« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006.05.29

武富士・足立留美選手

さて100万記念に・・・ということとは関係なく、武富士の足立留美選手。
今回黒鷲に一緒に行った友人がお目当てだった選手。
以前から、「ルミさん特集書いてね!」と言われていたが、私も好きなプレーヤーのひとりなので、いつか書きたいと思っていた。

黒鷲では、私が見たのは予選2日と決勝1日目。
ルミさんが活躍するまでもない試合だったので(どれも大差で勝利)、あまり印象はない。

Img_2149_1
        初日、三菱東京UFJ銀行戦。

Img_2561_1
        2日目、福岡教育大戦。

20060504_020_1
        3日目、三洋電機大阪戦。

印象に残っているのは、予選2日間はあまり気乗りしない表情だったのが、決勝1日目、サンヨー戦になると急に表情が厳しくなっていたこと。
それと、初日の試合後に間近で見たときは、なんて肌の綺麗な人なんだろうと思ったけど、3日目(決勝1日目)の試合後に見たときは、肌にすごく変化があって、やっぱりストレスなんだろうなあと思った。
きっとバレーをやめて普通の生活に戻ったら、いつでも美白のおねーさんなんだろうな。まだまだ続けてほしいけど。
ちなみに出待ちで見たルミさんは、コートで見るよりはるかに垢抜けて綺麗だった。試合中は、髪をひっつめているのと、やっぱりあのユニフォームのせいかな。

ルミさんのプレーをはじめて生で見たとき、まだアルタモノワ選手がいたので、最初はアルちゃんのすごいスパイクにばかり目が行った。
が、見ているうちに、あのもうひとりのレフトの選手もすごいなあ、アルちゃんより遥かに小柄なのに、右に左に自在に打ち分け緩急をつけ、やたらうまい!おまけにどう見てもバレー選手には見えない。
お茶かお花の先生かな。和服が似合いそう。でもプレーはすごい。不思議な選手だなあ・・・。
と、それが最初の印象。
それ以来、ルミさんのプレーには注目してきた。

12回Vの武富士の試合で、忘れられないのは、1月神戸での久光戦と、大阪セミファイナルの東レ戦。
どちらもルミさん大活躍で、ルミさんがいなかったら勝っていなかったと思う。

20060122a_081
  神!だった久光戦。アタック決定率、60%超!!

20060122a_105a

20060122a_113a

上の写真、控えめながら、以前ブログに書いていた「荻野選手の真似っこ下ガッツ」だと思う。
グラチャンをチームみんなでテレビ観戦し、叫びながら下でガッツポーズする荻野選手の真似をしよう、ということになったらしい。
バンブーのHPには選手全員のブログが載っているけど、私はルミさんのところだけお気に入りに入れて見ている。ルミさんの書く文章は、あっさりしているけど、面白くて、なかなか味わいがある。試合やプレーのこともよく書いていて、読んでいると、本当にいろいろ考えてプレーしているんだなあ、と思う。
高さとパワーの久光、東レ。この2チームとの対戦でルミさんが大活躍するのは、よほど研究し、技と頭脳プレーで対抗しているからだと思う。
下は、大阪セミファイナルでの東レ戦。

20060225_411
              どりゃ~~!

20060225_412a
              きまった~

20060225_453
              もういっちょ

20060225_454
              あ~~~

この東レ戦でも、翌日のパイオニア戦でも見せた、ルミさんのすごい技(?)。
スパイクが打てず、相手にチャンスボールを返すだけになったとき、ルミさんは、両手を猫のように丸め、それをえいっと前に突き出し、パンチング。これが相手コート、サイドラインぎりぎりに落ち、誰も動けないまま、決まる。
名付けて、「ウルトラミラクル猫パ~ンチ」!
・・・って全然強そうじゃないな。
見た目も迫力なさげに見えるけど、意外とスピードもあるんじゃないかと思う。
いつかこの猫パンチをカメラにおさめたいと、ひそかに狙っている。

試合半ばや、連戦になると、肩で息をし、疲れが見えてくるルミさん。
でもあの技の数々や状況判断は、若い選手にはとても真似が出来ないものだと思う。
これからも、あっと驚くプレーを見せていってほしい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.05.24

100万ヒット!!

おかげさまで昨夜、100万ヒットしました!
親子でいつもここを見て下さっている方に当ったようで、私もとても嬉しいです。
お子さん、バレーこれからも頑張って下さい。ご希望の画像は、今週中にお送りします。

そして、いつもここを見て下さっている皆様、ありがとうございます。
始めた頃は、こんなに沢山の人に見てもらえるようになるとは思ってもいませんでした。
メジャー・マイナー、国やチームに関係なく、イイ!と思った選手やプレーを取り上げていたら、少しずつアクセスが増え・・・という感じでした。
これからも、自分が楽しめて、見ている方にも楽しんでいただけるようなブログを作っていきたいと思います。
よろしくお願いします。

・・・と、そんなわけで、たまにはこのどっぷりバレー三昧な日々を振り返ってみようかと。

来月末でちょうど2周年。
管理画面を見ると、記事数が238。
ってことは、1ヶ月にほぼ10こずつアップした計算になる。
そんなに書いたかなあ?
書けない時は無理に書かないようにしているので、そんなに沢山書いた気はしない。

いただいたコメントは、千を超えた。
はじめて1年間は、アクセスは増えてもコメントがちっともつかず、ひじょーに寂しかった。
バレー会場で出会った方に、「記事は面白いけど、コメントが書きにくい。特に海外話題は、こちらがよく知らないと、気後れして書きにくい。」と言われた。
そうなのかー、と思い、お気軽にコメント下さい、と記事の中で呼びかけた。
それと、それまではどこかおざなりだったレス(すんません)を改め、丁寧なレスを書くように心がけた。
そしたら次第にコメントがつくようになった。

2年間で特に辛かったことはない。
大変なのは、仕事等で本当に忙しくて時間がないとき、疲労困憊しているとき。
ここはバレーに特化したブログなので、私のそんな個人的なことを書いてもしょうがないしなー、と思って書かないようにしている。レスが遅いときは、多分そういうときなので、ご理解いただければと思う。

うちは、写真がメインと思っている方も多いかもしれないが、一応私の中では、文章メイン。写真は、文章に説得力を与えるためのものと思っている。
でも時間がないときは、写真のみベタベタ貼って誤魔化しているので、写真メインと思われても仕方ないか。
写真は、学生時代にずっとやっていたので、撮るのも見るのもすごく好き。その割にあまり知識はないが。
でも写真は習うより慣れろ、とにかく枚数多く撮って、失敗重ねて試行錯誤して、自分なりの撮影スタイルをつくっていくしかないと思う。

デジイチを買ってから、バレー以外のスポーツ写真も沢山撮った。バスケ、水泳、陸上、テニス。
でもバレーが、いちーっっっばん難しい!!
バスケが難しそうとよく言われるが、バスケはボールを持ってドリブルしているだけでも、パスを回しているだけでも、絵になる。バレーは、打つ、止める、拾う、その瞬間瞬間が勝負で、その一瞬を撮り逃したらアウト。そこが難しい。
私は、バレー写真(スポーツ写真)は、愛と集中力の産物だと思っている。愛がなければただの報道写真になってしまうし、愛があっても集中力が切れると途端に撮れなくなる。ここ1番のプレーも、最高の表情も、撮り逃してしまう。

文章に関しては、気をつけていることはいくつかあるけど、特にはふたつ。
読んだ人が不快にならないようにということと、平易で読みやすい文章を、とそのふたつ。
不快にならないようにというのは当然かという気もするけど、だからと言ってマンセー記事は書きたくない。
パイオニアファンと言っても、全て良しというわけではないし、試合を見ていて「もっと気合入れろー」と思うこともしばしば。
言いたいことははっきり言いたいが、傷つけるような書き方はしたくないし、とその兼ね合いが難しく、いつも悩む。

ブログは検索に引っかかりやすいので、選手本人や選手の家族など身近な人が、たまたまここを見てしまう可能性もある。実際、以前、選手の身近な方からメールをいただいたこともある。
その点、海外選手はその可能性がまずないので、とても気楽。ノリノリで書ける。
私は海外オタだが、特に誰のファンというのはなく、チームごとに興味を持っている。
たとえばポーランドは、個性が本当にバラバラで、まとまりがあるのかないのか(ないな)、強いんだか弱いんだか、やる気があるのかないのか、わからないところが好き。
今年は世界選手権があるので、今まで見たことのない国の選手やプレーが見れるのを、楽しみにしている。

このブログを始めて1番変化があったのは、バレーファンの友人知人が沢山出来たこと。
そして、私自身が一般的ファン(?)から濃いファン(??)に変ったこと。
試合が終わると即帰っていた私が、出待ちをするようになって、そこで見る光景など、いろいろ驚くこともあったが、人のことより自分のこと。12Vは突っ走って来たが、反省すべき点があったら反省して、やっぱり少しでもいい応援がしたいし、いいファン(それが何を指すのかはよくわからないけど)でいたいと思う。

少なくとも、ファンは選手を選べても、選手はファンを選べない。
ある日突然、「ファンになりましたー」とやって来るわけだから。
突っ走りつつも時々立ち止まることが、ファンである上でも、ここを運営する上でも、必要なんだろうな。

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2006.05.22

明日

先日お知らせした100万のキリ番。
恐らく明日23日(火)の夜に行きそうなので、ゲットした方はぜひご一報ください。
写真なんて要らないよ、という方でも、とりあえずご連絡いただけたらと思います。
よろしくお願いします。

ここは海外からのアクセスも多いので、心配になって100万ゲットページに英文メッセージも付け加えた。
準備万端。と思いきや、一部携帯からのアクセスがあり、携帯だとカウンターがちゃんと表示されないので、恐らくゲットページも表示されないだろう。
ま、そのときはそのとき。
それより、自分がとらないようにしよーーっ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.21

黒鷲旗~武富士・石川友紀選手

今年の黒鷲は、武富士ファンの友人と一緒に行ったので、3日間ずっと武富士の試合を見た。
毎日見ていたら、段々と愛着がわいてきた。
パイオニア以外の出待ち風景も初めて見て、なかなか興味深かった。

まず初日、見たことのない若い背の高い選手がコートにいたので誰だろう?と思ったら、石川友紀選手だった。
この人が代表候補になった石川選手か、と思って注目して見てみた。

Img_2132_1

初日はとりあえず出た、という感じ。緊張していたかな。
2日目は、大活躍だった。

Img_2566_1
            ブロック絶好調

Img_2575_1 Img_2567_2 Img_2570_1
 
Img_2580
     スパイクもかなり打点をあげていたのでは

Img_2596_1 Img_2598_1 Img_2614_1

チームのみんなが石川選手に決めさせようとしていて、彼女が決めるたびに大喜び、駆け寄って声をかけて・・と、すごくいい雰囲気だった。
石川選手自身も明るい!笑顔が可愛い。
なんと言っても、あの高さが魅力だと思った。武富士のブロックが急に厚みを増した感じ。内藤選手がライトに入っての2枚は、かなり効果的だった。
それとなかなか器用な選手で(トスもうまい)、将来が楽しみだ。

Img_2595 Img_2611_1

試合が終わって、友人が出待ちをすると言うので、バスの近くに立っていたら、そこに石川選手が来た。
そのあたりは、本物の(?)バンブーファンと、出入りするファンとで人がごった返していたが、なんとなく花道のようになっていた。
そこを、石川選手は両手をぴっと前に揃え、「お疲れ様です」と、あちこちぺこりぺこりと頭を下げながら通り過ぎていった。
私もお辞儀をされ、思わず「お疲れ様です。」
その石川選手の様子がなんとも初々しくて可愛くて、まわりからも笑いが起こっていた。

きっとチームメイトから可愛がられ、ファンからもどんどん人気が出るだろう石川選手。
今の初々しさをずっと持ち続けて欲しいなあと思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.05.20

モントルーバレー

暫くどこの国もリーグ話題ばかりだったので、海外サイトをチェックしていなかった。
久々にあちこち見てみた。

先ずはモントルーバレーのHP
チームロースターが出ていた。(ロシアとキューバはまだ)
中国、ブラジルはおなじみのメンバーだったけど、イタリアとポーランドは若い選手が多くて、誰が誰やらわからない。
特にイタリアは、ベテランはリニエーリくらいで、あとはフィオリン、オルトラーニはじめ、18~20歳くらいの若手選手がいっぱい。
ロビアンコも控えセッターのフェレッティもいないので、誰がセッターなのかもわからない。
ここから12人に絞られるとしても、本当に若い布陣になるだろう。

ポーランドも、ベテランはリクトラスくらいか。半分は、全然知らない選手で、17歳の選手もいる。
グリンカもスコブロニスカもムロズもいない。
少年もピーターもいない。

050626a_020_1    051120_437
 少年。     ピーター?

ドイツもグリュンやドムラーの名前はあるが、若い選手が多い。
去年もこんな感じだったかと思って見てみたが、去年はイタリアもポーランドもベストに近いメンバーで来ている。
今年は世界選手権があるし、その前にヨーロッパ選手権もあるので、こうした小規模の大会には若手しか出さないのかも。
この分じゃ、ロシアもガモワなし、知らないメンバーばかりで来そうだ。
CSで毎日放送があるというので、久々の国際大会だし、楽しみにしていたが、ちょっと残念だ。
ヨーロッパの国々がこうした布陣なので、日本も勝ち負けにはこだわらず、ぜひ若手選手や初選出の選手をどんどん起用してほしい。

イタリアでは、1年ぶりに見られる(多分)フィオリンに注目。
去年、ワールドグランプリではあんなに活躍していたのに、秋のヨーロッパ選手権ではメンバーから外れた。
ラストひとり、どちらにするかで、チェッラがIN、フィオリンOUT。つくづくイタリアは層が厚いんだなあと思った。

Img_0702  Img_0518a
       フィオリン。            チェッラ。

ポーランドでは、バンベルに注目。
今年24歳、センターで187cm。

050626_047b

グラチャンでのていたらくに怒りまくっていたニエムチェク監督が、「唯一の収穫」と言っていたのが、このバンベル。
スパイクは囮で飛んでいた印象しかないが、ブロックが良くて、どの試合も4本5本と止めていた。
WGPのときも時々出ていたが、そのときは印象が残らなかったので、今が伸び盛りなのかも。

このバンビーちゃん(愛称)、割といつもボーッとしてしている。
笑顔は見るが、喜怒哀楽の「喜」の表情しか見たことがない。試合中にまわりが激しく抗議していても、ボーッとしている。いつも表情が殆ど変らない。
まだ慣れていないのか、元々おっとりしているのか。
いつかエキサイトした姿も見てみたい気がする。

下は、WGP閉会式後、バボちゃんと記念撮影をしようと集まったチームメイトを撮ろうとして、悪戦苦闘するバンベル。

050626a_923a 050626a_924a 050626a_926a
  撮りますよー   シャッターが降りない  そうだ、フーしてみよう

カメラに一生懸命フーフーと息を吹きかけていたが、フーしてもカメラは動かないと思う・・・・(笑)
途中であきらめていたが。
やっぱり天然系かも。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006.05.17

キリ番

現在カウンターが、989012。
あと1万ちょっとで100万になる。
来週中には行きそうなので、キリ番ページを作った。
100万を取った人の画面が、自動的に「100万ゲットページ」に切り替わるように、設定した。
そこに書いてあるキーワードを書いてメールを送っていただければ、ささやかなプレゼントを差し上げます。

このゲットページ、100万を取った人しか見れないのに、作り出したら楽しくて、ノッて1時間かかって作成。
きっと、見たらアホらしくて笑ってもらえるんじゃないかと思う。
ただ通りすがりの人が100万取ったら、なんだこりゃ~っと思わず画面を閉じそうだけど。

プレゼントはやっぱりお好きな選手の写真かな。
面識のある方なら、その写真を会場で渡したり、郵送でもいいんだけど、未知の方の場合はそうもいかないので、ネットからプリント注文出来るように、色やコントラストなどこちらで全てレタッチした上で、画像を送ろうと思っている。詳しくは、メールで相談の上で。

出来れば、ずっとここを見てくれていて、バレー好きだけど観戦の機会があまりなく、写真なども持っていない、という方に当たればいいなあと思う。
普段から、「選手の写真を譲って欲しい」というメールをよくいただくが、それらは全てお断りしている。ひとりだけにOKを出すというわけにはいかないので。

ここを開設したのが一昨年の6月末なので、2年弱で100万アクセス。
今は1日千~2千アクセスだけど、開設当初は50~100くらいだった。
継続は力なり。
というわけで、今はちょうど試合もなく谷間の時期だけど、黒鷲画像もまだ残っているし、海外もチェックしたいし、少しずつマイペースで更新していきたい。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.05.12

黒鷲旗~高橋翠選手

Img_2512_1

Img_2517_1

Img_2498_1

Img_2528_1

上4枚、黒鷲予選2日目・京都橘戦での高橋翠選手。
私にとって非常に残念な結果に終わった今回の黒鷲だけど、収穫は、この人のプレーをじっくり見れたことかな、と思う。
去年のサマーで見て以来、機会があればまたぜひ見たいと思っていた。
サマーはエアコンなしの猛暑の会場で、途中で気分が悪くなって外に出たりしていたので、ゆっくり見れなかった。

今回見た翠選手の印象をひとことで言うと、「めちゃくちゃ運動神経のいい、元気いっぱいの小学生の男の子」。
無駄な脂肪が全くない、皮膚の下・即筋肉のような体つきで、いつもその場でぴょんぴょん跳びはねていて、ゴムマリみたいな人だなあと思った。
京都橘戦では、ひとりで打って拾ってつないで止めての大活躍。
どのプレーも良かったけど、特に目を引いたのが、ブロック。

Img_2410

Img_2465

リーさんと似ているなあと思った。
リーさんもかなり膝を曲げてからジャンプしてブロックするが、翠選手はさらに低く、床に近いくらい沈みこんでからジャンプする。背の低さをカバーするためだろうけど、よほど脚の力が強いんだろうなあと思った。
一度、ブロックではないが、ネット前でバランスを崩して、翠選手が床に手をついてしゃがみこんだ時があった。と思ったら、その状態からいきなりジャンプして、強烈なスパイクを決めた。思わずまわりの人たちと、「今の見た?見た!?」と興奮。
「見た?見た?」は他にもあった。翠選手がジャンプしてスパイクを打つ・・・と思った瞬間、スパイクではなくひゅっと隣にトスをあげた。相手チームは全く動けなかったが、見ているこちらも、今のは何?とぽかーんとした。

そうしたアクロバチックなプレーだけでなく、トスはお手本のようにきれいなトスだし、スパイクはコースの打ち分けがうまいし、守備範囲は広いし、見ていて飽きなかった。

Img_2397

Img_2451

Img_2532

20060504_052

20060504_072

今回全日本に選ばれて、今すぐは無理でも将来的にはぜひ正セッターの座を勝ち取ってほしい。
これだけ機動力があってブロックもいいセッターは、他にいないと思う。
背は172なのでイタリアのロビアンコと同じくらいか。そういえばロビアンコもブロックがいい。
他の主な国のセッターは180cm台だし、スパイカーもロシアや中国あたりは最近また190超、2m前後の若手がどんどん出て来ている。高さで対抗することが不可能なら、別の面で相手チームを撹乱してほしいし、この翠選手の運動能力の高さに賭けてみたら面白いのにと思う。

翠選手は良かったが、トヨタ車体というチームにはすごく不安を感じた。
翠ひとりのチームか?と思うくらい、他のスパイカー(特にサイド)は打っても打っても決まらない。京都橘戦でも、翠選手が前に上がるとどんどん点差が広がり、後ろに下がるとみるみる点差が縮まった。3セット目は危うく落としそうになったが、最後は徹底して翠、翠・・・でしのいでいた。
デンソー戦は、翠選手一人をマークすればという感じで、力の差が歴然。3セット目は、見る気が失せ、隣のコートで熱戦を繰り広げていた男子JT-NEC戦を見ていた。
誰か外人選手でも補強しないと、今のままではVで勝ち星をあげるのは難しいんじゃないかと思った。

ともあれ、今後の高橋翠選手に期待したい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.05.07

黒鷲旗~パイオニア2

昨日、1をアップした後、後任に吉田監督という話と、フランシーの話を知った。
吉田監督はともかく、フランシーが乳がんという話にはびっくりした。

2月大阪決勝ラウンド初日、見たことないほどフランシーが辛そうな表情をしていたこと、決勝でオランダから来たお兄さんがずっと観客席ではなくアップゾーンにいたこと、今思うとあっと思い当たることはある。でも大阪初日を除けば、ずっと大活躍だったので、そんなこととは夢にも思わなかった。
私の父もガンだったけど、非常に珍しいガンで、症例も少なく、これといった治療法が何もなかった。
そうしたガンに比べれば、乳がんは色々な治療法も確立されているし、きっと治る病気だと思うので、絶対に頑張って治して復活してほしい。

いろいろなことがあって、パイオニアは暫く周囲が騒がしい状態だろう。
選手はこれから当分休みに入るのだろう。
黒鷲の画像は、あまり気乗りがしなくて、アップするのをやめようかと思っていた。
でもニュースを聞いて、やっぱりこんなときこそ応援を、と思ったので、アップすることにした。

先ずは、2日、グリーン・サポートシステムズ戦。

Img_2285a_1

Img_2316_1
        相手は1点取るたび、大喜び。

Img_2333_1

Img_2334 Img_2335_1
     パワフルで、これからが楽しみな今野選手。

2日目、長崎国際大戦。久々に見る黒ユニ姿。

Img_2707_1

Img_2876_1
     リーさんは好調で、随所でさすがのプレー。  

Img_2711_1

Img_2746_1
 3日間、さほど印象に残らなかったメグ。期待が大きかったからか。

Img_2858_1

Img_2810_1
      目にも止まらぬ速攻に、大学生もびっくり? 

Img_2806_1

Img_2807_1
       マオさんも今ひとつ印象が薄かった。

Img_2880_1

Img_2891_1
           さすが~のブロック。  

Img_2912a
 マッチポイント、なんとか今野選手に決めさせようと、連続で。

Img_2946_1
    隣のコートでは、大商大が東レをやぶり、大歓声が。

3日目、筑波大戦。

20060504_266_1

20060504_242
     トモさん、思うように身体が動かず、いらいら?

20060504_273_1

20060504_282
  ワンポイントで出てきたのに・・レオ、サーブ、ミスるなよ~。

20060504_289_1
    この日はブロック、ブロードと好調だった庄司選手。

20060504_301
          最後はレオ、レオ、レオ。

今、ちょうどGAORAで決勝をやっている。
ここにパイオニアの姿がないのは、本当に寂しい。
選手はしばらく充分休養を取って、新監督の下、新生パイオニアとして頑張ってほしい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.05.06

黒鷲旗~パイオニア1

決勝2日目、佐和にストレート負け!???
完敗??
なんでーーー!!!!!

結果を聞いたときは、しばし呆然。
でも、暫くしたら、不安が当たったのか・・と思った。
2日~4日まで、予選2日と決勝1日目を見て来て、「これで大丈夫なのか?パイオニア」という感想を持った。
でもまさか決勝2日目で、こんな惨敗をするとは思わなかったけど。
3日間の試合中、後で経過を思い出せるように、時々電光掲示板の写真を撮っていた。

Img_2298_2

上の写真は、予選初日の第1セット。いきなりセットを落とすのか!?とドキドキした。
グリーン・サポートシステムズは地域リーグで、黒鷲で試合が出来るだけで嬉しい、楽しい、というように見えた。たしかにサーブは良かったけど、そのサーブで乱されるような相手ではないはずなのに、と思った。
このセット、パイオニアの選手はいらいらしているように見えた。

Img_2868

これは、予選2日目、長崎国際大にリードされている、第3セット。
この後、後半は突き放して25-15になったけど、背の高いレフトの選手にかなり手こずっていた。

2日間予選を見ていたら、どこのVのチームも(女子は)圧勝で、大差でセットを取っていた。途中相手にリードされたり、20点以上取られたり、という場面は殆ど記憶にない。差が縮まったときは、若手選手を何人かレギュラーと入れ替えたときで、メンバーを戻すとまた差が広がっていた。
でもパイオニアの場合は、メンバーはほぼ固定で、いつものレギュラー陣。それでこの展開って大丈夫なのか?と不安になった。

20060504_286

これは1番ひやっとした、決勝1日目の第3セット。最終的には25-23で取ったが、苦戦。
このセット、メグが調子を落としていて、打っても打っても決めきれず、相手に拾われたりブロックでワンタッチを取られたりしていた。
途中、リーさんに代って出てきたトモさんも、かなりの不調で、顔が完全に怒りモードだった。自分に対して怒っていたのか。
それまでいつも悪い流れを断ち切ってくれていたアチャさんも、ブロックにつかまったりしていて、疲れが見えていた。
佐和戦でレオが不調だったらしいが、この試合、最後はレオ、レオ、レオだった。よく頑張ってくれていたと思うし、佐和戦だけ見て、レオが・・・と言われるのは、気の毒だ。

どの試合も、他のセットはもっと簡単に取っていた。
でも実力的には、どのセットも同じように簡単に取れたはずと思った。
全体にサーブレシーブも良くなかったし、どこかおかしい、ちぐはぐ感のあったパイオニア。
佐和戦のスト負けにはびっくりしたけど、不安な感じはその前から充分あった。

それときっと佐和も好調だったんだろう。
4日、佐和ーJT戦での粘り、勝利への執念は素晴らしかった。
勝負は強いものが勝って弱いものが負ける、とただそれだけだと思っているので、いろんな意味で、5日の佐和は強くて、パイオニアは弱かったんだろう。

それにしても、選手もセリンジャー監督も、さぞ無念だろうなあ。
私も7日の決勝に、日帰りで行く予定だったけど、キャンセル。
あーー、本当にがっかり。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.05.01

日韓戦5・初日パイオニア

初日、道路公社は、キム・サネ、ハン・ソンイはじめ、主力選手が数人欠けた状態だったので、はっきり言ってつまらない試合だった。あれなら、Vのどのチームが対戦しても、勝っていたと思う。
レポと言っても、特に何もないので、とりあえず写真をアップ。

20060422_312 20060422_423

この日、サーブの調子が悪かったのか、途中からフローターに変えたレオ。
何セット目か忘れたけど、セットポイントで放ったレオのサーブはゆるゆるサーブで、へろへろ~っと飛んで行ったのに、相手選手が取れずに床にぽとりと落ちた。このシーンには、観客もπの選手も皆ずるっとなっていた。

20060422_452

最初、トスとタイミングが合っていないように思った庄司選手も、段々調子が上がっていた。

20060422_382 

20060422_383 20060422_384
           スパイク決めて喜ぶところ

第3セット。珍しい、アップゾーンでトモさんが笑っている!
あまり珍しくて、連続で撮った。

20060422_430

20060422_431_1

20060422_432  20060422_434  20060422_437_1
                後ろで鷲君も参加。

勝利目前だったからだろうけど、普段なら絶対見られない風景。
それだけリラックスした試合、大会だったのかな。

鷲君といえば、動きがますます愛らしくなってきた。

20060422_325 20060422_333_1
                     ピースしても、Vが3本になる鷲君

道路公社の写真は、殆ど撮っていない。

20060422_341
 全く出る気配もなかったキムサネ(4)とハンソンイ(12)。

あまりプレー写真も撮らないうちに、あっけなく試合終了。

20060422_514
         試合後、後輩を虐待するレオ。

なっちゃんが笑っている、と思って撮った写真も、よく見ると、後ろでレオがなにかふざけている。

20060422_555 20060422_557
                         嬉しそうだ。

この日の試合後のインタビューはメグ。

20060422_519

20060422_521 20060422_523

こうして見ると、本当にあどけない顔のメグだけど、フランシー不在の今、チームの中心選手としてますます頑張ってほしい。

そんなわけで黒鷲。
これがセリンジャー監督の下での最後の大会。選手も監督も、必ず2連覇を!と心に誓っているだろう。

20060422_335

20060422_256

リーグと違って、一発勝負の怖さがある黒鷲だけど、12回Vの決勝で見せた、目標に向かって一丸となったチームの姿で、ぜひ優勝を勝ち取ってほしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

日韓戦4・久光

明日から大阪!
というわけで、全然時間がないので(今日も休みにすればよかった~)、とりあえず大急ぎでアップ。
なんとか今日中に、日韓戦4・久光と、5・初日パイオニアをアップしたい。

久光の写真・・・初日はピンクスパイダースばかり撮っていたし、2日目は着いたら第3セット半ばだったので、少ししか撮れていない。

20060422_062 20060423_021
        初日              2日目・空翔るケニア

20060423_007

初日のケニア選手は、最初のうち調子が上がらないようだったが、その分先野、成田、落合選手がフォロー。

20060422_032
 ボールが主審の手と重なったー

途中からは調子が上がり、ケニアパワー炸裂だった。
この初日のピンクスパイダース戦で、一番びっくりしたのは、鶴田選手が「マリがんばれー!」と言いながら、落合選手にトスを上げていたこと。
マ、マリがんばれー?

20060423_027

翌日の試合でも、今度は後ろから、また「マリがんばれー!」と、スパイクを打つ直前に声をかけていた。
2日間共、落合選手は調子が悪かったわけではなく、むしろ調子は良かった。最初、何かの暗号かな?と思ったけど、単に声援だったのかな。
よくわからないけど・・・・落合キャプテン、がんばって。

20060423_075 20060423_063
       マリ~                がんばれ~

休養充分で、ケニア選手はもちろん、久光のおねえさまたちは皆元気いっぱいに見えた。
特にサキさん、黒鷲でも要注意だなあ。

20060423_069
今年もひとりサーブで1セット取るか?先野選手。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »