« 1/13 パイオニア-久光(越谷) | トップページ | Japan1 »

2007.01.22

番外編/男子バレー・世界選手権・最終日

世間はすっかりプレミア一色。
なのに、世界選手権。しかも、男子??でもわたし的にはとても楽しい観戦だった。世界選手権・最終日、日本戦や決勝のある代々木ではなく、東体に行った。

あまり知られていないが、男子の最終日の日程は、直前になって変更された。女子であまり批判が多かったせいか、日本戦の後に決勝戦が行われることになった。(実際には、20時20分から決勝開始!)
そして急遽、東体の1試合が、代々木の第1試合に回された。ひどいなあ、直前に試合数が減るなんて、と思っていたら、会場で2千円返金された。3千円(アリーナ)で、ドイツーアメリカ、イタリアーフランス戦が見られ、世界バレーストラップを「いくつでもどうぞ」ともらえたので、ちょっと得した気分だった。

さてそのドイツーアメリカ戦。9-10位決定戦で、ドイツは世界ランキングが32位、アメリカ5位。当然アメリカが勝つのかと思ったら・・・

20061203_280_5

フルセットでこの展開。さぞいい試合だったと思われるだろうけど、これがもう笑っちゃうくらい大味な内容で、特にUSAにやる気nothing、前半はミス、ミス、ミス・・の連発で、自滅状態。ここまで大雑把な試合が出来るって、ある意味凄いなUSA。
結局ドイツが勝って、大躍進の9位に大喜び。

20061203_197
  打って打って打ちまくっていた、ドイツのパンペル

20061203_299
              勝利の瞬間

20061203_253
 手前は、止めまくっていた(ブロック9本!)ヒューブナー

20061203_254
            ちょっとカーン似?

このふたりがやたら印象に残った。後でパンフレットを見たら、「チームの強みはスターの存在・・・スターとは、パンペル、ヒューブナー・・」と書かれていた。2人ともイタリア・セリアAで活躍している選手だ。
ドイツは個人技のチームという印象だった。そしてやっぱり背が高い。

      20061203_013
        2m2cm!のセッター、デーネ。

女子のドイツチーム(近々アップ予定)を見たとき、なんて熱いチームなんだ!と驚いたけど、男子も熱かった。女子のときのようにドイツ人の応援は来ていなかったけど、アップゾーンで「ドイッチェ!ドイッチェ!」と大盛り上がり。勝利の後は、胴上げしてお祭り騒ぎだった。

ドイツーアメリカ戦の後は、5-6位決定戦のイタリアーフランス。
男子には詳しくない私でも、アテネ決勝など見ていて、イタリアの印象は強かった。
「イケメン軍団を見る」というのが、今回の楽しみのひとつだった・・・はずなのに、なぜか最初に目が行ったのは、この人。

20061203_353
         中央、リベロのコルサーノ。

20061203_354
           いい味出してたな~。

イタリア人の応援が沢山来ていたが、フランス国旗など持った、日本人女性ファンもちらほらいた。
私の隣の女性もフランス応援で、特にこの選手を応援していた。

      20061203_370
         フランスキャプテン、アンティガ。

アンティガの髪が、王子様風というか70年代風というか、とにかく日本人には真似出来ないものだなあと思った。それはともかく、どんなプレーなのか楽しみにしていたのに、第一セットに少し出ただけで、引っ込んでしまった。残念。

TBSでひたすらプッシュしていたのが、イタリア、チゾーラ。

20061203_364

私が見た特集番組では、「チゾーラのお宅拝見」「寝室拝見」「ファッションチェック」・・・などやっていて、それより試合の映像を!!と思った。

      20061203_379_1

20061203_577a
        打つ瞬間、必ずほっぺが膨らむ、チゾーラ

      20061203_456
        後ろから見ても、ふくらみがくっきり。

イタリアの1番の得点源は、チゾーラ。そして、たしかにイケメン。
でもでも、なんだか物足りない。フェイのようにパワー炸裂というわけでもなく、迫力があるわけでもなく、なんとなく決まっていく。決まるんだけど、どこか自信なさげで、頼りなげに見えてしまう。きっと線の細い人なんだろうけど。

      20061203_528
     長身から繰り出すスパイクが強烈だった、フェイ。

チゾーラは、あまりレシーブが得意じゃないのか、相手サーブを待っているときが1番不安そうだった。

      20061203_403

その横でパピが同じ構えをしていたが、こちらはどっしり安定感。

20061203_588

チゾーラを見ると、不安になり、横にいるパピを見ると、大丈夫だ!という気持ちになった。
パピはやっぱりスーパースターだなあ、と思った。オーラが他の選手と全然違う!!
打つ本数は少なくても、要所要所できっちり決める。決めるとイタリア人応援団も「パッピ~~~~!!!!!」と大絶叫。チゾーラが決めても普通に「チッソ~ラ!」(そう発音していた)と声がかかるだけだが、パピのときは床を踏み鳴らし、叫ぶ!踊る!応援団のボルテージも最高潮になっていた。

20061203_554

20061203_630_1
       腐っても(腐ってないけど)、パピ。

20061203_648
       勝利後、にこにことっても嬉しそうだった。

この試合の後、パピの代表引退が発表された。
これが代表最後のプレーだったわけで、それが見れた私は本当にラッキーだった。

この他、イタリアといえば、セッターのベルミリオ。

      20061203_507

      20061203_513

パッと見はチゾーラと似ているが、雰囲気は全然違う。どちらかというと冷徹な感じ。セッターだから当然かもしれないけど。サーブもすごく良くて、エース2本決めた。
雰囲気は違っても、カメラを向けられたときの反応は同じ。

20061203_665
       カメラ、即、投げキッス。条件反射?

20061203_677
ぐったりしてたのに、カメラを向けられると即ピース。&投げキッス。

|

« 1/13 パイオニア-久光(越谷) | トップページ | Japan1 »

コメント

何てタイムリーな!(笑)
chaiさんと思考回路が似てるのかわかりませんが、今日お休みだった私は、何か違うものが観たい、と、CS録画してた男子の世界選手権を見直してました・・・。録画してた2次R/プールFでのイタリア-フランス戦では、フルセットでフランスが勝った事もあって、プレーではグランボルカ選手(仏)、ビジュアルではセンターのバドル選手(仏)の髪型に目が釘付けでしたよ。
いい男チゾーラのアタックの瞬間、ビデオでもチェックできるかな? また見直してみます(笑)
そして、ドイツ女子特集ですか! これまた楽しみに待ってます!

投稿: きんた | 2007.01.23 00:17

世界トップのプレー♪うらやましい!
男子は全然わからないけど…
わたしもいつか男子の国際試合見に行きたいです!
迫力とかすごいんでしょうね!

投稿: tifiso | 2007.01.23 01:46

投げキッスをしてますね
女子ではブラジルの選手たちがよくカメラに群がりますね、あとロシアの選手もカメラに投げキッスをした時はびっくりしました。
あとカザフスタン女子チームが07ワールドグランプリに
タイの変わりに参戦をするという記事がfivbに載ってたんですけど本当なのかな?

投稿: パブムチェワ | 2007.01.23 02:50

chaiさん初めまして。そしてこんばんは。椎太と申します。
あるサイトでフールマン選手復帰の記事をChaiさんが取り上げていらっしゃるのが紹介されていて、それ以来毎日このブログを拝見させて頂くようになりました。
chaiさんが撮影されている写真には何かこう、上手く表現できないのですが躍動感があったり、美しさがあったり、僕が見落としてしまっている選手の皆さんの色々な魅力が詰まっていて、いつ見ても惚れ惚れしてしまいます。
コルサーノ選手素敵ですね(笑)ベテランなのに茶目っ気たっぷりで。寧ろベテランだからこそ、ですかね?お茶目な感じがしますけど、パピ選手といいコルサーノ選手といい、やっぱりベテランは雰囲気ありますね。アンティガ選手も堂々としたベテランのオーラ出しまくってますし。
僕はフランスの選手の中では日本戦で出てきたオポジットの控えのカスタール選手が一番印象に残っているんですが、彼が打ちまくる横でアンティガ選手は黙々とレセプションをこなしていて、カスタール選手とは別の意味で印象に残っています。
読みづらい長文になってしまい申し訳ありません。今後も応援していますので、これからも頑張ってください!

投稿: 椎太 | 2007.01.23 19:52

>きんたさん
それは奇遇ですね!
私もなぜだか男子の試合を取り上げたくなって、アップしました。
私ときんたさん、前世はオランダ(美人)姉妹で繋がっていたのかもしれませんね(笑)
二次ラウンドのフランスーイタリア戦、見てみたかったです。最終日は、メダルに縁がなくなったせいか、モチベーションがだいぶ下がっているように見えました。
イタリア中心に見ていましたが、私もグランボルカ選手はうまいなーと思って印象に残っています。
チゾーラは、サーブでもレシーブでも、瞬間、必ず頬をふくらませるので、チェックしてみて下さいね。

>tifisoさん
高さとパワーが圧倒的で、迫力がありました。
ただこの日は、メダルと無関係だったせいか、選手もどこかリラックス。観客も少なかったけど、その分、一体感があり、アットホームな会場の雰囲気でした。
応援するイタリアの人を見ているだけでも楽しかったですよ~!ぜひ機会があったら見てみてくださいね。

投稿: chai | 2007.01.24 00:50

>パブムチェワさん
ガモワやシャチコワも、投げキッスしてましたね。
絵になる風景でした。
カザフ、WGPに出場するんですね!
日本に2回も来てくれるなんて、ラッキーー。
日本戦では、あの会場の雰囲気にのまれそうな気もするけど、カザフバレーの底力を見せてほしいですね。
8月が楽しみです!

>椎太さん
はじめまして!
いつも見ていただいて、有難うございます。
女子も男子も、若手もベテランも、それぞれの選手に個性があり、魅力があるので、それを写真で少しでも伝えられたら、嬉しいです。
コルサーノ選手、いいですねー。あの明るさ、力の抜け方!
やっぱりベテランの味なんでしょうね。パピもアンティガも、落ち着きと包容力を感じました。
日本ーフランス戦は見逃したので、カスタール選手はちょっとわからないのですが、まだ若い選手なんですね。ベテラン選手がしっかり脇で支えてくれているので、伸び伸びプレーが出来るんでしょうね。
まだ暫く世界選手権+プレミアで、いきたいと思います。
これからもよろしくお願いします!

投稿: chai | 2007.01.24 01:20

chaiさん、御久し振りです。こんばんは。
自分は男子バレーには興味が無いのですがchaiさんの写真と文章の絶妙なコラボレーションに楽しく最後まで拝見しました。本当に文章が巧くて最後まで飽きさせず読ませて頂かせてもらえますね。
chaiさんのレポートを読むと自分の文章の下手さ加減に気が付き勉強になります。

投稿: カナボン | 2007.01.24 21:43

>カナボンさん
こんばんは。
有難うございます!これをアップしたとき、「男子は興味ない」って言われるかも・・とか、コメントが全然つかないかも・・と思っていたんです。楽しんでいただけたようで、嬉しいです。
カナボンさんのブログからは、加奈ちゃん応援の気持ちがひしひし伝わってきます。まだ東レの試合を観戦していないのですが、心配ですね。でもきっと、ファンひとりひとりの気持ちが大きなものになって、加奈ちゃん復活の支えになると思います。

投稿: chai | 2007.01.25 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/13581761

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編/男子バレー・世界選手権・最終日:

« 1/13 パイオニア-久光(越谷) | トップページ | Japan1 »