« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006.03.31

全日本候補

もう旬は過ぎた話題だけど、先日、全日本候補メンバーが発表になった。
メグは100%選ばれるだろうと思っていたけど、リーさんはやっぱりちょっとサプライズ。
リーさん選出は、最後まで残るのかなあとか、年齢的なこととか、身体の状態とか、気がかりも多くて、単純には喜べない気がしていた。でもよく考えたら、一度やめたリーさんが、1年半近くのブランクの後にコートに立ち、半年後には全日本の候補にって、それ自体がすごいこと。
それに、パイオニアに入ったときも、ここまでの活躍を予想した人は少なかったと思う。まわりの予想、期待以上の結果を残してきたリーさんだから、全日本でもきっと結果を出してくれるんじゃないか。
とにかく、ガンバって!ほしい。

20060304_713a

メグには、とにかく自信を持って!とそれだけ。
北京で絶対エースとして活躍するべき人だから、全日本でもまれて太くたくましく育っていってほしい。

今回の選出で、1番びっくり、そして注目しているのが、高橋翠選手。
昨年のサマーで見たときに、私は高橋選手のことは知らなくて、「あの車体の5番の人、うまいなー!」と思って印象に残って、こちらにもアップした。
サウスポーで、どこからでも打ってくる、背はさほど高くはないけどブロックもいい、レシーブもいい・・・とオールラウンドな選手。セッターとしてのプレーは見ていないけど、2セッター構想があるなら、ぴったりの選手では。
写真を何枚か撮っていたはず、と思ったら、サマーの画像を保存し損ねていた。あ~あ。
そんなわけで、以前出した画像を再びアップ。

050807_005

050807_469
        サマーで準優勝だったトヨタ車体。

後は、落合選手に最後までメンバーとして残ってもらいたいと思っている。
今リーグ、特に後半、すごく頑張っていた落合選手。
決勝では、返すだけで精一杯かというような難しい二段を打ち切り、うまいなーと思った。以前よりパワーもついたし、レシーブもいいし、メグカナとはまた違ったレフトとして残っていってほしい。

20060304_499

20060305_640
     表彰式で、ずっと泣いていた落合選手。

それになにより!2年間、チームのキャプテンとして重責を果たしてきた落合ちゃん。
今リーグ、忘れられない光景がある。
大阪セミファイナル初日にパイオニアに勝って決勝進出を決めた久光のメンバーが、翌日、全員で、パイオニアvs武富士の試合を観戦していた。前の方の席には若手たちが座り、1番後ろの席に、大御所4人(鶴田、成田、先野、大村)。
そしてなぜか、その横1席空けて、落合ちゃん。
初めのうちこそ神妙に見ていたメンバーも、段々とリラックス。特に大御所4人はすっかりくつろいだ様子で、談笑、観戦。でも落合ちゃんひとり、最初から最後まで背筋をピンと伸ばし、真っ直ぐ前を向き、食い入るように試合を見ていた。

そのときの写真がないのが残念だけど、下はサマーのときのおねーさまたち。

050807190
            すっごい存在感・・・。

きっとプレーヤーとしてだけでなく、キャプテンとしてもすごく生真面目に努力をしてきたと思われる落合ちゃん。
彼女には、そんな重責から放たれて、全日本で伸び伸びとプレーをしてほしい、と思う。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006.03.24

哀愁のチェ・ガンヒ

韓国ドラマ好きな人が、間違って検索でたどり着きそうなタイトルだな。
来月22、23日にある日韓戦の対戦相手が、興国生命と道路公社に決まった。
興国生命はレギュラーラウンド1位通過で、キム・ヨンギョン、ファン・ヨンジュなどのいるチーム。
道路公社は2位で、3位のKT&Gと先週プレーオフで2勝し、決勝進出。ハン・ソンイのいるチーム。

051120_018a
左から、ハン・ソンイ(道路)、キム・ヨンギョン、ファン・ヨンジュ(興国)。

再びキム・ヨンギョンのプレーが見れるのは楽しみだ。
前にキムヨンギョンを取り上げたときに、反響が大きくてびっくりした。ファンの方からコメントやメールを沢山いただいた。

話は飛ぶが、バスケでも「日韓Wリーグチャンピオンシップ」という大会がある。こちらは日韓Wリーグチャンピオンどうしの大会で、今年で4回目。(今年は5月に開催)
去年、なんの予備知識もなくふらっと見に行って、韓国の強さに驚いたのと同時に、韓国ではバレーよりバスケの方が人気があるのかな?と思った。190cm前後の選手がごろごろいたし、面構えもスター性があるというのか、バレーよりだいぶ垢抜けていた。

050326_394a

上は、シャンソンの・・と言うより日本のエース、永田選手。永田選手も178cmあり、決して小さくはないのに、190超の韓国の高い壁に囲まれ、小さく見えた。

後で知ったが、韓国ではバスケが人気がある?どころではなく、大変な人気で、若くて長身で有望な選手は皆バレーではなくバスケに行ってしまうらしい。
キム・ヨンギョンは、久々にバレー界に現れた、若くて長身で有望で、おまけにスター性がある選手なので、非常に期待されている。
今回のこの日韓戦でも活躍すれば、日本でもまたさらに人気が出るだろう。

・・・と、キムヨンギョンの話を書きたかったわけではなく、チェ・ガンヒ。
彼女はKT&Gに所属しているので、プレーオフに勝てば日韓戦で見れるなあと思っていたけど、負けてしまった。残念。
下は、6月WGPのときの写真。

20050624a_027a
 見慣れたけど、最初ちょっと衝撃だった、チェガンヒパーマ。

20050624a_077a 20050624a_078a
 試合前、祈るチェ・ガンヒ。      右端ク・ギランも道路公社。

アテネの頃までは、あのがっしりとした身体から繰り出されるパワフルなスパイクや、粘りの韓国を象徴するようなレシーブの良さに、チェガンヒにくたらしーっ!っと何度も思った。
でも去年のWGPでは調子を落としていて、サーブをするのも辛そうな様子に、どこか絶対故障なんだろうなあと思った。
テレビでも、満身創痍と言われていたので、グラチャンには来ないかなと思ったけど、来ていた。
来てはいたが、コートに立つことはなく、ずっとメモを取ったり裏方仕事をしたり、若手選手に声をかけたり・・・という毎日だった。(ヘルニアが悪化していたらしい)

051115_329

051120_164 051120_166

見ていると、若い選手たちに母のように慕われているのがわかったし、黙々と仕事をこなす姿からは、人格者の雰囲気も漂っていた。
試合に出られなくても、まさにチームの精神的支柱なんだろうなあと思った。
見れば見るほどいい人っぽいチェガンヒを見ていたら、にくたらしいとは到底思えなくなった。
少し筋肉が落ちたようなチェガンヒの後姿からは、哀愁すら感じた。

でも、やっぱりそれではつまらない。
きーー、にくたらしー!と思わせてくれる、どこまでもヒールなチェガンヒでいてほしい。
こちらを見ると、今期リーグでは復活していたようなので、また元気な姿で日本に来てほしい。

チェガンヒは、もっと年上なのかと思っていたけど、まだ31歳。
ユキさんより3つも年下って、ちょっと衝撃。
チェガンヒ、もし日韓戦でパイオニアと対戦していたら、あら、まだ私って若かったんだ、まだまだいける!と思った・・・かもしれない。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.03.19

パイオニア優勝!5

優勝から2週間が経つ。
優勝バージョンも〆にしたいが、トップ上の画像とデザインを元に戻すかどうしようか、まだ考え中。
春なので、色合いは暫くこのままでいこうと思っている。

ラスト、何にしようかなと思ったけど、今まで全くあるいは殆ど取り上げたことのない選手を取り上げることにした。パイオニアは人気選手や有名選手が沢山いるけど、そうした若手選手や控え選手の陰の力に支えられて、コートで力を発揮出来る面は大きかったと思う。

20060305_830
        左・小濱選手。 右・杉本選手。

今シーズンのニューフェースだった、ふたりの選手。
小濱選手のことは1度取り上げた(?)気がする。どこかふてぶてしい、と書いた気がする。ちょっと失礼だったかな?と思って、もっと良い表現はないかと考えてみた。
どこかどーんとしている。
って、どうだろう。ちっとも良くなってないか。
でもセッターだから、それくらいでちょうどいいと思う。精神的に相当タフじゃないと、セッターはつとまらないだろう。行く行くは、ユキさん・・はちょっと可愛すぎるかな、鶴田選手のようなセッターになってほしいと思う。

杉本選手は、とにかくいつも明るいなあ!という印象。

20060305_496

上の写真は、優勝直後で、画面の左側ではどの選手も涙、涙の抱擁をしている。横で杉本選手がすごい笑顔だったのが目を引いて、写真を撮った。でもよく見ると、右のヤンちゃんも笑っている。

そのヤンちゃんこと畦田選手。
いつも黙々と裏方の仕事に徹している印象があるけど、どことなく不思議ちゃんな雰囲気もあり、和み系だなあと思う。

20060305_847b

上の写真、一ファンのように、両手をたたいて喜んでいるヤンちゃん。
って、Rock Youですよー!
選手は皆、ロックユー!と右手を突き出しているのに、ひとりニコニコ手をたたいているヤンちゃん。
謎だけど、和むなぁ、この笑顔。

20060305_856a 20060305_555
    左・細川選手。             今野選手。

細川選手はサマーでMVPだったけど、ベンチに戻って来たとき、本当に気分が悪くて辛そうで、あの灼熱地獄の中でよく頑張ったなあと思う。
今野選手も、サマーか紅白戦か何かで見たとき、高さと切れのあるスパイクが印象に残った。
まだこのふたりの選手のキャラは全く掴めていないので、今後、よく見ておこう。

アップゾーンの写真をしょっちゅう載せているので、何度も載せた気になっていたけど、今までピンで取り上げたことはなかった気がする高橋選手。

20060305_855 20060212_327
                          2月・所沢

見るからに人が良さそうな感じがするマキコさん。
それがプレーにも出ている・・?
普段は優しくても、コートの中では、「どりゃーーー!どけーーー!!」と、人を押しのけるくらいの強さがあってもいいんじゃないか、と思う。今後に期待。

優勝シーンで、満遍なく若手選手の写真を撮ったつもりだったけど、ふたりだけ、撮れていなかった。
リベロの加藤選手と吉田ガッツ選手。ふたりとも小柄なので、ピントが背の高い選手に合うと、どれもぼけて写っていた。
いつも記録係で頑張っている加藤リエちゃん。いつか試合で撮ったなあと思って探したら、1月山形大会の写真があった。

20060129_073

この試合が終ったとき、マオさんに頭をなでられて、子供みたいだったのが微笑ましくて、印象に残っている。
マオさんも、時々不調のときがあるから(決勝では漢!だったけど)、もう少しリエちゃんも出番があればいいのになあと思う。

ガッツちゃんは、決勝2日目の写真があった。

20060304_827 20060304_828 20060304_829
「あの、ワタクシが・・」              そのカエルは??

もうちょっといい写真はないかと探してみた。
開幕戦の練習中の写真があった。

050925_038 050925_039
トモさんがすべった!    ふきふき

似たような写真だなあ。
でも、えらいぞ、ガッツちゃん。

生観戦の楽しさは、テレビなどに映らない、あらゆる選手のあらゆる様子や表情が見れることだと思う。
明日のスターを夢見て!若い選手たちにも、ぜひがんばってもらいたい。
私も、なるべくいろいろな選手のいろいろな表情に注目して、これからもアップしていきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.03.13

パイオニア優勝!4

20060303_152

20060303_174

20060303_185
   
リーグが終わったら、取り上げようと思っていたリーさん。
上3枚は、決勝初日、3月3日の画像。この日は調子が良くなかったけど、ブロックを3本決め、翌4日と5日は攻守に渡って大活躍だった。

正直言って、リーさんがここまで活躍するとは思っていなかった。
1年以上のブランクがあったので、最初は勘を取り戻すのが大変だろうと思っていた。開幕からほぼずっとレギュラーで、最後まで活躍し続けたのは、すごいことだと思う。

20060304_614

20060304_690

20060304_698
           上3枚、決勝2日目。(3月4日)

そもそも私がパイオニアのファンになったのは、リーさんがこのチームに入ったからだ。
それなのに、心変わりしてしまった私。
スマン、リーさん。
(向こうは私のことは知らないが。)

それでも、注目の選手のひとりであることには変わりない。
パイオニアに入った頃、「江口ってだれ?」とか、「名前は知っているけど、プレーは見たことがない」と言う人が多かった。それが、いまやVリーグファンで知らない人はいない。チームの中で、助っ人的存在ではなく、欠かせない存在になっていったのも、本人の努力の賜物だろう。

私はリーさんのことは、すごく勝気で負けず嫌いだけど、案外もろく弱いところもあって、でもここぞというときには強さを発揮する人、と思っている。
久光でリベロをしていた頃は、なかなか思うようにいかず、随分思い悩んでいるように見えた。元々サーブレシーブよりスパイクレシーブに持ち味があるリーさんにとって、常に一定したサーブレシーブの精度を求められるリベロのポジションは、大変だっただろうと思う。試合後に涙が浮かんでいたり、落ち込んでいる様子も何度か見た。
それが、パイオニアに入って以来、前半ずっと好調で、強い強いリーさんのイメージが先行していて、逆に、大丈夫かな?と思っていた。

暮れの久光戦に勝利した後、なぜか泣いていたりーさん。
その後、年が明けてからは少しずつ調子を落としているようだった。2月頃、ユニの袖を上までたくし上げたときに、肩の上が赤く痣のようになっていた。打撲かな?と思ったけど、何かの治療跡かも。
また、膝に大きなアイシングをして会場から出て来るのもこの頃見た。
ブランクの後、半年間相当無理も重ねてきたんだろう、きっと満身創痍なんだろうなと思った。

でも彼女が本領を発揮するのはこれからだろうと思っていた。
りーさんにはすごく勝負強さがあるので、決勝ではきっとやってくれると思っていた。身体は万全ではなくても、勝利への執念と集中力で、きっと結果を出してくれると思っていた。
そして、想像以上に素晴らしい活躍だった。

20060305_141

20060305_157

20060305_590
           決勝3日目。(3月5日)

今年で30になったリーさん。
他のチームではわからないが、パイオニアの中では、まだまだこれから・・・という年齢かも。
以前から苦手と言っていたブロックも、今リーグは、特に後半、よく決まっていた。1枚で止め、流れが変ったことも何度かあった。この先、リーさんはまだまだ進化していくと思う。
これからもパイオニアの一員として、どうか息長く、頑張っていってほしい。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006.03.10

パイオニア優勝!3

20060305_056

20060305_070 20060305_074

20060305_080

20060305_114 20060305_144

20060305_149

20060305_163

20060305_170

20060305_182

20060305_190

20060305_196a 20060305_279

20060305_207

20060305_292 20060305_309

20060305_351

20060305_376

20060305_391

20060305_394

20060305_405

20060305_407

20060305_408

20060305_417

3日目、前の人の頭に遮られて、ネット際の攻防がほとんど撮れなかった。
途中でほぼあきらめ、スパイク、ブロック等ではなく、選手の表情を撮る方に集中した。

中でも1番心に残ったのが、トモさんの表情だった。
今リーグは、トモさんの表情に、なんだか今までと違うものを感じていた。
コートの中でも外でも、誰より熱く、気迫にあふれているのは同じなんだけど、どこか芯の部分が冷えている・・と言ったら言い過ぎか。しんとしている。静謐さがある。・・・うまく言葉じゃ表現できないなあ。
とにかくどこか違うものを感じていた。それが意識的なのか、無意識なのかはわからないけど。
でもこの決勝での3日間、特にこの最終日は、全日本でアテネ行きを決めたときと同じような表情をしていた。
この日、トモさんを撮っていて、1度、おおーっと思わずカメラを顔から外した。トモさんの気迫に押されたからなんだけど、それくらい、この日のトモさんの気合、集中力はすごかった。

あの2日目の第2セット。あそこをもし落としていたら、優勝は難しかっただろう。
トモさんが成田選手を止め、確実に流れが変った。
今期、出場の機会は少なくても、やっぱり最後までトモさんはトモさんだったなあ、とつくづく思う。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006.03.07

パイオニア優勝!2

表彰式が始まる・・・と思ったら、いきなりスモークがたかれた。

20060305_662

みんな、特に若手選手は喜んでいた。

20060305_665

20060305_667

そして今度は紙吹雪が舞った。

20060305_676

絵になるなあ、フランシー。
身体は万全じゃなかっただろうに、決勝でも、大活躍だったフランシー。
あなたの活躍がなかったら、ここまで来るのは難しかっただろう。
と、しみじみしていたら。

20060305_678
            出たーー、レオ。

20060305_679
            大はしゃぎのレオ。

20060305_684
            どんどん舞う紙吹雪。

20060305_686
           そして、まだまだはしゃぐレオ。

20060305_687
            隣でトモさんも喜んでいる。

20060305_699
       と思ったら、今度はトモさんの頭上に紙吹雪。

20060305_700       
       トモさん、月桂冠を載せたマラソンランナーのよう。

20060305_713
       男同士の友情っていいなあって思わせる2ショット。

20060305_727
             いいなー、一千万。

表彰式が終わって、サイン入りミニボールの投げ込みがあった。
その後記念撮影までの間、それぞれにコートでくつろいでた選手たち。

20060305_774
    メグが紙吹雪かけられている・・と思ったら、なっちゃん。      

20060305_786
  記念撮影中も、みんなに紙吹雪かけて喜んでいたなっちゃん。

クールなビジュアル系バレーボーラーの面影はとっくになく。

20060305_811
        マッチョさんも、お疲れ様。

最前列にいたコートの巨匠たちは、もの凄い数の報道陣に遮られ、全く姿が見えなかった。残念。

20060305_826a

だれだろ、右端の美少女は(右下のガッツちゃんではなく)、と思ったら、滝沢ななえちゃんだった。
2年前にテレビで見て、こんな可愛い子がもしVリーグに入ったら、人気が出て大変だろうなあ・・と思ってたら、パイオニアへ。

20060305_846
    パイオタクイズ、この指は誰だ?  ・・ってわかんないよ

20060305_859
       あちこちで記念撮影が。乗り遅れるトモさん。

20060305_869
  あまりはしゃぐイメージなかったけど、はしゃいでた庄司選手。

We Wii Rock Youは、1回で終わりかと思ったら、何度も繰り返し流された。
その何度目かの時、またあの少年が。

20060305_886
      もう誰にも止められない、エンドレス・レオ。

孤高のなんとかに、かつて胸焦がしたファンたちも、今はこの無邪気な少年レオにやられているんだろう。

20060305_892
      前がよく見えないからか、おんぶされてたユキさん。

20060305_895     
  小柄だからか、白Tのせいか、すごく可愛かったユキさん。

どんなにアタッカー陣が充実していても、ユキさんの存在なくしては、あの素晴らしい試合も、この優勝も、なかっただろう。
ありがとう、ユキさん!

(まだまだ続く。3は、試合の写真と感想の予定。)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006.03.06

パイオニア優勝!1

20060305_452
           ラスト、渾身の一発

20060305_456

20060305_460

20060305_461

20060305_471

20060305_476

20060305_491

20060305_499

20060305_501

20060305_511

20060305_484

20060305_543

20060305_524

20060305_531

20060305_539

20060305_574

20060305_588

20060305_589

20060305_600

20060305_609

20060305_611

本当に素晴らしい試合だった。
デュース、デュースの連続で、どのセットもどちらがとってもおかしくなかった。でも去年の悔しさの分だけ、パイオニアの方が勝利への執念、気迫が勝っていた。

この決勝の3日間、毎朝早くに目が覚めた。
年だから。・・じゃなくて、興奮してゆっくり寝ていられなかった。
今も興奮は残っている。
感想と言っても、いろいろありすぎて、何から書いていいのかわからない。また追々、画像をアップしながら、書いていきたい。

優勝したら、満遍なくいろいろな選手の表情を撮りたいと思っていたけど、無理だった。
8割方は、なっちゃんの写真を撮っていた。
でも、誰のファンでも同じだと思う。チームの優勝を喜ぶと同時に、応援していた選手のこの1年を思い、涙したり、感激したりしていたのだろうと思う。トモさんファンは、トモさんのこの1年を、レオファンはレオのこの1年を・・・。
なっちゃんは、去年の決勝は観客席から見ていたのに、今年はコートで仲間と抱き合い、泣いて笑って・・・写真だけでなく、その姿を目に焼き付けておきたいと思った。
優勝したことで、パイオニアの選手、スタッフ、ファン、あらゆる人にとって、感慨深い1年になったと思う。

続編は、まだまだ続く予定。(2は、表彰式の画像をアップ)
トップのデザインも、パイオニア優勝バージョンに変えた。
時期が来たら、また元に戻すけど、暫くはこれでいきたい。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006.03.05

3/4 パイオニア-久光(決勝第2戦)

20060304_441

20060304_443

20060304_470

20060304_486

20060304_540

20060304_564

20060304_586

20060304_617

20060304_653

20060304_661

20060304_667

20060304_695

20060304_696

20060304_495

20060304_731

20060304_759

20060304_777

20060304_786

20060304_785

20060304_874

前日とは別人のようだった、チームパイオニア。
その調子で、その勢いで、気迫で、執念で。
絶対に、優勝を!!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006.03.04

泣くな、メグ

20060303_257

20060303_259


20060303_277

20060303_278

20060303_279

20060303_285

最後、連続してあがったトスを決めきれなかったメグ。
でも、泣いちゃダメだよ。
まだ明日がある、あさってがある。
泣いても何も生まれない。

もちろん、今日の敗因はメグだけにあるわけではない。
パイオニアは久光に研究しつくされ、全て久光の狙い通りに事が運ばれているように見えた。
でも、どうか気持ちを切り替えて。
私たちは、ただ応援することしか出来ないけど。
今日こそ、必ず勝利を!

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006.03.02

2/26 パイオニアー武富士(決勝ラウンド)3

20060226_635

上は、試合後の整列。
みんな割と淡々とした表情だけど、リーさんひとり、感極まっている。
実は、ほんとによく泣くリーさん。優勝したら、きっと号泣だろう。

試合が終わって上の整列まで、コートの中ではみんな抱き合ったり喜んだりしていた・・・らしい。
試合終了直後から、アップゾーンしか見ていなかったので、よくわからないが。

20060226_609

整列後は、全員がコートになだれ込んで来たので、そうだ、みんなの写真を!と思って、撮った。

20060226_641  20060226_645

20060226_643  20060226_644

20060226_661  20060226_704

20060226_693  20060226_695

〆はWe Will Rock You

20060226_729

20060226_730  20060226_733  20060226_736

武富士・足立ファンの友人曰く、試合が終わって放心状態だったのか、ずっとボーッとした表情だったルミさんが、このRock Youのとき、初めて顔を上げ、悔しそうな表情でじーっと見ていたとか。
前日彼女は大活躍で、東レを破り、これ以上ないくらいの笑顔だった。

たった1チームを除いて、みんなどこかで悔しい思いを味わうことになる。
去年、最後に悔しい思いをしたパイオニアだからこそ、今年はぜひその1チームになってほしい。

決勝2日or3日間、なるべく迅速に更新しますので、皆様、よかったらどんどんコメントください。
他チームファン、お初の方も全然OKです。
(そう言いつつ、レスが溜まっている・・・後ほど書きます。)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006.03.01

2/25 武富士-東レ(決勝ラウンド)

20060225_468
             武富士勝利

20060225_469

20060225_473

20060225_477

20060225_479

20060225_482

20060225_485

20060225_491

20060225_493

20060225_497

20060225_499

20060225_500

20060225_538

20060225_534

20060225_535


負ければそこで終わりの3位ー4位対決。
どちらも全力を出し切った、本当に素晴らしい試合だった。
どこかで一つ流れが変っていれば、結果もまた違っていたような接戦だった。
でも勝負の世界に、たら、ればはないんだなあと、写真を見てあらためて思う。

この試合でのMVPをあげたい、バンブー足立選手の素晴らしいプレーとか、エースとしてやるだけのことをやった、加奈ちゃんの頑張りとか、書きたいことは沢山あるけど、時間がない。
決勝が終わって落ち着いたら、またあらためてアップしたいと思う。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2/26 パイオニアー武富士(決勝ラウンド)2

20060226_566

20060226_280 20060226_281
                          止めたー!

前日みんな不調だった中、孤軍奮闘だったレオは、武富士戦でも好調だった。
このところずっと調子が上がっていて、20点目以降のサーブ以外は、安心して見ていられた。

20060226_253 20060226_254

久光戦では、どうしちゃったのかと思うくらい、不調だったメグ。
得意のサーブも不発だったけど、この日は蘇っていた。
アタック決定率が低いのが気になるけど。今リーグの最初の頃は、高い打点から思い切り良く打ち抜くスパイクが見られたのに、最近は殆ど見られない。この日の第1セットは、その最初の頃のメグが戻って来たかな、と思うようなスパイクがあったのに、段々失速していった。
でも止められても、コートの中で大きな声を出していたところが、久光戦とは違っていた。
決勝では、どうか思い切り良く打ち抜いてほしい。

20060226_236
 第2セット、かなり点差を開けられたところでトモさん登場。

20060226_231  20060226_237
出てきたトモさんを見つめる武富士の選手

この日はリーさんが好調だったせいか、あまり出番がなかった。
でもトモさんは存在自体に意味があるし、危ない場面では欠かせない人だし、決勝ではさらに大きな力になると思う。
下は、久光戦・第3セットの後半に登場し、絶不調だったメグに何かアドバイスしていたトモさん。

20060225_228

メグの腕をずっと握っていたのが、なんだかあったかくていいなあ、と思った。

アップゾーンも、久光戦ではしんとして意気消沈している感じだったけど、この日は気合が入って気持ちがひとつにまとまっている感じがして、良かった。

20060226_189 20060226_598a
 ピントはいずこ・・?

右の写真は、マッチポイントを迎えたときのもの。
なっちゃんの隣にいる小濱選手は、すごく可愛いんだけど、どこかふてぶてしさもあって(ほめ言葉)、こうした若い選手がもっと気持ちを前面に出し、盛り上げていったらいいんじゃないかと思う。

その他、マイマイのサーブも良かったし、アチャさんの速攻も見事だったし、前日と同じチームとは思えないほど調子が上がっていた。

20060226_282  20060226_287  20060226_562
                             役目終えてホッ

20060226_238  20060226_291  20060226_575

3へ続く。
(試合後の表情を3でアップしたいけど、その前に東レー武富士をアップ予定。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »