« 各国情報 | トップページ | 大林さんのブログ~五輪レポート »

2004.08.17

完敗

昨日のイタリア戦、何と書こうか、言葉が浮かばない。
日本は硬さとミスが目立ったけど、それ以上に、
やっぱりこれが力の差なんだなあと痛感した。
イタリアは打って良し、守って良し、つないで良し。
どの選手もオールラウンド。
そうでないと、このアテネの舞台にも立てないだろう。

韓国戦で最多得点のチェントーニはベンチで、トグットがスタメン。
そのトグットが、リニエーリ、デルコーレと並ぶ、最多得点の16点。
デルコーレも、レフト(ピッチニーニ)の控えと思われていたのに、
韓国戦に続くスタメン。そして大活躍。
層の厚さをつくづく感じる。

it/1014a

デルコーレ(写真右)は、時折すごい強打を決めるのと、いつも表情ひとつ変えずに落ち着き払っていて、ジョーリと並ぶ強面のイメージがあった。昨日はさすがに薄く笑っていたけど。
この落ち着きで23歳とは!
トグット(左から2番目)は、写真のWGポーランド戦の時に、これで回復途中なら、アテネではどんなに脅威になるだろうと思っていたら、その通りになった。
こちらは一見優しげで、全然すごそうに見えないのに。すごい選手だ。

|

« 各国情報 | トップページ | 大林さんのブログ~五輪レポート »

コメント

まるで、OQTイタリア戦の逆のかたちを
3倍にして返されたようでした。
デルコーレは大友選手といったところかなあ。
「データ」負けだけではなかったでしょうね。

でも、大ファンは、応援する選手を信じるのみデス!
どんな結果でも、受け入れてやるぜえ。

投稿: 大ファン | 2004.08.17 17:46

ですよね。
日本はOQTでイタリアに勝ったことで、またやってくれるんじゃないかって気になってたけど、向こうは敗戦を徹底的に分析してのぞんで来たんでしょうね。

でもトモさんが、トグットのスパイクをブロックで止めた場面は、さすが!と胸がすかっとしました。
今日こそは!喜ぶ全日本の姿が見れると信じてます。

投稿: chai | 2004.08.18 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40822/1210517

この記事へのトラックバック一覧です: 完敗:

« 各国情報 | トップページ | 大林さんのブログ~五輪レポート »