« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004.12.25

茂原vsパイオニア

19日、大阪府立体育館での試合を観て来た。
これが今年最後の観戦になる。
もうすぐ一眼デジを買う予定なので、このカメラでの撮影も恐らく最後になる。来年はもっといい写真が載せられる・・はず?

この日、会場の入りが少なくて、びっくりした。開幕戦では、同じこの会場がぎっしり満員だったのに。今日は6~7割程度か。アリーナも随分席が空いている。
前日の町田(NEC)は満員で盛況だったと聞いた。同じく前日私が見た越谷の会場は、気の毒なくらい人が少なかった。応援団は沢山来ていたけど、一般席(1階指定)は2割程度しか埋まっていなかった。
もしかして、開幕戦が満員だったのも、NECが来ていたからかなあ。

2686
 空席が目立ったアリーナ。

試合は、3-0でパイオニアの勝ち。
第1セットはあっけなく終わった。第2セットで茂原が粘って粘って、32-34まで行ったのには驚いた。ただ、殆どがパイオニア先行で、茂原がデュースに追いつき、またパイオニアが突き放し、追いつき・・・の繰り返しだった。茂原は追いつくのが精一杯で、なかなかセットポイントを握れなかった。
第3セットは最初茂原がリードし、パイオニアが追いつき、茂原はまた粘りを見せてくれるかと思ったけど、24-26でパイオニアの勝利に。少しの差が大きな差、と感じた試合だった。

印象に残ったのは、吉原選手の復調と、榛澤選手の活躍。
開幕戦ではトモさんの不調ぶりが際立っていたけど、今回は切れのいいスパイクを何本も見れた。
榛澤選手は開幕戦ではピンチサーバーで何度か出て来たくらいだったけど、その後大活躍しているようなので、今回楽しみにしていた。

2838

たしかにすごくパワフルな選手だ。後で172cmしかないと聞いて、びっくりした。打点が高いからか、とてもそんな身長には見えなかった。サーブも佐々木選手並みにトスを高く上げて打ち、ダイナミック。その佐々木選手は、調子が悪かったのか、後半フローターに変えていたけど。

接戦の2セット目に、茂原で活躍していたのは狩野選手。

2762

切れ味鋭いスパイクが魅力的。
舞子ちゃんとは似てないけど、お姉さんもいい選手なんだなあ。いや、妹もいい選手と言うべきか。

あとはやっぱり辻選手が印象的だった。ツーもブロックも決めてたし、3セット目には自分でスパイクを打って得点していた。おおヒョウコンのようだ、と思った。
辻監督も印象に残った。とても表情豊かで、だんだんエキサイトしてくると身振り手振りが大きくなり、得点されると頭を抱えたり天を仰いだり、猛烈に悔しがったり。写真を撮りそこなったのが残念。次回はぜひ、熱い男・辻監督を激写したい。

2765
 健闘及ばず、茂原。

他には、開幕戦では姿を見なかった奥村選手を見た。
榛澤選手と同じように活躍するかと思っていたので、残念だ。どこか故障しているのかもしれないけど、長いリーグなので、どこかで頑張って出て来てほしい。

2680

| | コメント (10)

2004.12.22

武富士vsデンソー(越谷)

1レグ目で1度ずつ観戦した、武富士とデンソー。
デンソーは4位で好調だし、武富士はハニーフや足立選手のプレーが楽しみだった。

ここ越谷は武富士のホーム。地元の小学生と手を繋いで入場してきた選手たち。
2度目でも、やっぱりびっくり、ハニーフの大きいこと!

2411

左はセッターの井村選手。160cm。
日本人女性の平均身長か。

2418

選手は、上の子供たちの間を通って、コートの中央に出た。ハニーフはきつかっただろうなあ。
この日、私はサインボールをゲットした。普段、「サインボールなんていらないわ~」と言ってたのに、近くに転がって来たら、猛ダッシュでゲット。一緒に見ていたBLUEさんにも、「すごいダッシュでしたねえ」と驚かれ(あきれられ)た。
ゲットしたのは井村選手のサインボール。

sign

先月山梨での試合中に、井村選手は怪我をして途中退場した。その時の怪我の具合がまだ良くないのか、今日はあまり調子が良くなかったようだ。サインボールを見てると、がんばってと応援したくなる。

第1、2セットは武富士が取った。
ハニーフは山梨の時のような、体重が乗ったいいスパイクではなかった。ジャンプも低かったし、それほど脅威には感じられなかったけど、決まった時はやっぱり凄い。要所要所での足立選手の活躍もあって、武富士が2セット連取。

2557
 中央、吉澤選手。右、井村選手。

ストレートで試合が終ってしまうのかな~、と思ったけど、第3セットからデンソーの反撃が!
武富士はセッターとアタッカーとの連携がうまくいってないのか、上がったトスがポーンとそのまま床に落ちるという場面が何度かあった。武富士がばたばたしてる間に、デンソーのレフト岡野、草深選手のスパイクがどんどん決まり始めた。

2466
 左、草深選手、右はリベロ・櫻井選手。
櫻井選手はずっと大きな声を出し、存在感たっぷりのキャプテン。

デンソーが2セットを取り返し、ファイナルセットは取りつ取られつの攻防戦に。デュースにもつれこんだけど、最後はハニーフのスパイクがネットにひっかかり、終わった。
あまり調子が良くなくてもハニーフ頼みの武富士と、大砲はいなくても、拾って繋いで粘り強く戦ったデンソー。気がついたら、自然とデンソーを応援していた。

開幕戦で、今度はコートに立つところを見たいなあと思った西村選手が、2セット目途中に出場。今日はとりあえず出たというだけだったけど、調子が戻ってきたのなら嬉しい。今後に期待。

2510

4セット目に、それまで度々スタンバイしていた新人の眞選手が、ピンチサーバーで出て来た。

2604

後ろでガンバレ!と祈っている先輩たちの姿が。
残念ながら、ボールは大きくラインを超えて行ったけど、若手もベテランも一丸となって戦っている姿が印象的なチームだった。

BLUEさんと一緒に、チームの顔を見ながら、「あの選手はだれ?」「あの選手、いいねえ」とあれこれ言いながら観るのは、とても楽しかった。残念ながら観客は少なかったけど、バレー観戦の楽しさを満喫した1日だった。

| | コメント (0)

2004.12.18

越谷市立総合体育館

今日初めて行った、越谷市立総合体育館。
武富士ーデンソー戦を観に行った。
チケットを買ってすぐに、同じ日に町田市立総合体育館でも試合があることに気がついた。町田の体育館は、去年1度行ったけど、うちから40分。越谷は2時間!
失敗した~、と思ったけど、そんな気持ちも吹っ飛ぶほど、とてもいい試合だった。1試合しかなかったけど、はるばる行った甲斐があった。

第1、2セットはバンブーが取り、第3、4セットはデンソーが取り返し、5セット目は14-14のデュースにまでもつれこんだ。結局最後はデンソーが勝ったけど、どっちが勝ってもおかしくない試合だった。
明日また大阪府立体育館まで行くので、詳細は後日書くことにして、写真を2枚だけアップ。
ここの体育館は、かなり暗くて照明も赤味が強くて、撮りにくかった。

2414
 ホームでの試合だったけど、惜しくも負けてしまった武富士。

2469a
 今日一番印象に残った岡野選手。
 草深選手と共に、レフト2人が大活躍。

| | コメント (2)

2004.12.07

海外リーグ

久々に海外情報。
と言っても、どこの国もリーグ中なので、リーグ情報しか入ってこない。

ところでガモワはどこに行ったんだろう?
ロシアのスーパーリーグも先月から始まっているけど、どこにもガモワの姿はない。
ここに、ウラロチカの現メンバーと、かつてのメンバーの今期の所属先が載っている。でもガモワのところだけは、?になっている。
何か情報がわかればここに載るだろうと思って、時々チェックしているけど、ずっと?のままだ。

rs/0799
   ガモワはいずこへ?

他のサイトでチェックをしても、ガモワに関しては情報がない。googleで検索しても、アテネ以降のめぼしい情報は何もない。9月、ヨーロッパ選手権に出場していたのを確認したくらい。
怪我や故障なら、情報のひとつも入りそうなものなのに。
一体どこで何をしているんだろう?

イタリアのセリアAは、ピッチやシャチコワ、グリュンのいるベルガモが負けなしの8連勝。次いで、ペルージャとノバラが1敗で追っている。
ベルガモは、ヨーロッパ・チャンピオンズリーグ(欧州各国リーグで1位、2位チームのトーナメント)でも負け知らずのトップ(Pool A)。昨年ゴーディナを擁して優勝したTenerife Marichalは、苦戦中。

セリアAで個人成績を見ると、最多得点ではブルガリアのゼトワがトップ。上位の方は外国選手ばかりで、イタリアの選手はリニエーリとトグットくらい。

it/0804
 気合充分、リニエーリ。

アタック決定率は、ルーマニアのNucu Julianaがトップ。って誰だろう?
24歳、昨季からノバラの選手らしい。
決定率は、リニエーリ、トグットの他、ピッチやアメリカのトムなど、お馴染みの名前が並んでいる。

卓球の愛ちゃんが、中国スーパーリーグに参戦という話。
強豪北京だけでなく、他のチームからもオファーが来たというニュースを見た。
いろんなスポーツ選手が海外に参戦しているけど、バレーはなかなか実現しないなあ。

| | コメント (2)

1レグ終了

Vリーグ、1レグ終了。
私は、東レ・久光・シーガルズ以外のチームは、1回ずつ観戦した。(NECだけ2回)
久光は、今週末滋賀の試合をぜひ観たかったけど、用事と重なって、断念。2月の川越までお預けだ。

私が観た印象では、NECが1番勢いがある気がした。アテネ3人組+仁木選手。そして河村選手。層の厚さ、スピード、パワー、全てに1歩リードという印象。
NECとパイオニアはまず決勝リーグに残るだろうから、あと2チーム、どこが食い込むのか、というのがすごく楽しみだ。

nec/1842
 開幕戦にて。

nec/1982

私としては、JT、久光に決勝リーグに進んで欲しいけど、デンソー、武富士もあなどれない。武富士は、ハニーフの調子次第というところが諸刃の刃だなあ。デンソーはセンター線がいいので、後はレフトの決定力が上がれば面白いと思う。18日は、その武富士ーデンソー戦を観に行くので、楽しみ。

denso/1621
 4強に食い込めるか、デンソー。

ところでデンソーの上田選手。
井上選手と共にセンターで活躍しているけど(上の写真で左から3番目)、背中のネームがルイス。

denso/1795

最初、外国の選手かと思った。でも顔を見たら純和風。
コートネームがルイスなんだろうけど、なぜルイス??
と、とっても気になった。

| | コメント (4)

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »