、リーカのバックアタックを使えばいいのにと思った。

でもリーカの魅力は、なんと言っても、その熱さ。吼える!吼える!リーカ。黒鷲中、何度も「この人ってキャプテンんだったっけ」と思ったくらい、大きな声で叫び、吼え、チームのみんなに声をかけ、指示を出し、励まし、チームを盛り立てていた。

20070503_661
   吼えるリーカ! 驚いて、後ろでガッツが倒れた。    かも

20070503_663
               ふーーーっっ

     20070503_516
    手で隠しているところを見ると、日本語で指示出し?

そして、パイオニア戦のファイナルセット、8-5でリードされてコートチェンジになったとき。

20070503_612
           ほらまだたったの3点!3点!

20070503_613
           みんな、これからよ、これから!

20070503_668
           13-14に追いついた

結局この試合は負けてしまったが、最後までチームメイトを鼓舞し続けたリーカの姿が忘れられない。
気になるのは今後の動向だが、リーカの公式サイトを見ると、5月8日付で「Riikka finished her season in Japan」という記事が載っていた。それによると、NECはリーカに残留を望んでいて、もう既に来季のオファーを出している。彼女はまだどうするか決めていないが、フィンランドに戻っていて、近いうちに結論は出るだろうとのこと。こうした記事が出るということは、後はきっと条件だけだろう。NECにはぜひ好条件を出して、来季もリーカを獲得してもらいたい。
昨年、日本に来たとき、チームメイトが誰も英語を話せなくて、苦労したというリーカ。でもすぐに気持ちを切り替え、日本語を勉強しようと決意し、努力をしてきたリーカ。彼女のプロフェッショナルな姿勢には、日本の若い選手も学ぶところが多いと思う。来季もぜひ日本で彼女のプレーが見たいし、「キャプテン・リーカ」誕生をひそかに願っている。

20070503_443_1
           来季はキャプテン??

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.05.09

黒鷲旗1~トヨタ車体

Img_2705
     アタック決まって大喜びの高橋翠選手。

Img_2707

Img_2531
         中央、センター及川選手。

Img_2599
         レフトの原田美樹選手。

Img_2687
            中央左、都築選手。

2日、3日と黒鷲に行って来た。
2日間見て、トヨタ車体は本当に雰囲気のいいチームだなあと思った。勝ち負け以上に、みんなでここでバレーをするのが楽しくて仕方ない、という気持ちが伝わって来た。
昨年の黒鷲では、翠ひとりのチームという印象を受けたが、今年はメンバーもだいぶ変って、もうそうした印象はなかった。プレー面で一番変わったのは、セッターに船崎選手が加入したことではないかと思う。

     20070503_029

20070503_014

去年までは、プレーが全体にバタバタしている印象だったが、船崎選手がセッターになってから、リズムが出た。アタッカーにもうまく散らしていたし、サーブも巧い。真後ろから見ていたら、狙ったところにどんぴしゃでサーブが飛んでいた。

そして、去年ほどは目立たなくなったけど、やっぱりキャプテン翠選手の存在は大きい。ここぞというときに決めていたし、若い選手を励ましたり指示を出したり、チームを引っ張っていた。チームの雰囲気の良さは、彼女の明るさによるところが大きいと思う。

     20070503_015a

     20070503_019

Img_2713

新人の都築選手も今期1年、本当に良く頑張ったなあと思う。
新人なのに随分落ち着いてるなあと思って、今プロフを見たら、大卒なので23歳。あさってで24歳になる。車体のエースとして、これからの成長が楽しみだ。

     Img_2625
            都築選手

他には、ブロードが得意で、どんなときでも大きな声で叫んでいる及川選手とか、いつも笑顔の田辺選手とか、みんな実に楽しそうにプレーをしていて、思わず応援したくなる雰囲気を持っている。

     Img_2556
            及川選手

20070503_042
            田辺選手

パイオニア戦は、ストレートで負けたものの、どのセットとも接戦だった。足の怪我で出られなかったアンジェリカがもし出ていれば、どうなったかわからなかった。

     Img_2508
      試合中は、出られなくて無念そうだったアンジー

アンジーは、年齢や背の高さがフランシーと同じくらい。真面目で誠実そうな雰囲気とか、見ていてフランシーと重なった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »