« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.30

PCが・・・

壊れた~(涙)
25日、山形から戻って以来、PCが不調で、一昨日、ついに起動しなくなった。
ハードがいかれてるようで、修理に出そうか新しいPCを買おうか、思案中。
とりあえず、家からすぐのところにネカフェがあるので、更新は出来るけど(今もそこからアクセス)、写真のアップは出来ない。25日の山形での試合はとてもいい試合で、選手もいい表情をしていた。年内にレポをアップしたかったけど、残念だ。

年内最後の更新になると思うので、ご挨拶。
1年間、沢山のアクセスを有難うございました。
ここを開設してちょうど1年半。この1年で60万アクセス。でも最初のうちは、アクセスは増えてもコメントは全くつかず。それが段々とコメントがつくようになり、色々なバレーの話をしたり、実際にお会いしたり、輪が広がって、バレー観戦がますます楽しくなった。
来年は、V後半の行方も気になるし、世界選手権もあるし、また出来るだけ生で観れたらいいなと思っている。
皆様、良いお年を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.24

12/17 パイオニアー東レ(東体)2

051217_560a
     17日、パイオニアに勝利後の笑顔のふたり

東体の写真を整理したが、パイオニア中心で、それも笑顔の写真が多くて、なんだかしっくりこない。
この日は、東レの気迫の方が優っていたし、パイオニアは今ひとつ迫力がなかった。

051217_083 051217_138 051217_333a
 写真だけ見ていると、勝った試合のように思える。が・・

051217_229 051217_283 051217_284
      フランシーはこの日も安定したプレー。

フランシーのブログが話題になっているが、オランダ語で書かれているので、こちらで英語ページに変換して見ている。(変わりきらないところも多いが)
文章にどことなくユーモアがあって、フランシーって面白い人だったんだ、と親近感が沸く。

051217_445 051217_446 051217_493
  深谷のときのような爆発力はなかったメグ。

第1セット、謎のセッター不在の選手交代があった。2枚替えのはずが・・・1枚に。

051217_154  051217_155
           どーなってんの~

この日は、開始ぎりぎりに会場に着いた。
真っ先に、今日はなっちゃんは・・・と探したが、ジャージ姿だったので、ちょっと残念だった。が、2日間とも、いろんな場面で大きな声を出していて、元気な姿が見れたのが嬉しかった。

051217_029  051218_015
   東体       とどろき

東レは全員がいい仕事をしていた。
特に両レフトが爆発していたが、私ははじめて見るエレナ・ニコリッチ選手に注目していた。この人への興味と言うより、セルビア・モンテネグロという国に興味があった。
世界選手権のヨーロッパ予選や、ヨーロッパ選手権の結果を見る限り、エレナはこの国で2~3番目の得点力だ。エースは、高橋選手と同じビチェンツァのIvana Djerisiloという選手。ビチェンツァでもレギュラーで活躍しているが、最近調子を落としているので、シンさんの出る機会が増えている。

SCGで2~3番目の選手というのがどれくらいの選手なのか、興味津々だったが、194cmの長身を生かしたパワフルな選手だった。

051217_298 051217_299 051217_301
            床をたたいて悔しがる。 ではなく喜ぶニコちゃん

驚いたのは、こんなに長身なのに、レシーブがいいこと。サーブレシーブはきっちり返すし、スパイクレシーブも反応がとても良かった。
表情を見ていると、まだどことなく遠慮がちな感じがするが、年明けにはきっとすっかりチームにもなじんでいるだろう。

051217_466 051218_434
 器用な選手だ。   ニコちゃん・・・ガム?

051218_370 051218_363 051218_367
控えめなガッツポーズ。     来年はこれくらいに?

とどろきで、19-24からひっくり返した東レの勝利は見事だった。会場がNEC一色のようなアウェイの雰囲気の中で、すごい集中力だった。

051218_480 051218_485 051218_488

明日25日は今年最後の観戦、山形へ。
冬の山形初体験なので、楽しみだけど、雪で帰れなくなることだけはないように・・・と祈っている。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.12.22

12/17 東レ-サントリー(東体)

051217_669

051217_670

051217_677a
        大活躍だった、東レの越谷章選手。

男子は見ないで帰ろうかなあと思っていたけど、見てよかった。面白かった!
女子の東体・とどろき2連戦の写真は、まだ整理出来ていない。24日の山形の試合の前に、なんとかアップしたい。

最初はただのんびりと、カメラも構えずに見ていたが、次第にひとりの選手のプレーに引き込まれていった。それが、上の越谷選手。
背はないけど、すごい跳躍力。スパイク、ブロック、レシーブ、フェイント、どれをとっても素晴らしい。絶妙なフェイントがきまった時には、「うまい!!」と男性ファンから声が飛んでいた。

051217_761 051217_680 051217_693

051217_682

コッシー、すごいよコッシー、と思っていたら、隣で見ていたある方が、「コッシーの顔が好き!あの顔が好み!」と叫んだ。
「え、顔が好み!?」と私が言ったのと、前に座っていた男性二人の背中がびくっと反応し、恐る恐る振り向いたのと、ほぼ同時だった。
・・・それはともかく、素晴らしい選手だな。あんな選手が女子にもいたら面白いだろうな。高橋シンさんをもっと身軽にして、跳躍力抜群にしたような感じか。

両チームとも、代表選手が沢山いて、それも楽しめた。
先ずは東レから。

051217_708  051217_714
なぜか目が行く、ノブコフ205。  筋チロ幕とベストマッチ。 か?

ノブコフは、体同様大きな声が、印象的だった。

051217_742
軽快な動きと人の良さそうな笑顔が印象的なセッター阿部選手。

051217_790 051217_746 IMG_7878
             抗議の仕草も可愛くて。思わずユキさん彷彿。

051217_758 051217_778 051217_785
  笠原選手。     バネと柔軟性で目をひいた柴田選手。

コッシー中心に見ていたので、サントリーはあまり覚えていないが、やっぱりこの人、荻野選手。

051217_619  051217_733
     ん?

越川選手のサーブも楽しみにしていたが、7割くらいの力で打っているように見えた。スピードよりも、確実に入れる方を優先していたようだ。

051217_622 051217_637 051217_753
            横顔のラインがテレビと一緒だった。(当然か)

スピード、ダイナミックさと女子とは違った面白さがあり楽しめたが、試合自体は3-0で東レのワンサイドゲームだった。

051217_798  051217_808
     明             暗

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.12.18

12/17 パイオニアー東レ(東体)1

今日はもうすぐまたとどろきに行くので、数枚だけアップ。

051217_507
     パイオニアに勝利した瞬間の東レ。

どのセットも途中まで競っていたが、3-1で東レの勝利。
絶対に勝ちたい!という気持ちが東レの方が勝っていたように思った。
パイオニアは、フランシーやアチャさん、リーさんなど光るプレーはあったけど、全体になんとなく沈滞ムードだった。
メグの威力あるサーブも、影を潜めていた。
でも、この下の写真を見ると、今日こそはやってくれると思う。(写真は、会場を立ち去るときのもの)

051217_588 051217_589
トモさんがメグに何か声をかけた。  よし!というように拳を握るメグ

リーさんも試合後かなり悔しそうにしていたが、会場を去る直前、急に笑顔になった。

051217_590  051217_591
  あれ?どうしたのかなと思ったら・・・

051217_592  051217_593
 鹿屋で同期だった津曲選手。   今日は勝利で笑顔を!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005.12.16

12/10 パイオニアvsシーガルズ(深谷)2

051209_532a

051209_573

明日(東体)、あさって(とどろき)と観戦が続くので、その前に深谷のレポをアップしたかった。
が、時間がない!!!
とりあえず、印象に残ったことだけ、ざっとアップ。

先ずは、メグ。
開幕戦の時も、ブランクがあったのにこのプレー!?と驚いたけど、さらにパワーアップしていた。
サーブが絶好調で、見ていると、メグのサーブは手元でぐぐーっと伸びる。シーガルズの選手の手に当たって、そのまま後ろにポーンと弾かれていくシーンが何度も見られた。
スパイク、サーブと活躍していただけでなく、表情が最高!気合も充分で、チームの雰囲気を盛り立てていた。
自分がアタックを決めたときよりも、他の選手が得点したときに大喜びしていたのも、印象深かった。

051209_540a

これは、リーさんがブロックをきめた直後の画像。

051209_541a  051209_542

051209_543a  051209_544a

メグだけではなく、みんながいい表情をしていて、一体感があり、チームの雰囲気がすごくいいなと思った。
第4セット、レオさんのスパイクが、明らかにシーガルズのワンタッチがあったのに、カウントされず、その後抗議で覆った場面があった。
下は、そのときの写真。

051209_435  051209_437a
   え!?今のは・・・・・     んなアホなー!(フランシー)

051209_439 051209_445 051209_446
                  冷静に抗議するレオさん。

051209_455
           覆った!

051209_459 051209_460
  ここでもメグは、人一倍大喜び。

レオさんは、はじめのうちは調子が良かったけど、段々と疲れが出てきたのか、明らかにジャンプが低くなって、調子を落としていた。

051209_473a

試合後のクールダウンの時、馬さんに背中を押されて顔を歪めて痛がっていた。普段なら、難なくべったり床に体がつくレオさんなので、やはり腰の調子が悪いのかなと思った。

051209_635  051209_636  051209_638

他にも、トモさんの久々に聞けた「んも~~っ!」やプチ抗議や、アチャさんの若いモンにはまだまだ負けないゾの熟練プレーや、リーさんのファインレシーブや、見どころが沢山あった。
明日はやっと見られる東レとの対戦。楽しみだ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005.12.14

12/10 パイオニアvsシーガルズ(深谷)1~奥村奈津子選手

         051209_097a
           復活!奥村奈津子選手。

大阪開幕戦以来のV観戦。
印象に残ったシーンは沢山あるけど、1番びっくりして嬉しかったのは、奥村選手の復活だ。

051209_037
 第1セットが始まって間もなく、多治見選手と交代で登場。

051209_038  051209_043  051209_053

先月の集いで元気な姿を見て、きっと2レグのどこかで出てくるだろうと思っていた。
復活するところをぜひこの目で見たいとずっと思っていたので、奥村選手の登場に、興奮した。

051209_060a 051209_058a

051209_061  051209_062  051209_063

今期初得点はならなかったけど、コートを自在に駆け回り、懸命にプレーしていた。
なによりコートの中で、笑顔がはじけていた。コートに立てる喜びが、ひしひしと伝わってきた。こんなによく笑う、可愛い人だったのか、と思った。
奥村選手のことは、昨年の9月以来、度々ここでも取り上げ、試合の度に写真を撮ってきた。見ていて、もしかしたらもうやめちゃうのでは・・と思ったこともあった。
でも長いブランクを乗り越え、復活した奥村選手。この1年余りの彼女の姿を思い出すと、感慨深い。

昨年9月、アテネ後の全日本ファン感の紅白戦(全日本vs東日本選抜チーム)で、初めて奥村選手を見た。ごく短い試合だったけど、ブロック、ブロードととても光るものがあって、あの人は誰?と思った。

IMG_1526  IMG_1545
昨年9/19 全日本ファン感。背中を見て、奥村選手の名前を知った。

これは、11月からのVでの活躍が楽しみだなあと思った。でも、開幕戦で、奥村選手の姿を見つけることは出来なかった。
その後、12月の試合で見かけたけど、ユニフォームは着ていなかった。腰かどこかが悪いらしいと聞いて、心配になった。

今年3月・決勝ラウンド。
試合後、パイオニアの選手たちがわーっと歓声をあげて、エンド側の客席に集まった。なんだろうと思って見たら、車椅子の選手をとり囲んでいた。それが奥村選手とわかったときは、とてもショックだった。

050305_202  050305_218a  050306_029
  3/5 奥村選手のもとに集まった選手たち       翌3/6

最近(深谷後)のニュース記事で、病気で今年1月に入院・手術をしていたことを知った。
このときは、何も事情はわからなかったけど、車椅子ということはやはりどこか体の具合が悪いんだろうか、手術でもしたんだろうかと、ますます心配になった。

5月・黒鷲旗。
奥村選手はもう車椅子ではなくなっていた。笑顔も何度も見れたし、だいぶ元気そうになっていた。でも試合前の練習中など、所在なげな感じだった。

050503_509  050503_512  050503_725
 5/3 黒鷲旗。試合前の練習中。

8月・サマーリーグ。
ひょっとしたら奥村選手のプレーが見られるかも、と期待して行ったサマーだったけど、ユニフォームも着ていなかった。まだゆっくりとしか動けないようで、走ったりは出来ない様子だった。
2日間、庄司選手、榛澤選手はじめ若手選手の活躍で、パイオニアは優勝した。本来なら、この輪の中に・・と言うより、中心にいるべき選手なのにと思った。

050807_124  050807_128
  8/6 サマーリーグ。

9月・第12回Vリーグ開幕戦。
開幕2日目、早めに体育館に入ったら、レシーブ練習をしている奥村選手の姿があった。サマーの様子では、まだまだ復帰の日は遠いのかなと思っていたので、嬉しくなった。顔も少しふっくらしたようだった。

050925_036  050925_019
  9/25 第12回Vリーグ開幕戦。

10月・ファンの集い。
他の選手と同じように、スパイク、サーブ、レシーブの練習をしていた。
紅白戦の最後にピンチサーバーで登場したし、いろいろなイベントにも普通に参加していた。これはいよいよか?と期待が高まった。

051029_408  051029_414  051029_593
 10/29 ファンの集い。

そして再び、コートに復活した奥村選手。
ただ1度、プレーを見ただけの私が、またぜひ彼女のプレーを見たいと思い、この日を心待ちにしていた。
奥村選手本人は勿論、ご家族をはじめ身近な方たちは、どんなにかこの日を待ち望んでいただろう。

051209_668  051209_675
 12/10 深谷。試合終了後の奥村選手。

これからも、選手として平坦な道ではないかもしれない。
試合勘を取り戻すのは簡単ではないだろうし、今後のポジション争いも熾烈だろう。
でもこの1年間、大変な時期を乗り越えてきた奥村選手なら、どんな困難も克服していくだろう。
ぜひ、これから、大きな花を咲かせていってほしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.12.06

韓国/キム・ヨンギョン

051120_205

051120_058  051120_059a

こんなあどけない顔をした17歳なのに、すごい選手が現れた。
187cmの長身から繰り出す切れのあるスパイク、ここぞというときに決めるバックアタック、そしてつなぎも器用にこなす。
でも、それ以上に驚いたのは、ふてぶてしいとも言えるくらいの態度だった。

最初にキム・ヨンギョンに注目したのは、日本戦だった。
サーブに向かうとき、「早く早く!」というように、なにか大きな声で係の人に叫び、右手を突き出し、指先をせわしなく動かし、催促をした。
もしかしたら係の人が本当にもたもたしていたのかもしれないけど、こんな風に大声で催促する選手は初めて見た。

051116a_090  051116a_093
サーブに向かうキム・ヨンギョン。

正直言って、うわ、生意気!と思った。
でも、若手が多い割にあまり個性が見えてこなかった韓国チームの中で、面白い子だなあと、興味を覚えた。

CSで見たポーランド戦では大活躍だった。
これがシニアの国際デビューとはとても思えない、思い切りのいいプレーだった。
1番びっくりしたのは、ポーランドがセットポイントを握ったときに決めたバックアタック。こんな場面で、トスを上げる方もすごいけど、それに応えるキム・ヨンギョンはもっとすごいと思った。

翌日の名古屋では、韓国ーブラジル戦のキム・ヨンギョンに注目して見た。
前半は、ブラジルのパワーに、さすがの彼女も圧倒されているようだった。後半は、止められることも多かったが、次第に決まり始めた。
1番印象に残っているのは、ブラジルにシャットされたときのシーン。

051120_088  051120_089a
                        あーーっ

051120_091

苦笑しつつ、このやろ~っというように、しばらくブラジルを睨みつけていた。
これを見たとき、思わず拍手喝采したくなった。
この直後、今度こそ1本決めた。

051120_100  051120_101a

キム・ヨンギョンを見ていて思い浮かぶ言葉は、ふてぶてしい、怖いもの知らず、大物、ちょっと生意気・・。
こんな枕詞がつく日本人選手が、ひとりでもいたらいいのになあ。
このキム・ヨンギョンのキャラクターに対抗できる若手日本選手と言えば、15歳の中田久美さんしか浮かばない。(って若手?)
日本の若手選手は、加奈ちゃんに代表されるような、本当に素直で優等生的な性格の良さそうな選手ばかり。それはもう本当に素晴らしいことなんだけど、こうした強烈なキャラクターの新人選手が加わると、チームの雰囲気も変わる気がする。実際韓国チームも、WGPのときより明るくなったように思った。
キム・ヨンギョンは、セット間の移動のときも、同年代の選手とふざけていた。

051120_119  051120_120
                     イ・ソラのおしりをペシッ

北京では、間違いなく彼女が韓国チームの中心選手になるだろう。
まわりの若手選手も、彼女の活躍に刺激されて、どんどん進化していくだろう。
ハン・ソンイも、大型で、攻守にバランスのとれたいい選手だなあと思う。

051116a_411  051120_078

こちらは、いつでも一生懸命、見るからに感じ良くにこやかで、加奈ちゃんと同じテイストを感じる。

来年の世界選手権も、韓国には勝てると甘く見ていたら、思わぬ落とし穴がありそうだ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005.12.02

世界バレー抽選会&WGP2006

世バレ抽選会について書こうかと思い、公式ブログを覗いてみた。
そしたら、抽選会よりも公式マスコットに目が釘付けになった。
「VAL」くんと言うらしい。
うわあ~、なんともキッチュ!
でも見慣れたら、案外可愛く思える・・・かなあ?

抽選会には参加出来なかったので、テレビの方で見た。
見ていて、これなら望遠があれば、かなりいい写真が撮れたのになと残念に思った。

Group A: Japan, South Korea, Poland ,Taiwan, Kenya, Costa Rica
Group B: China, Dominican Republic, Mexico, Russia, Germany, Azerbaijan
Group C: Netherlands, USA, Brazil, Puerto Rico, Kazakhstan, Cameroon
Group D: Italy, Peru, Turkey, Cuba, Egypt, Serbia and Montenegro

グループAの結果を見て、中田久美さんが「一位通過!」「皆さんありがと~!」と叫んでいた。
柳本監督も、トップ通過を目指すとコメント。
でも、こんな記事を見つけた。

Niemczyk: we can win

これは、ベルチクの公式サイトに載っていた記事。
抽選会の結果を受けて、ポーランドのニエムチェク監督はとても喜んでいる。このグループでは、全勝で行ける!と。
そして、Group Bのことを「死のグループ」と呼んでいる。中国、ロシア、ドイツ、ドミニカ、アゼルバイジャン。(ヨーロッパ選手権では、アゼルバイジャンはドイツに勝っている)
それにひきかえ、グループAは楽勝! ・・・とは記事には書いてないけど、きっと内心そう思っているだろう。

恐らく韓国でも同じような反応ではないか。
グラチャンではポーランドに勝ったし、日本にも、今は負けていても来年は若手がさらに成長してきっと勝てる、と思っているだろう。
日本にとって楽な組み合わせは、ライバルチームにとっても同じ条件だ。

順当に行けばポーランドがトップ通過だろうけど、精神面での不安はある。
日本は、メンバー次第かなという気がする。
韓国は、17歳のキム・ヨンギョンがどこまで進化するのか、楽しみでもあり恐ろしくもある。(近々、キム・ヨンギョン特集をアップしたい)

051116a_341  051115a_307  051120_124
    日本         ポーランド        韓国


ベルチクサイトに、来年のワールドグランプリの組み合わせも載っていた。

8/16-17
Group C (Bydgoszcz) Poland, Italy, Dominican Republic, USA

8/18-20
Group A (Tokyo) Cuba, Brazil, Japan, South Korea
Group B (Hongkong) China, Russia, Thailand, Azerbaijan

8/25-27
Group D (Macau) China, Brazil USA, Dominican Republic
Group E (South Korea) South Korea Russia, Poland, Japan
Group F (Taiwan) Italy, Cuba, Azerbaijan, Thailand

9/1-3
Group G (Ningbo, China) China, Cuba, Poland, Azerbaijan
Group H (Bangkok) Thailand, South Korea, Russia, USA
Group I (Japan) Brazil, Italy, Japan, Dominican Republic

9/4-10 
イタリアで決勝ラウンド

日本では2回予選があるけど、ポーランドもアメリカもロシアも見れなくて、ちょっと残念だ。
9/1-3のイタリアが、楽しみだ。

上のサイトによると、2010年の世界選手権の開催地も、日本に決まったそうだ。但し女子のみ。
男子は、イタリアとポーランドのトップが話し合っているということで、そのどちらかになるのか、あるいは共同開催なのかわからないが、いずれにしてもヨーロッパでの開催になる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »