« 高橋みゆき選手・ビチェンツァへ | トップページ | サマーリーグ1 »

2005.08.08

WGP~ヒョウ・コン

050718a_068

馮坤(ヒョウ・コン)。
アテネオリンピックMVP、世界ナンバー1セッター。
彼女のプレーとキャラクターを見ることが、仙台行きの大きな目的のひとつだった。
左肩を痛めていて、本調子ではなかったようだけど、プレーは堪能できた。

IMG_0787  IMG_0755  IMG_0789

IMG_0997  IMG_1991  IMG_2027

ヒョウコンのあげるトスは、止まって見えた。
どんなに速いトスでも一瞬止まって見えた。
ぎりぎりまで回転を殺しているからなのか。スパイカーにとってものすごく打ちやすそうなトスだった。
そしてあの関節の柔らかさ。上で一番右下の写真、バックにあげているトスだと思うが、いつもボールがヒョウコンの手を離れるまで、どこに上げるのかわからなかった。

そして、183センチの長身から繰り出すスパイクにブロック。
 
050718_804  050718a_078

スパイク到達点319cm、ブロック310cmは、どの全日本選手よりも上回っている。左肩が万全ならば、さらに迫力があったと思う。
ブロックが得意なのも、ジャンプ力もあるけど、手首の柔らかさが効いているのではと思った。

そして、プレーと同じくらい興味深かったのが、ヒョウ・コンのキャラクター。
3日間、穴があくほどヒョウ・コンを観察したが、思い描いていたヒョウ・コン像とは全く違っていたので、戸惑った。

IMG_0779

ひとことで言って、ヒョウ・コンは可愛かった。
ちょっとえなりくんに似ている気はしたが、そういう顔かたちうんぬんではなく、かもし出す雰囲気が、おおらかで茫洋として温かかった。

IMG_0999  IMG_1973  IMG_1979

IMG_1995  IMG_1996  IMG_2017

私の頭の中にあったのは、アテネ決勝でのヒョウ・コン。
チョウ・ペイが打たれても打たれてもトスを上げ続けた場面など、なんと強気なプレーヤーだろうと思った。
恐らく「イタリアの闘将・レッジェーリ」や「鬼軍曹・吉原知子」のイメージ・・・と思っていたのに、目の前にいたのは「敷居の低いヒョウ・コン」だった。
ヒョウ・コンが最年長だったけど、彼女がみんなに声をかけると言うより、他の選手からどんどん彼女に声をかけていた。勿論プレー中は、最年少17歳のオウ・イメイが失敗した時などすぐにヒョウコンが安心させるように声をかけていたけど、タイムアウト中やセット間などは、ヒョウコンのまわりに人が寄って来るという感じだった。

IMG_2114
 ブラジル戦勝利の後、リベロのチョウ・ナに肩を抱かれ。

050718a_110  050718a_113a  050718a_114
 しきりにヒョウコンに話しかけていたチョウ・ペイ。

IMG_0969  IMG_0970  IMG_0971

ヒョウ・コンを見ていたら、水泳の北島康介選手を思い出した。
テレビを見ているとちょっと生意気そうにも見えるけど、水泳関係者から非常に評判がいい。
その北島選手のことを、年下の松田選手(ビニールハウスヒーロー)は「コウちゃん」と呼んでいた。テレビでそのことを突っ込まれて、「いや、コウちゃんと呼ばせてくれるところが、コウちゃんのすごいところなんです」と答えていた。
ヒョウ・コンにも、北島選手に通じるところがあるんだろうなあと思った。

|

« 高橋みゆき選手・ビチェンツァへ | トップページ | サマーリーグ1 »

コメント

待ってました~~
世界No1セッター「ヒョウ・コン」
ヒョウ・コンを見るためだけに、私も仙台に行きたかったです・・・
オリンピックでの活躍は素晴らしかったですね。
セッターのイメージをすっかり変えてしまったと言っても
言い過ぎじゃないと思います。
今回のWGで、サーブレシーブしたヒョウコンが
シュウソコウにトスを上げさせて、
何度もスパイクをしていたシーンが印象に残っています。
アタッカーとしても大成功するであろう人を
敢えてセッターに持ってくると言う、贅沢。
それが出来るところに中国の強さがあるのでしょうね。
日本にもヒョウコンみたいな選手がいたら・・・

それにしても、ヒョウコン、笑顔が可愛いですね・・・ちょっとねずっち(笑)


投稿: tomtom | 2005.08.08 23:47

待ってました~ヒョウ・コン・その2
当初、ヒョウ・コンを見るためだけに仙台へ行きました。
(途中から、大きく方針変更になりましたが・笑)
ほんとに、ヒョウ・コンの腕、手は印象的ですね。
長くて、なんだか生き物のように(て、生き物ですが)独特の動きをしますよね。
足も同じような感じ・・・
今回の画像、中国の選手みんな可愛いですね。
でもでも、ヒョウ・コン、2年後ぐらいには、
「鬼軍曹・吉原知子」モードでやってくるかもですよ。

投稿: 大ファン | 2005.08.09 01:32

>tomtomさん
ほんとにセッター?って思うヒョウ・コンですよね。
いやこれからは、ヒョウコンがセッターの標準になっていくのかもしれないですね。
ヒョウコンは、技術だけでなく、人間的にも相当懐深そうな印象を受けました。
ほんとはすっごい選手なのに、すごそうに見えないところがすごい(笑)
こんなに笑顔が可愛いんだ~というのも新発見でした。

>大ファンさん
2年後に鬼軍曹になっているんでしょうか?
今回、これを書くにあたって、アテネ決勝の中国ーロシア戦を、ヒョウコン中心に見直してみました。
そしたら、さすがに前半はかなり緊張してたのか、表情も硬かったけど、2セット取られたあと開き直ったのか、落ち着きを取り戻したのか、今回と同じような笑顔が沢山出ていました。
ファイナルセット、本当に息詰まる展開のタイムアウトの時でも、この人だけはニコニコ笑顔でした。それを見たとき、やっぱりヒョウコンってすごいわーー、と思いました。
トモさんとはまた違ったキャラクターだと思うけど、トモさんと同じように、その存在が若手選手にものすごく安心感を与えているんでしょうね。

投稿: chai | 2005.08.09 02:16

こんにちは、
ヒョウコンって、こんなにかわいかったっけ?ってchaiさん撮影の画像を見て思いました。
相変わらす、すばらしい腕前です。
日本にも、こんな大型セッターほしいなー、北京に間に合うように。

投稿: タラ@会社 | 2005.08.09 10:19

こんにちは
>ヒョウコンのあげるトスは、止まって見えた。
>どんなに速いトスでも一瞬止まって見えた。

この一文につい反応してしまいました。
技術的なことは良くわからないのですか、ヒョウコンのトスは、上げる直前に一瞬の「間」というか「タメ」というか、そういったものを常々感じてました。ほんと打ちやすそうに見えます。

ちょっと辛口になりますが、翻って全日本のトスは速いというより、せわしないという感じです。

投稿: 通りすがり | 2005.08.09 19:14

ヒョウコン選手ってこんな笑顔や表情をするんですね。ヒョウコン選手は好きな選手のひとりです。chaiさんの写真を見てますます好きになりました。そしてchaiさんの写真も好きになりました。
あと中国の選手ではオウイメイ選手を応援してます。2年間えのワールドカップの登録メンバーになってるのを知ったときから気になっていて、今回初めてプレーを見ました。あまり試合に出ていなかったし、私はバレー経験者ではないのでどこがいいとか詳しくはわかんないけど、何年か後にはすごい選手になってるんだろうなぁと思いました。とりあえず15歳のときからナショナルチームのメンバーってのがすごい!

話は変わるんですが、さっき決勝ラウンドの中国ーイタリア戦を見てたんですけど、ロビアンコ選手の左手首に黒い星マークがあるのを発見しました。あれは刺青なんでしょうか…う~んスコブロニスカ選手といいヨーロッパの人は刺青にあまり抵抗がないのかなぁ。

投稿: tifoso | 2005.08.10 01:19

訂正
間え→前

投稿: tifoso | 2005.08.10 01:20

>タラさん
ですよね。
こんなにかわいかったっけ??と思いました。
日本の大型セッター養成はどうなってるのか、気になりますね。
竹下選手が「北京にいないかもしれない」というのを聞いていたら、竹下選手自身が一番現実をシビアに捉えてるのかも・・と思いました。

>通りすがりさん
あー、たしかに「ため」がありますね。
だから速いトスでも、よく見えるトスになるんでしょうか。
どんな状況下でもにくいほど落ち着いているヒョウコンならではかもしれませんね。

せっかく面白いいいご意見なので、次回はぜひHNでご参加くださいね。

>tifosoさん
ヒョウコンをますます好きになっていただけて、嬉しいです!
まだまだいろんな表情を持っていそうですね。
オウイメイは、ミスも多かったけど、決まるとすごくパワフルで迫力のスパイクでした。
これでコースの打ち分けなど精度が上がれば、すごい選手になりそうですね。

ロビアンコの星の刺青、よく気がつかれましたね。私は後で写真を見て、気づきました。
彼女は肩にも刺青が入ってます(それも、去年写真を見て気がつきました)
イタリアは刺青している選手、多いですよね。トグットまでしているのには、驚きました。
今回、撮った写真を見ていたら、へそピーや舌にピアスしている選手など沢山発見して、うわ~っ!とちょっとびっくり。
向うでは普通なんでしょうか?

投稿: chai | 2005.08.10 22:23

実はマダあまり中国の選手の事知らないんですけど書き込んじゃいます。(スミマセン)

とりあえずでヒョウコン選手とヌイヌイ選手ぐらいは聞いてました。
ヒョウコン選手は世界最高のセッターであるとともに最高のアタッカーでもある。
ヌイヌイ選手は、ジャンプしなくてもスパイク打てちゃうような選手。
だったような。(間違ってたらごめんなさい)

ココに来てchaiさんの写真を拝見し皆さんの話を聞いていると『ヒョウコン選手』は稀代の英雄だ!
世界のバレー選手の中でも一つ枠を超えてしまってるんだって感じた。
これからはもっともっと見なくては! 要チェック!要チェック!

話は変わって、WGP最中柳本監督が将来の展望で『2セッターにしたい』って言っていた。
その候補が木村沙織選手。
もし、そうなるんであればヒョウコン選手を目指してほしいな。

投稿: BOZE | 2005.08.11 00:07

こんにちは。
もともとセッター贔屓気質のワタクシにとって、ヒョウコンはかなり好きな選手です。
chaiさんの写真みると、なんかどんな場面でも絶対テンぱらないタイプのように思われますね。…笑って困難乗り切りそう。
普通に笑顔かわいいし。

ファイナルラウンド最終日本戦の交代菅山サーブからのカットをどこ上げとんじゃいなトンでもトスしたとき、
苦笑いしてるのが余裕たっぷりな感じがしてちょっと悔しいなぁ。
日本はいつも必死な空気が漂っててあの余裕がホントうらやましいです。

投稿: kudan | 2005.08.11 05:15

>BOZEさん
ヌイヌイはまだテレビでしか見たことがないので、ぜひ見てみたいです。
今度こそ見れるかなあと思っていたけど、アテネで再度痛めた脚の具合がまだ良くないようですね。
サオリン、セッターにするなら早く養成してほしいなあ・・と思うのですが、どうなんでしょうか。あの天然ぶりで、思いがけないようなすごい才能を発揮するかも!?
ヒョウコンは、きっとセッターみんなの目標の選手ではないかと思います。

>kudanさん
アハハ、たしかに絶対テンぱらない選手に見えますね。
あのにくらしいほどの余裕は、もともとの性格的なものもあるんでしょうけど、背の高さからくるものもありそうですね。

私もセッター大好き、どの試合を見ていてもついついセッターに目が行きます。
日本にも、必死さがちょっと抜けたような、飄々としたセッターが現れると、面白そうですね。

投稿: chai | 2005.08.12 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/5364807

この記事へのトラックバック一覧です: WGP~ヒョウ・コン:

« 高橋みゆき選手・ビチェンツァへ | トップページ | サマーリーグ1 »