« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005.11.27

世界バレー2006

先週、友人から、TBSの世界バレー(世界選手権)のサイトで、あなたにぴったりの企画を募集しているよと教えられた。
それがこちら
特派員ブログというのが何をするのかよくわからなかったけど、「大会期間中は、毎試合、希望者の中から観戦チケットをプレゼント」の一文に惹かれて、すぐに応募した。

そして昨日、「 特派員の証、『世バレ』特製バンド 」なるものが送られてきた。
でもこのバンド、私の腕には大きい。ブカブカ。外れてなくさないようにしないと。

特派員ブロガーのすることと言えば、ブログ内に「世バレ2006」というカテゴリーを作って、そこに記事をエントリー、そして「世界バレーTBS公式ブログ」にトラックバックすればいいらしい。
でもうちのブログの場合は、半分が海外関連記事。どれも世バレカテゴリーには入るだろうけど、それを全部トラバするわけにはいかないし、ちょっとどんな感じでやっていくのか、まだよくわからない。

先ずは29日(火)に、第1次ラウンドの抽選会があり、その様子をリポートして記事にすればいいらしい。
が、火曜日3時!今月はグラチャンで休みを取っているので、もう絶対休めない。残念だけど、深夜の放映を見て、書きたい。

この企画がなくても、世界バレーは今私が最も楽しみにしている大会だ。
以前、ここにも書いたけど、第1次ラウンドでの上位12チームのグループは決まっているので、どこに遠征しようか、悩むのも楽しい。

GROUP A(東京): Japan, South Korea, Poland
GROUP B(札幌): Russia, China, Germany
GROUP C(神戸): Brazil, USA, Netherlands
GROUP D(名古屋): Italy, Cuba, Turkey

グラチャンを見るまでは、Aを2日間、Bを3日間見ようと思っていたけど、メトカフ最高!で、BからCに変更。神戸を3日間見ることにした。
ロシア、イタリアにも心惹かれるが、そちらは第2次ラウンド、準決勝・決勝ラウンドで。
残り12チームの組み合わせが29日に決まるわけだけど、私としては、近年成長著しいセルビア・モンテネグロ、アゼルバイジャンがどこのグループに入るのか、興味津々だ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ポーランド2/Izabela Belcik

051120_742     
        もしかして・・・・・泣いている!?

051120_745a
         やっぱり泣いている!

これは、最終日、中国に3-1で敗れた試合での第4セット、1回目のテクニカルタイムアウトのときのベルチク。
その前から様子は少しおかしかった。
第4セットに入る前、しきりに鼻をすすっていた。まさか泣いているのでは?と思ったけど、試合が再開すると普通にプレーをしていた。その後のTTO。
私はちょうどポーランドベンチの正面あたりに座っていた。涙は見えなかったけど、明らかに何度もしゃくりあげて鼻をすすり、目の周りが赤くなっていた。
第4セットに入る前、監督に何か言われたのだろうか?

051120_712
       この後から様子がおかしかった。

ベルチクが、すぐに動揺したり、落ち込んだりするのは知っていたけど、まさか泣くとは。
でもまたプレーが再開すれば、大丈夫かも・・と思ったが。

051120_750

ダメだ~、泣いてるよ。
私の方が動揺して、ちょっとピントを外してしまった。

051120_751  051120_752  051120_754
    ガンバレ       泣くな       そうだ、サインを

ベンチも異変に気がついたのか、1ラリー後に、すぐにシリバに代えられた。

051120_758  051120_777
  大御所登場     冷静沈着シリバ

ベンチに下がったベルチクは・・・

051120_760  051120_762  051120_763
              左は、いつも慰め役の優しいピチャ。

それにしてもベルチク・・・
なんでそんなによわっちぃんだ!
シリバは、これが代表最後の大会と明言している。まさか代表最後のプレーが、泣いた後輩に代わっての出場とは、夢にも思わなかっただろう。

ベルチクは、もう2度と出てくることはないだろうと思ったが、2回目のTTO明けに出てきた。
私の目はベルチクに釘付けで、グリンカもスコブロニスカも目に入らなかった。

051120_817

051120_832  051120_841

185cmもある大型セッターのベルチク。
高い位置からのツーはよく決まるし、ブロックもヒョウコン並みに得意だ。トスさばきも、テンパらない限りは安定している。でもこれが一番の課題だろうけど・・・
ただ、こんな状況でも再び出すというところに、監督の期待の大きさも感じる。
来週でもう25歳になるベルチク。たくましく育ってほしい。

最終の日本ーアメリカ戦のとき、全チームのメンバーがそれぞれかたまってスタンドで観戦していた。真っ先にベルチクを探した。

051120a_184

やっぱり最上段の隅っこで、ひとりの世界に入っていた。

051120a_199

時々シリバが気を遣ってか、ベルチクに何か話しかけていた。(ちなみにその上のロスネルは、シリバととても仲が良く、いつも一緒にいる)

グリンカはどうしているのかと思ったら・・・

051120a_193
        
ペロペロキャンディーなめてるし。
ベルチクにはグリンカのお気楽エキスを、グリンカにはベルチクの懊悩エキスを、少し注入してみたいと思った。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005.11.26

ポーランド1/Malgorzata Glinka

Niemczyk: I’m disappointed with Glinka’s attitude

"In our team the reception was so poor that we couldn’t do anything in the attack. I am disappointed with Glinka’s and other players’ attitude."

言われてるよ~、グリンカ。
これは、グラチャン・韓国戦に敗れたときのニエムチェク監督のコメント。(スコブロニスカの公式サイトからの抜粋)
監督の言う通り、ポーランドのサーブレシーブはひどかったし、それ以上にやる気のなさ(特にグリンカ)が気になった。
「もうお前の態度にはがっかりだよ!」と怒り狂う監督と、全く気にしない様子のグリンカが、目に浮かぶ。
「いいじゃん、グラチャンだしー。来年の世界選手権では結果出すからさ。」と言っていそう、グリンカ。

051115a_342
何かと気苦労の多いニエムチェク監督。

この韓国戦でのグリンカは、モチベーションの低下が著しく、何度か18歳の新人選手に替えられていた。
その他の試合では、まずまずの活躍をしていたけど、持てる力の6割くらいしか出していないように見えた。
そのグリンカのプレー写真。

  初日・日本戦。
051115a_279  051115a_311

  2日目・ブラジル戦。
051116_466  051116_467

051116_468
  子供のような笑顔。

  5日目・中国戦。
051120_350  051120_351  051120_506

051120_530  051120_586  051120_724
 サーブでかなり崩されていた。

2003年WCでは、もっと高い打点から、どーんと大砲を打ち込む印象があった。
レシーブも、もう少し上手かったように思うんだけど。
プレーでエンジン全開でなかったのは残念だけど、グリンカの天真爛漫キャラは全開だった。

051115a_208  051115a_218

これは、初日・日本戦、子供たちと一緒に入場したときのグリンカ。
終始、優しい笑顔で子供たちを見つめていた。

この日本戦にはなんとか勝ったものの、翌日のブラジル戦では完敗だった。
試合後、厳しい表情のポーランド選手たち。その中でグリンカは・・・

051116_704

ひとり笑顔!

051116_705

ファンの声援に応えて、投げキッスの大サービス。

051116_708

ちなみに横でがっくりうなだれているのは、グリンカとは対照的な、超落ち込みキャラのセッター・ベルチク。

051116_727
         (ん?どうしたんだろう・・?) グリンカ

今回、ある意味グリンカ以上に目が離せなかったのが、このベルチク。
次はベルチク特集をアップしたい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005.11.23

グラチャン・ブラジル優勝(表彰式)

        051120a_416
           ブラジルキャプテン・バレスカ。

夏のWGPに続き、ブラジルが優勝した。
個人賞も、ブラジル選手が多数受賞。

051120a_474  051120a_488
  みんなに手厚く祝福される?ベストサーバー賞のサッサ。

051120a_501
 ベストブロッカー賞のファビアナ。

051120a_539  051120a_532  051120a_535
         ベストスコアラー賞及びMVPのシェイラ。

今大会は、全日本の不振もあったけど、海外チームもあまりモチベーションが上がらないようで、全体に盛り上がりに欠ける大会だった。(勝敗が世界ランキングに関係ないのも、その一因か。)
その中で、全力投球で全勝優勝し、圧倒的な強さを見せつけたブラジル。
WGPのときのインタビュー記事で、ジャケリネが語っていた言葉を思い出す。
「私たちのチームにスタメンはいない。より調子の良い選手が出る。12人全員がスターターだ。誰もが同じレベルにいる。」
層の厚いブラジルでは、チーム内でのポジション争いが熾烈だから、どんな大会であってもそこが自分をアピールする場になっているのだろう。
今回は、シェイラとサッサ、そして後半(4、5日目)調子が上がったジャケリネの活躍が、印象に残った。

051115_208  051120_030  051120_036
    シェイラ        サッサ        ジャケリネ

ベストリベロ賞は櫻井選手が受賞した。

051120a_523  051120a_527

場内、大歓声だった。
受賞後に壇上に立っている櫻井選手を見ていると、今ひとつ納得できないような表情をしていたが、まさに守護神・櫻井だった。

その他の受賞者。

051120a_489  051120a_499
  ベストアタッカー賞のシュウ・ソコウ。

彼女はコートの中ではとてもクールなイメージだけど、ずっと笑顔で優しい表情で、ちょっとイメージが変わった。

051120a_515  051120a_516a
  ベストセッター賞のヒョウ・コン。

本調子とはとても思えなかったヒョウコンだけど(特に前半戦)、それでもやっぱり№1セッターなんだなあ。

051120a_518
ヒョウコンに声をかけるジャケリネ。明るい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005.11.19

グラチャン・アメリカチーム

アメリカにリーグがないので、普段は全員ばらばらにプレー。
でもこれが、ぶっつけ本番のチームとはとても思えないアメリカチーム。
中でも1番印象的だったのが、メトカフ。

051115_370
 ライト、サウスポーのナンシー・メトカフ(初日・韓国戦)

051116_030
       2日目・中国戦のメトカフ。

051116_034
        くいっと曲がる左腕。

以前、テレビで見ていたときは、ただパワフルな選手かと思ったけど、すごく器用で上手い選手だった。
不思議によく曲がる左腕で、ブロックの隙間とか、いいコースに打ち込んでくる。緩急をつけるのも上手い。レシーブの反応も速い。
グラチャンが終わったら、メトカフ特集をアップしたい。

051115_348
  武富士でおなじみ、タイーバ・ハニーフ(初日・韓国戦)

051116_092
          中国戦にて。

タイちゃんは、Vリーグでも好不調の波があるように思うけど、この大会はずっと調子が良いようだ。
ただ、どのチームからもサーブで徹底して狙い撃ちされていた。

051116_233
 ベテランセンター・ダニエル・スコット。ブロックも好調。

051116_104
            中国に勝利!

今日はブラジルに負けてしまったけど、ミスが少なくて、よくまとまったチームだ。
でももし監督が朗平でなかったら、ここまで勝てたかなと思う。

051115_395
  普段は冷静な感じだけど、意外や熱い、朗平監督。

051115_396  051115_401  051115_407
            左・バックマンもびっくり?

タイムアウト中も、プレー中も、ずっと細かく指示を出していた朗平監督。
タイムアウト中は、特にタイちゃんが一番何か言われていたけど、それだけ期待が大きいのだろう。
母国・中国戦の後半では、好調だったメトカフ、タイちゃん以外の選手をうまく使って、的を絞らせなかった。
日本戦ではどんな采配を見せてくれるのか、楽しみだ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

グラチャン・全日本画像2(韓国戦)

051116a_077a

051116a_128

051116a_129

051116a_191

051116a_255

051116a_358

051116a_274

051116a_275

051116a_755

明日のアメリカ戦の前に、アメリカの注目選手だけ後でアップして、名古屋に行きたいけど、間に合うかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

グラチャン・全日本画像1(韓国戦)

051116a_174a

051116a_178

051116a_318

051116a_161

051116a_309

051116a_330a

051116a_340

051116a_352

グラチャン東京、2日間観戦した。
明日また名古屋に日帰りで行くので、とりあえず、画像だけ何枚かアップ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005.11.09

パイオニア・ファンの集い4

サイン会で、サインをもらい終わった人たちが、選手の席の左側の方に、たくさん座り込んでいた。
そうか、みんなレオ、メグを見ているんだなあ。

051029_631

051029_632  051029_634

上の写真、望遠ではなく標準レンズで撮っている。
ほんとにこんなに間近でずっと見られて、ファンの人にとってはたまらないシチュエーションだっただろう。

うちとリンクしていただいているLeoLoveHoLicのへっぽこさん。彼女とレオさんとのやり取りをずっと写真に撮っていたが、それを見ていると、レオさんらしさがよく出ているなあと思う。
へっぽこさん多忙につき、今回はレポが出来ないかもとのことで(でも時間が出来たらぜひ)、こちらで少々レポを。(以下、大きな画面は表示されません。)

051029_701mn

上は、これにサインをと差し出された自分の写真を見て、微笑んでいるところ。
でも、硬直したへっちゃんの瞳には、恐らくレオさんの手元しか映っていない。

051029_703mn
   慎重に、白い枠だけを押さえて、サインするレオさん。

この後、棒立ち状態のまま、背中のリュックに手を回し、応援幕を取り出そうとしたへっぽこさん。最初、何をしているのか私にはよく理解できなかったが、気づいた誰かが手伝って、やっと幕が出て来た。
「リュックをおろして幕を取り出す」という行為が、緊張状態沸点のへっぽこさんの脳裏には、浮かばなかったようだ。

筋肉チロリスト幕(以下、筋チロ幕)をちらっと見ただけで、メグが「あ、チロリストだ!」と叫んだ。

051029_709mn
           「チロリストですよ!」

そして、レオさんは・・・

051029_710mn1
              笑顔で見つめている!

あれだけインパクトがある応援幕、知らないわけがないし、嬉しくないわけないよなあ。
でもこんな笑顔にも、へっぽこさんは気づいていない。(「チロリスト!」の言葉に、驚いてメグの顔を見つめている。)
レオさんは、すぐに表情を真顔に戻して、サインを書き始めた。

051029_714mn
          サラサラサラ

051029_716mn
        なんだか満足げに見える、レオさん。

ファンにあまり愛想がない、と言われるレオさんだけど、そんなことはない、ちゃんと笑顔が出ているじゃないか、と思った。但し、相手の見てないときに。
相手の顔を見て、にっこり笑ってあげたらいいのに!
と思うけど、それが出来ないレオさんは、やっぱりシャイなんだろうなあ。
にっこり微笑まれたら、へっぽこさんあたりはバッタリ倒れそうだけど、ファンはもうその笑顔だけで、この先どんなに辛いことがあっても生きていけるわ、となりそうなんだけどなあ。

レオレポ終了。さらに、続く。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2005.11.03

パイオニア・ファンの集い2

051029_584a  051029_585
          巨大ボールと格闘、リーさん。

芋煮タイムが終わって、ふわふわ巨大ボールでのバレー大会。ファンvs選手で、勝てば一緒に記念撮影ということで、みんな必死にやっていた。選手の方も、普段とは勝手が違って手こずっていた。

051029_516  051029_542  051029_546
 トモさんも・・     ユウさんも・・     マキコさんも・・・必死!

でもどの選手も、ほんとうに楽しそうだった。
リーさんは、ずーっとマイマイとふざけて笑っていた。

051029_470  051029_472  051029_474
 左から、榛澤、リー、小濱選手。背がほぼ同じだ。

051029_502  051029_503  051029_511
                           さ、行こうぜー

051029_587  051029_591  051029_593

他の選手たちも笑顔、笑顔。

051029_521  051029_550a
 左、畦田選手。素朴な味わい。

051029_532  051029_534  051029_537

051029_569  051029_524  051029_556
 上右、引き上げてくるトモさん。「あ~、楽しかった」

私の参加したチームは、勝って一緒に記念撮影が出来た。
撮影前、私は前から2番目に立っていた。すると、すぐ斜め前にレオが来て、座った。と思ったら、「きゃ~~!!!」(いや、「ぎゃ~~~!!!」かも)と人が一斉になだれ込んできて、レオを囲んで(と言うより抱きつくように)座り、私は後ろの方にはじき出されてしまった。あー、びっくりした。

続いて、抽選会。
選手自身の買って来たプレゼントが抽選で当たるという企画だった。選手は中央にずらっと座っていた。

051029_621  051029_622

待っている間も、選手はくつろぎきっていた。
あー、トモさんまでなんかふざけている!とシャッターを切ったのが、下の写真。

051029_612  051029_613

こんなお茶目な表情をすることもあるんだなあ。

051029_614  051029_620  051029_626
マイマイは、絵かな?   リーさんはTシャツだった。

実は私、この抽選会で当たってしまった!
某レギュラー選手のプレゼントが。
みんなに、「いいなあ、見せて見せて」と言われた。中身は、デミタスカップとハンドクリーム、そしてなぜか「兵六餅」飴。

051029a
 謎の兵六餅飴。

さすがおねえさんチーム、渋いなぁ。
帰りに「おなかすいたー」と言ってた人がいたので、「飴あるよ」と言ってあげようとしたが、笑って拒否されてしまった。なぜ。

そしていよいよメインディッシュのサイン会へ突入。
1番時間をかけたイベントなので、次回、私も力を入れてレポを書きたい。

(記事とは関係ないが、一昨日からこのniftyのブログの容量が大幅にアップになった。今までは300MBが上限だったが、一気に10GBになった。(無料版だと2GB) 上限近くなっていたので、最近は画像のアップを少しセーブしていたが、これからは思う存分アップ出来るので、嬉しい。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »